小学館の総合通販サイトpalshop
6月27日(木)~7月2日(火)の期間中、G20大阪サミット2019開催に伴う交通規制の影響により関西エリアへのお届けに遅れが生じる可能性がございます。

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

6月27日(木)~7月2日(火)の期間中、G20大阪サミット2019開催に伴う交通規制の影響により関西エリアへのお届けに遅れが生じる可能性がございます。

一生モノ語り 大人の逸品

オールタイムサングラス
オールタイムサングラス
オールタイムサングラス
オールタイムサングラス
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

乾レンズ

オールタイムサングラス

在庫 色柄/サイズ 価格

エアタイプ/クリア

16,200 お気に入りに追加

エアタイプ/ブラウンスモーク

16,200 お気に入りに追加

アクティブタイプ/クリア

12,960 お気に入りに追加

アクティブタイプ/ブラウンスモーク

12,960 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

日本人のために開発されたふだん着のサングラス

 外を歩いていて眩しさを感じることはないだろうか?日本人の瞳は濃色で光を吸収しやすいため、眩しさを感じにくいとされているが、個人差は大きく、日頃眩しさに悩んでいる人は少なくない。
「そんな方を思って2003年に開発したのが『ハイドレンズ』です」と語るのは、言わずと知れた眼鏡の街・福井県鯖江市に拠点をもつ乾レンズの諸井晴彦さん。同社は我が国唯一のサングラスレンズ専門メーカーだ。
「ハイドレンズをひと言で言えば透明なサングラスレンズです。従来の濃色レンズのように全体の光量を下げることなく、眩しさを感じやすい成分だけをバランスよく抑えて光全体を和らげます」
 透明ゆえの長所は周囲に目元を見せられることにもある。「眩しさ対策として有効なのはサングラスをかけていただくことですが、日本では一般的にサングラスをかける習慣がないうえに、サングラス=不良というイメージも根強く、人前でかけることに抵抗を感じる方が多いのです」
 その点、目元が見えるレンズであれば、眼鏡感覚で人目を気にせずかけて外出できる。しかも明るいレンズゆえ室内に入っても暗さを感じずかけ続けられる。ハイドレンズは日本人の心理特性にフィットする画期的なレンズとなった。
「しかし業界内ではなかなか理解してもらえませんでしたね」と回想する諸井さん。レンズ開発当時はまだ「サングラスとは目元を隠すもの」という見方が常識で、目元が見えるサングラスなど商品性がないと判断されてしまったのだ。せっかく開発したレンズが製品としてユーザーに届かず、歯がゆい思いを感じ続ける日々。そんなとき、諸井さんを病魔が襲う。
「脳腫瘍でした。幸い命は助かりましたが、治療の後遺症で左目が眩しさを感じやすくなってしまったのです」刺すような光の眩しさがどれだけ辛いか、身を以て知った諸井さんは、ハイドレンズを採用したサングラス自体を、自社ブランドで作ることを決意した。レンズメーカーとして極めて異例の大きな挑戦であった。
「このレンズを使うからには、軽く丈夫で疲れにくく、ふだん着のように日々装着できるサングラスにしたい」と考えた諸井さんが協力を依頼したのが、地元・鯖江の眼鏡フレームづくりの匠たち。試行錯誤の末、ついに2008年に完成したオリジナルサングラスは、ずっとかけていられるというコンセプトに合わせ『オールタイムサングラス』と名付けられた。以後、フレームの異なる11モデルを続々と開発。いずれも地元のフレームメーカーとの共同開発による、メイドイン鯖江の逸品だ。
【エアタイプ】幅13.8×高さ3.3cm、10g。つるの長さは13.5cm。フレームはニッケル合金、βチタン。折り畳み専用ケース、レンズクロス付属。
【アクティブタイプ】幅14.4×高さ3.8、18g。つるの長さは14.2cm。フレームは弾性プラスチック。専用ケース、レンズクロス付属。
ともにレンズは光学用プラスチックレンズ(ハイドコート)。可視光線透過率はクリアは80%、ブラウンスモークは50%。ともに紫外線透過率は1%以下。青色光遮断率はクリアは38%、ブラウンスモークは60%。日本製。
レンズ屋の意地と鯖江の匠の技との華麗なる融合。 レンズ屋の意地と鯖江の匠の技との華麗なる融合。

