小学館の総合通販サイトpalshop
《お知らせ》4月27日(土)~5月6日(月)GW休業期間中の、商品の発送・お問合せへの返答・ご注文に関しまして

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

《お知らせ》4月27日(土)~5月6日(月)GW休業期間中の、商品の発送・お問合せへの返答・ご注文に関しまして

一生モノ語り 大人の逸品

品切

シーホープ

ニキシー管腕時計「Nixie Watch」

在庫 色柄/サイズ 価格

×

48,600 SOLD OUT お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

レトロフューチャーな発光で時刻を伝えるニキシー管

 レトロフューチャーというジャンルをご存じだろうか。これは仮想未来の一種で、古いSF映画などを見たときに感じる想像の未来と現実の違いを、あえてデザインやテクノロジーで作品や製品として再現したものである。本品はそんなレトロフューチャーの雰囲気がプンプン漂う、メカ好き、SF好きには堪らないニキシー管を使用した腕時計だ。
 ニキシー管とはネオン管や真空管と似た構造で、普及し始めた1950年代にはデジタル電圧計や回路計、周波数カウンターなどに使われていた。ガラス管の中に張り巡らされたメッシュや銅線の中に発光して数字が浮かぶ様は、スチームパンクそのものだ。また、ニキシー管は小型化が難しく、置き時計として楽しむファンが多い。製造が難しく、種類が少ないニキシー管腕時計には熱心なマニアが多く、あのアップル社の共同設立者のひとりでもあるスティーブ・ウォズニアック氏も愛用している。
 本品はそんなニキシー管を2本内蔵し、ボタンを押すことで発光して時刻を知らせる腕時計に仕上げた。腕まわりで、仮想未来をロマンいっぱいに物語るアイテムだ。

【ガラス管に文字が発光するレトロフューチャーな技術、ニキシー管】

ニキシー管は、1950年代から’60年代後半にかけて、デジタル電圧計や回路計、周波数カウンターや電卓の数字表示に使用された。’70年代に入るとより低電力で小型化も可能な蛍光表示管などに需要を奪われ、’90年代には生産終了。だが現在そのデザインに再び注目が集まる。今回の腕時計にはロシアに備蓄されていた在庫を見つけ出して使用。その希少性の高さから数量限定での販売となる。
限定30

ケース縦5.6×横4×厚さ1.7cm。250g。ベルト幅2.2cm。対応手首回り16.5~23cm。ケース、ベルトはステンレス。風防はミネラルガラス。電源はUSB充電(充電時間は1~1.5時間。1日10回程度の使用で約1か月駆動)。ニキシー管IN-16を2本使用。メーカー保証1年。ロシア製。
レトロフューチャーな発光で時刻を伝えるニキシー管 レトロフューチャーな発光で時刻を伝えるニキシー管

本品はそんなレトロフューチャーの雰囲気がプンプン漂う、メカ好き、SF好きには堪らないニキシー管を使用した腕時計だ。 本品はそんなレトロフューチャーの雰囲気がプンプン漂う、メカ好き、SF好きには堪らないニキシー管を使用した腕時計だ。

レトロフューチャーというジャンルをご存じだろうか。これは仮想未来の一種で、古いSF映画などを見たときに感じる想像の未来と現実の違いを、あえてデザインやテクノロジーで作品や製品として再現したものである。本品はそんなレトロフューチャーの雰囲気がプンプン漂う、メカ好き、SF好きには堪らないニキシー管を使用した腕時計だ。
ニキシー管とはネオン管や真空管と似た構造で、普及し始めた1950年代にはデジタル電圧計や回路計、周波数カウンターなどに使われていた。ガラス管の中に張り巡らされたメッシュや銅線の中に発光して数字が浮かぶ様は、スチームパンクそのものだ。また、ニキシー管は小型化が難しく、置き時計として楽しむファンが多い。製造が難しく、種類が少ないニキシー管腕時計には熱心なマニアが多く、あのアップル社の共同設立者のひとりでもあるスティーブ・ウォズニアック氏も愛用している。 本品はそんなニキシー管を2本内蔵し、ボタンを押すことで発光して時刻を知らせる腕時計に仕上げた。腕まわりで、仮想未来をロマンいっぱいに物語るアイテムだ。

ガラス管に文字が発光するレトロフューチャーな技術、ニキシー管 ガラス管に文字が発光するレトロフューチャーな技術、ニキシー管

ニキシー管は、1950年代から’60年代後半にかけて、デジタル電圧計や回路計、周波数カウンターや電卓の数字表示に使用された。’70年代に入るとより低電力で小型化も可能な蛍光表示管などに需要を奪われ、’90年代には生産終了。だが現在そのデザインに再び注目が集まる。今回の腕時計にはロシアに備蓄されていた在庫を見つけ出して使用。その希少性の高さから数量限定での販売となる。

ガラス管に文字が発光するレトロフューチャーな技術、ニキシー管 ガラス管に文字が発光するレトロフューチャーな技術、ニキシー管

2本のニキシー管を内蔵し、ボタンを押すことで時間と分を切り替えて表示する。ブルーのLEDで照らし出されたニキシー管に、赤い文字が浮かぶクールなデザイン。 2本のニキシー管を内蔵し、ボタンを押すことで時間と分を切り替えて表示する。ブルーのLEDで照らし出されたニキシー管に、赤い文字が浮かぶクールなデザイン。

2本のニキシー管を内蔵し、ボタンを押すことで時間と分を切り替えて表示する。ブルーのLEDで照らし出されたニキシー管に、赤い文字が浮かぶクールなデザイン。

  • 電気を動力源とするニキシー管のためにUSB充電機能を搭載。PCからでも充電できるのは便利でありがたい。 電気を動力源とするニキシー管のためにUSB充電機能を搭載。PCからでも充電できるのは便利でありがたい。

    電気を動力源とするニキシー管のためにUSB充電機能を搭載。PCからでも充電できるのは便利でありがたい。

  • 腕時計は大きなケースが流行中。本来小型化は難しいとされるニキシー管を2本収める本時計のケースも大型タイプで無骨な個性を主張する。 腕時計は大きなケースが流行中。本来小型化は難しいとされるニキシー管を2本収める本時計のケースも大型タイプで無骨な個性を主張する。

    腕時計は大きなケースが流行中。本来小型化は難しいとされるニキシー管を2本収める本時計のケースも大型タイプで無骨な個性を主張する。