小学館の総合通販サイトpalshop
10月15日(火)台風19号の影響によりお荷物のお届けに遅れが生じる可能性がございます。何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

10月15日(火)台風19号の影響によりお荷物のお届けに遅れが生じる可能性がございます。何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

一生モノ語り 大人の逸品

ハグドライブクッション
ハグドライブクッション
ハグドライブクッション
ハグドライブクッション
画像
画像
画像
画像
画像
画像

加地

ハグドライブクッション 2019年秋号掲載

在庫 色柄/サイズ 価格

バッククッション/ブラック

14,300 お気に入りに追加

バッククッション/グレー

14,300 お気に入りに追加

シートクッション/ブラック

12,100 お気に入りに追加

シートクッション/グレー

12,100 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

運転姿勢を安定させる骨盤サポートドライブクッション

生き残りをかけて自社で開発した、夢のような新素材。

 1969年に島根県奥出雲で創業した加地は、当初はスポーツシューズの縫製を専門としていたが、国内製造が工賃の安い海外に出ていく流れのなか、製造下請けから脱却すべく新事業へ乗り出す決断をした。その大きな成果が、1995年に自社開発した新素材「エクスジェル」であった。同社のエクスジェル使用の車椅子用クッションシリーズは、機能性とデザインを兼ね備えた画期的な商品として評判を呼び、今も多くの車椅子ユーザーに愛用されている。
「医療・介護に関わるなかで、座ることに悩んでいる方が相当多いことに気がつきました。そして弊社の方向性も、次第に座ることに特化していくようになりました。そこでまず着目したのが自動車の運転です」と語るのは、同社で研究開発・商品企画を担当する井戸辺彰史氏。研究を進めるなかで、タクシーなどの長時間ドライバーや腰まわりに疾患を抱える人々が疲れや痛みに悩まされている実態がわかってきた。「自動車の運転中は、ちょっと立ったり姿勢を変えたりということがしにくいですよね。じっと座ったままになりがちで、より悩みが出やすい環境といえます」。そして独自素材のエクスジェルと介護用品で培ってきた座ることのノウハウとをあわせ、自動車のシート用に開発されたのが「ハグドライブクッション」である。
「背骨の土台である骨盤をしっかり支えることで背筋が伸び、腰への負担も軽減される。これも介護で培ってきたノウハウです。エクスジェルの効果を最大限活かしつつ、どんなクルマのシートにも、そしてどんな体格の方にもフィットするように形状を工夫しました」
 同社の製品は、すべて奥出雲の本社工場で生産されている。素材同士を適切に貼り合わせ、形状を整え、微調整を加えつつ縫製・仕上げへと至る工程は、随所に熟練の職人技を要する。「じつは縫製ひとつとっても、かなり複雑なことをやっています。これも創業以来の伝統を受け継ぐ部分です。クッション部分もできる限り薄く仕上げて、ふだんの運転の目線を変えないようにしています」と井戸辺氏は自信を見せた。
made in Japan
【バッククッション】背部は幅35×奥行き3.5×高さ31.5cm、腰部は幅44×奥行き11.5×高さ19.5cm、800g。
【シートクッション】縦48×横46×厚さ4cm、800g。
表面はポリエステル、ウレタンフォーム。中材は合成ゴム(エクスジェル)、ウレタンフォーム。バッククッションの背部とシートクッションの裏面は滑り止め加工付きナイロン。洗濯機使用不可(汚れは布で拭き取る程度)。日本製。
生き残りをかけて自社で開発した、夢のような新素材「エクスジェル」 生き残りをかけて自社で開発した、夢のような新素材「エクスジェル」

餅のような感触で、指で押すとじわっと受け止め押し返す「エクスジェル」。横方向の動きに追従するのが特徴的だ。

低反発でも高反発でもなく、体圧を流動させて分散させるクッション素材が「エクスジェル」。一般的なウレタンフォームの10倍の衝撃吸収力を発揮する。低反発でも高反発でもなく、体圧を流動させて分散させるクッション素材が「エクスジェル」。一般的なウレタンフォームの10倍の衝撃吸収力を発揮する。

低反発でも高反発でもなく、体圧を流動させて分散させるクッション素材が「エクスジェル」。
一般的なウレタンフォームの10倍の衝撃吸収力を発揮する。

1969年に島根県奥出雲で創業した加地は、当初はスポーツシューズの縫製を専門としていたが、国内製造が工賃の安い海外に出ていく流れのなか、製造下請けから脱却すべく新事業へ乗り出す決断をした。その大きな成果が、1995年に自社開発した新素材「エクスジェル」であった。同社のエクスジェル使用の車椅子用クッションシリーズは、機能性とデザインを兼ね備えた画期的な商品として評判を呼び、今も多くの車椅子ユーザーに愛用されている。

