小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

一生モノ語り 大人の逸品

江戸切子二重被せ「男のロック」
江戸切子二重被せ「男のロック」
江戸切子二重被せ「男のロック」
江戸切子二重被せ「男のロック」
江戸切子二重被せ「男のロック」
江戸切子二重被せ「男のロック」
江戸切子二重被せ「男のロック」
江戸切子二重被せ「男のロック」
江戸切子二重被せ「男のロック」
江戸切子二重被せ「男のロック」
江戸切子二重被せ「男のロック」
江戸切子二重被せ「男のロック」

鍋谷グラス工芸社

江戸切子二重被せ「男のロック」

在庫 色柄/サイズ 価格

青/赤

74,800 お気に入りに追加

紫/黄

74,800 お気に入りに追加

緑/紫

74,800 お気に入りに追加

赤/緑

74,800 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

見る者を圧倒する意匠と無骨な手触り 魅惑の輝きを放つ男のロックグラス

異才の伝統工芸士が拓く 江戸切子の新たな境地

「江戸切子」は、天保5年(1834)、日本橋大伝馬町でビードロ問屋を営む加賀屋久兵衛が、金剛砂を用いてガラスに彫刻を施したのがはじまりといわれている。その後、明治期に欧州からガラスカット技法が導入されるなど加工技術の進歩や、ガラス素材の品質向上を重ねながら、現代まで庶民の生活の中で愛用されてきた。昭和60年(1985)には東京都の、平成14年(2002)には国の伝統的工芸品にも指定された、日本を代表する工芸品である。

匠の技と分厚い生地が生み出したロックグラス

「江戸切子」の技と粋を継承する数ある作品の中から、今回は東京・蒲田にあるガラス工房「鍋谷グラス工芸社」の逸品を紹介する。同工房は、日本初のクリスタルガラス専門工場を設立した「カガミクリスタル」の協力会社として、昭和24年(1949)に誕生した。初代・鍋谷伝蔵氏は、「カガミクリスタル」の創業者・各務鑛三氏と親交があった縁で、この工房を開いたという。その信条は“伝統を守りつつも、時代に合わせて作品を昇華させていくこと”。厳選したクリスタルガラスを使用して、華やかなカットを施し、個性あふれる作品を次々と生み出している。
 今回紹介するロックグラスは、同工房の3代目で国の伝統工芸士に認定されている鍋谷淳一氏が手がけたもの。その名も『男のロック』という。作品コンセプトを、鍋谷氏は次のように語る。
「江戸切子は、これまで華奢で繊細といった女性的なイメージのものが多かったのですが、私はそれとは一線を画す、力強くダイナミックな作品を創りたかったのです。この『男のロック』は、江戸切子の愛好家や男性に評判が高く、ゴツさがたまらないといった感想を多く頂戴しています」
 交差する太いエッジの効いた曲線カットと、緻密な直線で構成された和の伝統文様が絶妙のバランスで配されたボディ。口元までびっしり入ったカットや、底面の深い放射状の切り込みは、分厚いガラス生地から削り出すことによって実現したデザインだ。

 この独創的なデザインを可能にしている厚いガラス生地は、鍋谷氏が創作イメージに合わせて「カガミクリスタル」にオーダーした特注品だ。
 一般に江戸切子は透明なガラスに色ガラスを被せた被せガラスの生地を削り出し細工していく。一方、『男のロック』は色違いの被せガラスが重なった“二重被せ”の生地を使い、カットの深さを変えることで、より幅広く繊細な造形表現を可能にしている。ただし、色が増えて生地が厚くなった分、カット細工を施すには色のついたガラス層と透明なガラス層の厚みの違いを見極め、正確に削る“精緻な技”が必要となる。匠の技を持つ鍋谷氏だからこそ、使いこなせる生地であるともいえる。
 圧倒的な存在感で、個性あふれるこのグラスを、今回は色違いで4種ご用意した。いずれも百貨店や専門店には出回ることの少ない希少品となる。
 光を反射する煌めきと涼やかな触り心地、そして独特の重厚感。氷を入れたときの音も風雅を感じるクリスタルグラスは、まさに五感を刺激する酒盃。夏の晩酌には欠かせない供となる。
※準備数を超えた場合、お届けまで4か月ほどかかることがあります。
made in Japan
口径7×高さ9cm、約500g。容量約240ml。クリスタルガラス。食洗器、電子レンジ使用不可。桐箱入り。日本製。

