大人の逸品 2014年初夏号

SILVER LAKE CLUBの思想と哲学 自然な風合いにこだわりながら、アウトドアでも街でも使いやすいユニバーサルな鞄を作り続けるのがシルバーレイククラブだ。
三浦雄一郎が選ぶ逸品80歳にしてエベレスト登頂を成し遂げた三浦雄一郎さん。そんな三浦さんが、道具選びの基準としているものは何か。極限の世界を体験してきた屈指の登山家に、モノ選びの極意を訊いた。
藍の魅力 太古、青は容易に得ることのできない色だったという。ゆえに高貴な色として渇望された。人々は鉱物や植物の中から試行錯誤を重ねて青い色を抽出した。「藍」もそんな青のひとつだ。
Premium Selection 長く使ううちに、まるで分身のようになじんでくる。そんな、一生モノの逸品を厳選。これを選べば間違いのない、銘品の数々をご紹介。
ボディバッグ・本誌限定品 街歩きにも旅のサブバッグとしても活躍!必需品がキレイに収まり、取り出しやすい
サライオリジナル&セレクト品(初夏) ここを少し工夫して欲しい―そんな読者の声を受けて開発したオリジナル品と、使いやすさで評判の品々をそろえました。
「これはラクダ」商店 「これはラクダ」商店とは『サライ』で長きにわたり好評を得た通販企画。2014年『大人の逸品・早春号』から復活を遂げた。
夏の上質ファッション 上質な肌触りが人気のシャツやハット、旅や町歩きに連れて行きたいバッグ。大人を彩る夏アイテムで涼しく、楽しい日々を過ごそう!
五感で涼む “夏の逸品” 高温多湿の日本では、夏をいかに快適に過ごすかということに苦心してきた。視て、聴いて、触り、味わい、匂う││そんな五感に涼しく訴える、工夫にあふれた品々をご紹介。
夏こそ和装 「暑いですね」という挨拶に、「そうですか?」と涼しい顔で返したい
「家のつくりやうは、夏をむねとすべし」と言ったのは兼好法師。『徒然草』の時代から、日本人が工夫を凝らしてきたもうひとつの暑さ対策が服装です。「素材を夏仕様にする」「織り方を変える」「色で見た目を涼しげにする」。そんな知恵を今に引き継ぐ、快適な和装をご紹介。
『DIME』編集長・酒井推薦!「グローバルウォレット25」 『DIME』編集長・酒井
『BE-PAL』編集長を経て、2013年『DIME』編集長に就任。「色で直感的に分けられるようにしました。隠しポケットも男心をくすぐるでしょ?」
夏のガーデニング道具 花が少ない夏のガーデニングは手入れが中心となる。それが功を奏するのが秋。暑さと虫対策をしながら、便利道具で夏の庭を整えよう。
寝具のすぐれもの 温暖化の影響で、熱帯のような暑さが続く日本の夏。良質な睡眠をとり、カビやダニの被害を軽減するため衣類と同じように寝具も衣替えしたいものです。
休日研究所 Vacation Lab 大人の趣味への扉を開けた少年時代。あのころのトキメキを忘れないような休日の過ごし方を提案したい。それも、休日研究所のポリシーのひとつ。
大人の逸品 レビュー隊のススメ(初夏) ●「大人の逸品レビュー隊」とは?
隊長率いるレビュー隊のモットーは「使わずして語るなかれ」。商品吟味歴15年超の藍野隊長は、ミドルエイジ代表として、品質とデザインを重視。ユニークな商品セレクトのバイヤー五十嵐は、パパ目線での使い勝手と安全性を問う。都会のキャリア女史バイヤー、保泉隊員は、機能性とコスパを追求。
DIME・オリジナル&セレクト品(初夏) ついにあの人気バッグの第2弾登場!
BE-PAL MAIL ORDER EDITION ●待望の富士山シリーズ第二弾ついに完成●独自輸入のアウトドアギア3選●自慢の別注品!●初夏を彩るアウトドアアイテム
真剣逸品堂(初夏) 本誌が太鼓判を押す人気商品を一挙ご紹介!シーズンに最適のウェアや日常雑貨、インテリアグッズなど、生活を潤す珠玉の逸品を篤とご覧あれ。
アウルクッション オリジナルver 人気の体圧分散クッションに本誌だけの限定モデルが登場!
オールタイムサングラス レンズは薄色でも紫外線と青色光線をしっかり遮断する

▲ 大人の逸品_2014年初夏号 TOPへ