  • 1969(昭和44)年加地商店として創業。 当初は靴の縫製に力をそそいだ。1969(昭和44)年加地商店として創業。 当初は靴の縫製に力をそそいだ。

    1969(昭和44)年加地商店として創業。 当初は靴の縫製に力をそそいだ。

  • 島根県仁多郡奥出雲町にある本社工場。すべての製品がメイドイン出雲である。島根県仁多郡奥出雲町にある本社工場。すべての製品がメイドイン出雲である。

    島根県仁多郡奥出雲町にある本社工場。すべての製品がメイドイン出雲である。

同社の製品は、すべて奥出雲の本社工場で生産されている。素材同士を適切に貼り合わせ、形状を整え、微調整を加えつつ縫製・仕上げへと至る工程は、随所に熟練の職人技を要する。「じつは縫製ひとつとっても、かなり複雑なことをやっています。これも創業以来の伝統を受け継ぐ部分です。クッション部分もできる限り薄く仕上げて、ふだんの運転の目線を変えないようにしています」と井戸辺氏は自信を見せた。

  • 素材だけでなく縫製も上質。複雑な曲面を熟練工がひとつひとつ縫い上げる。素材だけでなく縫製も上質。複雑な曲面を熟練工がひとつひとつ縫い上げる。

    素材だけでなく縫製も上質。複雑な曲面を熟練工がひとつひとつ縫い上げる。

  • 「もちろんプライベートでも愛用してます」と笑顔を見せる開発者の井戸辺氏。「もちろんプライベートでも愛用してます」と笑顔を見せる開発者の井戸辺氏。

    「もちろんプライベートでも愛用してます」と笑顔を見せる開発者の井戸辺氏。

「医療・介護に関わるなかで、座ることに悩んでいる方が相当多いことに気がつきました。そして弊社の方向性も、次第に座ることに特化していくようになりました。そこでまず着目したのが自動車の運転です」と語るのは、同社で研究開発・商品企画を担当する井戸辺彰史氏。研究を進めるなかで、タクシーなどの長時間ドライバーや腰まわりに疾患を抱える人々が疲れや痛みに悩まされている実態がわかってきた。「自動車の運転中は、ちょっと立ったり姿勢を変えたりということがしにくいですよね。じっと座ったままになりがちで、より悩みが出やすい環境といえます」。そして独自素材のエクスジェルと介護用品で培ってきた座ることのノウハウとをあわせ、自動車のシート用に開発されたのが「ハグドライブクッション」である。
「背骨の土台である骨盤をしっかり支えることで背筋が伸び、腰への負担も軽減される。これも介護で培ってきたノウハウです。エクスジェルの効果を最大限活かしつつ、どんなクルマのシートにも、そしてどんな体格の方にもフィットするように形状を工夫しました」

包み込むように骨盤をサポートして、正しいドライビングポジションで運転ができる。そのため、無意識に体を支える必要がなくなり、疲労軽減につながる。包み込むように骨盤をサポートして、正しいドライビングポジションで運転ができる。そのため、無意識に体を支える必要がなくなり、疲労軽減につながる。

包み込むように骨盤をサポートして、正しいドライビングポジションで運転ができる。そのため、無意識に体を支える必要がなくなり、疲労軽減につながる。

運転姿勢を安定させる骨盤サポートドライブクッション運転姿勢を安定させる骨盤サポートドライブクッション

骨盤サポート機能で正しいドライビングポジションに導き、疲労を軽減するバッククッション。 人は無意識に姿勢を変えてしまうもの。その動きに寄り添って、お尻にかかる体圧を流動的に分散し、負担を軽減するシートクッション。骨盤サポート機能で正しいドライビングポジションに導き、疲労を軽減するバッククッション。 人は無意識に姿勢を変えてしまうもの。その動きに寄り添って、お尻にかかる体圧を流動的に分散し、負担を軽減するシートクッション。

シートクッションはお尻と太ももの部分で高さを変え、快適で自然なドライビングポジションが取れるように配慮された形状。シートクッションはお尻と太ももの部分で高さを変え、快適で自然なドライビングポジションが取れるように配慮された形状。

シートクッションはお尻と太ももの部分で高さを変え、快適で自然なドライビングポジションが取れるように配慮された形状。