※すべて職人による手作り品のため、色味や厚み、重さが一点一点微妙に異なります。
精緻な細工と煌めきに心奪われる ガラスの誘惑 我々の心を惹きつけてやまないガラス製品。 美しく凛と涼やかな佇まいは、 夏こそ愛でたいもののひとつ。 職人が技巧を凝らし、デザイナーの想いが織りなす逸品を紹介する。

異才の伝統工芸士がひら
江戸切子きりこの新たな境地

「江戸切子」は、天保5年(1834)、日本橋大伝馬町でビードロ問屋を営む加賀屋久兵衛が、金剛砂を用いてガラスに彫刻を施したのがはじまりといわれている。その後、明治期に欧州からガラスカット技法が導入されるなど加工技術の進歩や、ガラス素材の品質向上を重ねながら、現代まで庶民の生活の中で愛用されてきた。昭和60年(1985)には東京都の、平成14年(2002)には国の伝統的工芸品にも指定された、日本を代表する工芸品である。

  • 複数の作業台が整然と並ぶ工房。照明の明るさは抑えられており、手元がよく見えるように各作業台には裸電球が据え付けられている。

  • 「鍋谷グラス工芸社」3代目 鍋谷淳一さん 淳一さんは、工房2代目の父・洋央さんの作品に感銘を受けてこの道に入ったという。手がけた作品は、これまで多くの賞を受賞しており、平成21年(2009)に、国の伝統工芸士に認定されている。

  • 匠の技と分厚い生地が 生み出したロックグラス

    「江戸切子」の技と粋を継承する数ある作品の中から、今回は東京・蒲田にあるガラス工房「鍋谷グラス工芸社」の逸品を紹介する。同工房は、日本初のクリスタルガラス専門工場を設立した「カガミクリスタル」の協力会社として、昭和24年(1949)に誕生した。初代・鍋谷伝蔵氏は、「カガミクリスタル」の創業者・各務鑛三氏と親交があった縁で、この工房を開いたという。その信条は〝伝統を守りつつも、時代に合わせて作品を昇華させていくこと〟。厳選したクリスタルガラスを使用して、華やかなカットを施し、個性あふれる作品を次々と生み出している。
    今回紹介するロックグラスは、同工房の3代目で国の伝統工芸士に認定されている鍋谷淳一氏が手がけたもの。その名も『男のロック』という。作品コンセプトを、鍋谷氏は次のように語る。
    「江戸切子は、これまで華奢で繊細といった女性的なイメージのものが多かったのですが、私はそれとは一線を画す、力強くダイナミックな作品を創りたかったのです。この『男のロック』は、江戸切子の愛好家や男性に評判が高く、ゴツさがたまらないといった感想を多く頂戴しています」
    交差する太いエッジの効いた曲線カットと、緻密な直線で構成された和の伝統文様が絶妙のバランスで配されたボディ。口元までびっしり入ったカットや、底面の深い放射状の切り込みは、分厚いガラス生地から削り出すことによって実現したデザインだ。

  • 工程1
    「カガミクリスタル」に特注したぶ厚い二重被せのクリスタルガラス生地。この生地の表面の汚れや埃を取り除く。

  • 工程2
    カットの目安となる縦横の「割り出し線」を引く。このシンプルな線だけで複雑な文様を描くのが江戸切子の特徴である。

  • 工程3
    ダイヤモンドホイール(円盤形の研石)に水をかけながらガラスを粗削りし、「親骨」と呼ばれる太く大まかなカットを施す。

  • 工程4
    「親骨」で区切られたスペースに、細かな伝統文様を施していく。このあとカット面をなめらかにする削りの最終工程「石掛け」を行なったうえで、薬品に浸して光沢を出す「酸磨き」などを行ない、完成となる。

  • 描く線や文様、生地の形状に沿って、粒度や径の異なるダイヤモンドホイールを何度も使い分ける。そのため、完成までは膨大な手間と時間がかかる。

  • 見る者を圧倒する意匠と 無骨な手触り 魅惑の輝きを放つ 男のロックグラス
  • 光をかざしながらグラスを回すと、側面に施された文様がさまざまな形に透けて見え、それらが光を乱反射し、まるで万華鏡のような世界が浮かび上がる。

  • グラスの底面には、放射状にエッジの効いた深い切り込みが施されている。特注の厚い生地だからこそ実現した大胆なカットは、ダイナミックで迫力満点。見る者を魅了する。

  • 手に持つと、ずっしりと重い。全色とも側面には、日本伝統の魔除けの意味を持つ「八角籠目文」と不老長寿を意味する「菊繋ぎ文」が緻密に施されている。

  • 商品は、鍋谷淳一氏の印を捺した桐箱に入れてお届けする。鍋谷氏の栞と取り扱い説明書が同梱されている。

大人の逸品 人気ランキング