小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

一生モノ語り 大人の逸品

小島屋×オリハラスタイル

武州正藍染のキャップとハンチング

在庫 色柄/サイズ 価格

キャップ

7,150 お気に入りに追加

ハンチング

7,700 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

伝統の武州正藍染が織りなす上質な大人スタイル

 藍染めが普及したのは江戸時代後期から明治にかけてのこと。当時、埼玉県一帯は「武州」と呼ばれ、綿花や藍染めの一大産地として発展。現在も「武州正藍染」として継承されている。
 キャップとハンチングの染めと織りは埼玉県羽生市で147年にわたり「武州正藍染」を作り続ける染織工場のブランド小島屋が手がけたもの。綛染めという手法は、束状にした糸(綛)を染めてはほぐして干すといった工程を繰り返すことで、糸の芯まで色濃く染め上がる。糸には特有のムラができて、生地に織り上げると自然な縞模様が生まれる。これを「青縞」と呼ぶが、じつに深みのある風合いである。
「昔はすべて手作業でしたが、今は品質安定のために織機も導入しています。それでも糸をほぐす、染め具合を確認するなどは職人の感覚がものをいうため、人の作業は重要なんです」と小島屋の企画課課長の根岸七帆さん。
 帽子の仕立ては、東京の帽子ブランド「オリハラスタイル」。伝統的なデザインに和の雰囲気を加えて、″他とひと味違う”アイテムに仕上がっている。使い込むほどに、青縞の風合いが変化するのも楽しみのひとつである。
made in Japan
ともに適応サイズは57.5~61cm(サイズ調整可)。各85g。ともに綿100%。洗濯は手洗い。日本製。