超軽量のエアタイプのフレームを仕上げるアイランド社の浅田さん。熟練の手作業で自然なフィット感を出す。

外を歩いていて眩しさを感じることはないだろうか? 日本人の瞳は濃色で光を吸収しやすいため、眩しさを感じにくいとされているが、個人差は大きく、日頃眩しさに悩んでいる人は少なくない。
「そんな方を思って2003年に開発したのが『ハイドレンズ』です」と語るのは、言わずと知れた眼鏡の街・福井県鯖江市に拠点をもつ乾レンズの諸井晴彦さん。同社は我が国唯一のサングラスレンズ専門メーカーだ。
「ハイドレンズをひと言で言えば透明なサングラスレンズです。従来の濃色レンズのように全体の光量を下げることなく、眩しさを感じやすい成分だけをバランスよく抑えて光全体を和らげます」
透明ゆえの長所は周囲に目元を見せられることにもある。
「眩しさ対策として有効なのはサングラスをかけていただくことですが、日本では一般的にサングラスをかける習慣がないうえに、サングラス=不良というイメージも根強く、人前でかけることに抵抗を感じる方が多いのです」
その点、目元が見えるレンズであれば、眼鏡感覚で人目を気にせずかけて外出できる。しかも明るいレンズゆえ室内に入っても暗さを感じずかけ続けられる。ハイドレンズは日本人の心理特性にフィットする画期的なレンズとなった。「しかし業界内ではなかなか理解してもらえませんでしたね」と回想する諸井さん。レンズ開発当時はまだ「サングラスとは目元を隠すもの」という見方が常識で、目元が見えるサングラスなど商品性がないと判断されてしまったのだ。せっかく開発したレンズが製品としてユーザーに届かず、歯がゆい思いを感じ続ける日々。そんなとき、諸井さんを病魔が襲う。
「脳腫瘍でした。幸い命は助かりましたが、治療の後遺症で左目が眩しさを感じやすくなってしまったのです」刺すような光の眩しさがどれだけ辛いか、身を以て知った諸井さんは、ハイドレンズを採用したサングラス自体を、自社ブランドで作ることを決意した。レンズメーカーとして極めて異例の大きな挑戦であった。
「このレンズを使うからには、軽く丈夫で疲れにくく、ふだん着のように日々装着できるサングラスにしたい」と考えた諸井さんが協力を依頼したのが、地元・鯖江の眼鏡フレームづくりの匠たち。試行錯誤の末、ついに2008年に完成したオリジナルサングラスは、ずっとかけていられるというコンセプトに合わせ『オールタイムサングラス』と名付けられた。以後、フレームの異なる11モデルを続々と開発。いずれも地元のフレームメーカーとの共同開発による、メイドイン鯖江の逸品だ。

  • 「同価格帯のサングラスとしては2ランクくらい上のレンズですよ」と自信を見せる乾レンズの諸井さん。 「同価格帯のサングラスとしては2ランクくらい上のレンズですよ」と自信を見せる乾レンズの諸井さん。

    「同価格帯のサングラスとしては2ランクくらい上のレンズですよ」と自信を見せる乾レンズの諸井さん。

  • 形状に合わせてカットされたレンズは一枚ずつ目視で厳しくチェックされる。僅かなキズも見逃さない。 形状に合わせてカットされたレンズは一枚ずつ目視で厳しくチェックされる。僅かなキズも見逃さない。

