小学館の総合通販サイトpalshop
《重要》 2020/04/13 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の当店への影響に関して

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

《重要》 2020/04/13 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の当店への影響に関して

一生モノ語り 大人の逸品

小島屋×オリハラスタイル

武州正藍染のキャップとハンチング

在庫 色柄/サイズ 価格

キャップ

7,150 お気に入りに追加

ハンチング

7,700 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

染めと織りから生み出す深みある青縞が魅力

 ジャパン・ブルーとも称される藍色。戦国時代、深く濃く染め上げた藍染めは「勝色」と呼ばれ、武士たちに縁起物として好まれたという。やがて江戸時代後期から明治にかけて人々の暮らしに普及し、定着していった。
「武州正藍染」を手がける「小島屋」は、埼玉県羽生市で明治5年から150年近く、藍染織物を生産している染織工場だ。染めの手法は、綛染め。束状にした糸(綛)を染めては干すという工程を繰り返し、糸の芯まで色濃く染め上げる。染め具合は職人が手で糸をほぐしながら確認するなど、手間暇をかけて行なわれる。そうして染め上がる糸は独特のムラができ、生地に織り上げると、縦目に自然な縞模様が生まれる。これを「青縞」と呼ぶ。
「使い込むうちに藍色や青縞の風合いが少しずつ変化して、愛着が湧く帽子になると思います。それも楽しみのひとつとしてかぶっていただきたいですね」と、小島屋の企画課課長・根岸七帆氏は語る。
 帽子に仕立てるのは、東京の帽子ブランド「オリハラスタイル」が担う。著名人にファンも多い、帽子デザイナーであり職人でもある折原尚氏が、ツバの長さや帽子の深さなど細部にこだわり、誰にでもかぶりやすく、長く愛されるデザインに仕上げた。
 歳を重ねた大人の男にこそ似合う、キャップとハンチングである。
WEB会員様限定
送料キャッシュバックキャンペーン開催中!
クーポンコード : CP202007


※ご注文合計金額(複数点購入可能)が税込み5,000円以上(割引前・送料を除く)の場合、ご利用いただけます。お一人様1回限り利用可能です。
※ご利用時は、ご注文情報入力ページ「使用クーポンコード」欄に、クーポンコードをご入力ください。
※上記コード入力にて通常送料690円分を割引いたします。(注文確定前にご確認ください。注文確定後のクーポンの適用はできません。)
※7月1日(水)10:00 ~ 9月30日(水)23:59 までのご注文完了分が対象となります。

※ご利用の際は、会員登録が必要になります。会員ログイン後にご使用ください。WEB限定クーポンのため、郵送、FAX、電話でのご注文ではご使用になれません。
※現金での払い戻し不可。他のクーポンとの併用不可。
※アマゾンペイでのクーポン利用不可。
made in Japan
ともに適応サイズは57.5~61cm(サイズ調整可)。各85g。ともに綿100%。洗濯は手洗い。日本製。