小学館の総合通販サイトpalshop
【年末年始に関するご案内】
2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)まで休業とさせていただきます。
※12月27日12時以降のメールでのお問合せに対するご返信は1月6日以降となります。予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

【年末年始に関するご案内】
2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)まで休業とさせていただきます。
※12月27日12時以降のメールでのお問合せに対するご返信は1月6日以降となります。予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

一生モノ語り 大人の逸品

ネイバー&クラフツマン

精密切削技術のキャニスター 大人の逸品 最新号掲載

在庫 色柄/サイズ 価格

大サイズ/シルバー

27,500 お気に入りに追加

大サイズ/ゴールド

27,500 お気に入りに追加

小サイズ/シルバー

16,500 お気に入りに追加

小サイズ/ゴールド

16,500 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

空気を閉ざすキャニスターと時が止まるコマを作る技術

 世界を常に驚かせてきた日本のモノ作りの技術。勤勉で手間暇を惜しまず、ひたすら向上していこうとする日本人の職人気質は、世界の常識では測れない製品を生み出してきた。決して人件費が安いわけではない日本で、品質の高い製品を安価に製造できるミステリーは、世界中のあらゆる工業製品に日本製の部品が使われている現象を生み出している。
「シオン」は航空機部品などの金属加工を手がける、岐阜県美濃市の町工場。その45年以上の歴史の中で培ってきた技術を、「図面通りのものづくりだけでは、ものづくり本来の目的を忘れてしまう」として、人々の日常に密着した製品に活かすブランドとして立ち上げたのが「ネイバー&クラフツマン」である。今回は2つの製品を大きな驚きとともにお届けしよう。
 まず、一部の隙もない美しい仕上がりのキャニスター(裏蓋付き容器)は、アルミ材からの削り出し。上部のつまみには独自の開閉機構を採用しており、カバーと本体の隙間は、なんと0.025mm。空気が抜ける抵抗を感じながらスーッと開ければ、中に入れたお茶やコーヒーが、その香りとともに密封されていたことを実感できる。
 シンプルを追求したような飾りのない円筒デザインは、その究極までに精密な切削、研削技術の自信の表れ。インテリアの和洋を選ばず、置いて絵になるキャニスターに仕上がっている。
 そして、第二回全日本製造業コマ大戦全国大会G1で優勝した日本一のコマ職人が設計・製作したのが「still」。極限までバランスを追求して制作されており、「グレー」はうまく回せば9~11分、「ゴールド」は6~8分も回り続ける。そして回る姿が優雅な「バレリーナ」は、その名の通りバレリーナの舞踏を表現。そのこだわりは形だけでなく、回転性能や音にまで及び、回転する光景はまさに時が止まったかのように静かである。
 よく回る秘密は中心部と外周部で重さの異なる金属を使用し、中心部には軽量な超超ジュラルミン、外周部には重さのあるガンメタルとタングステンを採用。精密な金属加工技術がなければなし得ない未知の回転は、子供の頃に遊んだコマとは次元の違うものだ。日本が誇るものづくりの技術に喜び、勇気をもらう製品なのである。


精密切削技術のコマはこちら!
made in Japan
大は直径7×高さ12cm、約350g。容量は茶葉120g相当。小は直径7×高さ7.6cm、約250g。容量は茶葉50g相当。アルミ(白・金アルマイト)。日本製。
職人の極み その製品クオリティは世界を常に驚愕させる日本のモノ作り。それを支えるのは、職人たちによる究極の技の競演である。 職人の極み その製品クオリティは世界を常に驚愕させる日本のモノ作り。それを支えるのは、職人たちによる究極の技の競演である。

空気を閉ざすキャニスターを作る技術

2サイズ展開(左から大サイズ直径7×高さ12㎝、約350g、小サイズ直径7×高さ7.6㎝、約250g。) 2サイズ展開(左から大サイズ直径7×高さ12㎝、約350g、小サイズ直径7×高さ7.6㎝、約250g。)

2サイズ展開(左から大サイズ直径7×高さ12㎝、約350g、小サイズ直径7×高さ7.6㎝、約250g。)

世界を常に驚かせてきた日本のモノ作りの技術。勤勉で手間暇を惜しまず、ひたすら向上していこうとする日本人の職人気質は、世界の常識では測れない製品を生み出してきた。決して人件費が安いわけではない日本で、品質の高い製品を安価に製造できるミステリーは、世界中のあらゆる工業製品に日本製の部品が使われている現象を生み出している。
「シオン」は航空機部品などの金属加工を手がける、岐阜県美濃市の町工場。その45年以上の歴史の中で培ってきた技術を、「図面通りのものづくりだけでは、ものづくり本来の目的を忘れてしまう」として、人々の日常に密着した製品に活かすブランドとして立ち上げたのが「ネイバー&クラフツマン」である。今回は1つの製品を大きな驚きとともにお届けしよう。
一部の隙もない美しい仕上がりのキャニスター(裏蓋付き容器)は、アルミ材からの削り出し。上部のつまみには独自の開閉機構を採用しており、カバーと本体の隙間は、なんと0.025mm。空気が抜ける抵抗を感じながらスーッと開ければ、中に入れたお茶やコーヒーが、その香りとともに密封されていたことを実感できる。
シンプルを追求したような飾りのない円筒デザインは、その究極までに精密な切削、研削技術の自信の表れ。インテリアの和洋を選ばず、置いて絵になるキャニスターに仕上がっている。

  • その精密なる金属加工の技術により、本体とカバーの隙間は0.025mmという極小の世界。 その精密なる金属加工の技術により、本体とカバーの隙間は0.025mmという極小の世界。

    その精密なる金属加工の技術により、本体とカバーの隙間は0.025mmという極小の世界。

  • つまみを引き上げることで空気孔が開く。これによって密閉されたカバーが開く。 つまみを引き上げることで空気孔が開く。これによって密閉されたカバーが開く。

    つまみを引き上げることで空気孔が開く。これによって密閉されたカバーが開く。

  • 乾燥を嫌うお茶やコーヒー豆をその香りごと閉じ込め、おいしさそのままに保存できる。 乾燥を嫌うお茶やコーヒー豆をその香りごと閉じ込め、おいしさそのままに保存できる。

    乾燥を嫌うお茶やコーヒー豆をその香りごと閉じ込め、おいしさそのままに保存できる。