    形状に合わせてカットされたレンズは一枚ずつ目視で厳しくチェックされる。僅かなキズも見逃さない。

日本人のために開発されたふだん着のサングラス

●エアタイプ

クリア 極めて薄く軽くでき、弾性も高いβチタンをフレームに採用したエア。わずか10gの驚くべき軽さでつけているのを忘れるほど。 クリア 極めて薄く軽くでき、弾性も高いβチタンをフレームに採用したエア。わずか10gの驚くべき軽さでつけているのを忘れるほど。

クリア極めて薄く軽くでき、弾性も高いβチタンをフレームに採用したエア。わずか10gの驚くべき軽さでつけているのを忘れるほど。

ブラウンスモーク 長時間装着しても疲れないのは高品質なレンズのおかげ。表面の歪みや光軸のズレがないので視神経にも優しい。 ブラウンスモーク 長時間装着しても疲れないのは高品質なレンズのおかげ。表面の歪みや光軸のズレがないので視神経にも優しい。

ブラウンスモーク長時間装着しても疲れないのは高品質なレンズのおかげ。表面の歪みや光軸のズレがないので視神経にも優しい。

  • エアタイプには、持ち運びに便利な折り畳み式ケースが付属する。 エアタイプには、持ち運びに便利な折り畳み式ケースが付属する。

    エアタイプには、持ち運びに便利な折り畳み式ケースが付属する。

  • 青色光線カットレンズにありがちな青いギラつきが発生しない。温かみのある色合いが肌の色に自然になじむ。 青色光線カットレンズにありがちな青いギラつきが発生しない。温かみのある色合いが肌の色に自然になじむ。

    青色光線カットレンズにありがちな青いギラつきが発生しない。温かみのある色合いが肌の色に自然になじむ。

●アクティブタイプ

クリア アウトドアやスポーツシーンにぴったりのアクティブタイプ。弾性プラスチック製フレームがぴったりフィットしてズレにくい。 クリア アウトドアやスポーツシーンにぴったりのアクティブタイプ。弾性プラスチック製フレームがぴったりフィットしてズレにくい。

クリアアウトドアやスポーツシーンにぴったりのアクティブタイプ。弾性プラスチック製フレームがぴったりフィットしてズレにくい。

ブラウンスモーク 強い紫外線は目にも悪影響をおよぼすことが知られている。常用できるサングラスは目の紫外線対策にも有効だ。 ブラウンスモーク 強い紫外線は目にも悪影響をおよぼすことが知られている。常用できるサングラスは目の紫外線対策にも有効だ。

ブラウンスモーク強い紫外線は目にも悪影響をおよぼすことが知られている。常用できるサングラスは目の紫外線対策にも有効だ。

  • アクティブには耐衝撃性に優れたソフトケースが付属する。 アクティブには耐衝撃性に優れたソフトケースが付属する。

    アクティブには耐衝撃性に優れたソフトケースが付属する。

  • フレームと同素材の弾性プラスチックの鼻当ては、フレキシブルに誰の鼻にもフィットする。 フレームと同素材の弾性プラスチックの鼻当ては、フレキシブルに誰の鼻にもフィットする。

    フレームと同素材の弾性プラスチックの鼻当ては、フレキシブルに誰の鼻にもフィットする。

稲澤かおり先生 眼科医。大阪鉄道病院眼科医長を経て、2004年に大阪府吹田市に稲澤クリニックを開院。 稲澤かおり先生 眼科医。大阪鉄道病院眼科医長を経て、2004年に大阪府吹田市に稲澤クリニックを開院。

稲澤かおり先生
眼科医。大阪鉄道病院眼科医長を経て、2004年に大阪府吹田市に稲澤クリニックを開院。

「加齢黄斑変性」は網膜に障害が生じる病気。サングラスをかけるなど予防が大切です。色の濃いレンズは目の瞳孔が開き、紫外線が侵入しやすいですが、透明レンズなら安心です。