小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

一生モノ語り 大人の逸品

これいい和

武州正藍染 京扇子

在庫 色柄/サイズ 価格

9,900 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

伝統工芸の融合が光る深きブルーが涼を誘う

 日本人の暮らしに寄り添ってきた藍染め。その青き色は海外から「ジャパンブルー」と称される、日本を象徴する伝統色である。
 そんな藍染めに惹かれ、京扇子との融合を企画した人物がいる。日本の伝統工芸品を未来へつなぐ事業「これいい和」のディレクター、髙松僚さんである。
「日本の素晴らしい工芸品を掛け合わせれば、魅力的な商品が生まれると考えたのです」(髙松さん)
 扇子の扇面に広がるのは、埼玉県羽生市で明治5(1872)年に創業した「小島染織工業」が手がける武州正藍染。「綛染め」という手法で、束状の糸を染めては手作業で糸をほぐし、染まり具合を確認しながら干すという工程を繰り返すことで、糸を芯まで染め上げる。その糸で織った生地は、表面に美しい縞模様「青縞」が現れる。それを扇子用に涼しげで絶妙な透け感の厚みに仕立てている。
 京扇子の制作は、京都市で大正2(1913)年に創業した扇子専門メーカー、大西常商店。京扇子は87回職人の手を通るといわれ、各工程の専門職人が分業でひとつの扇子を完成させる。竹の扇骨に生地を丁寧に張り合わせ、なめらかに開閉するよう細部まで作り込まれた本品。職人技の結晶だ。
 開いた扇子を夏の光にかざすと、美しく透ける青縞。あおぐ風は粋な涼をもたらしてくれる。
made in Japan
使用時は、約縦21.5×幅39×厚さ1.2cm、収納時は約縦21.5×幅2.6×厚さ1.6cm、約56g。綿、竹ほか。収納袋が付属。日本製。

大人の逸品 人気ランキング