アイトー

赤津焼 織部茶器揃え

在庫 色柄/サイズ 価格

16,500 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

茶葉本来の味わいが愉しめる 織部釉の緑の濃淡が彩る茶器

 日本六古窯のひとつである瀬戸焼の中でも、愛知県瀬戸市赤津町で作られる赤津焼は、日本初の施釉陶器を生んだ産地として名高い。赤津焼で現在用いられる釉薬は7種類にものぼり、同地で26代にわたり赤津焼を手がける六兵衛窯では、瀬戸焼で代表的な「織部釉」を使った伝統的な赤津焼を作り続けている。そんな六兵衛窯のロングセラーが、こちらの急須と湯呑。土作りからろくろ成形、絵付け、施釉、本焼成まで、職人がひとつずつ手作業で仕上げる。
「ろくろ成形を担うのは、『神の手』と称されるろくろの達人。昨今では珍しく、本体だけでなく注ぎ口や蓋、持ち手など全パーツをろくろで作った味わい深い佇まいが魅力です」と、本品の企画販売を行なうアイトーの梶田明浩さん。
 急須は、注ぎ口の内側に茶こし穴が開いた昔ながらの形状。急須内部の空間が広いため、お湯を注げば茶葉が踊り、茶葉本来の旨みや香りが抽出されやすい。
 飲み口が大きく開いた湯呑は、お茶のみならずコーヒーや紅茶を入れたり、ヨーグルトカップとしても使える。どちらにも赤津焼伝統の唐草模様が情緒豊かに描かれ、織部釉の深い緑色が和の趣を添える。使い込むほどに「貫入」と呼ばれる釉薬のひび割れが少しずつ濃くなり、表情を変えていくのもまた一興だ。
made in Japan
急須は約口径10.5×高さ8.5cm(蓋含む)、約420g。容量約350ml。取っ手の長さは約6.5cm。湯呑(2個)は1つあたり約口径9.5×高さ6.7cm、200g。容量約220ml。すべて陶磁器。電子レンジ、食洗機使用不可。ステンレス製茶こしが付属。日本製。

小学館百貨店 人気ランキング

ページの先頭へ移動