小学館の総合通販サイトpalshop
『西川貴教 五十而知天命 五十にして天命を知る』 追加注文予約のお知らせ

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

一生モノ語り 大人の逸品

帆布のトートバッグ
帆布のトートバッグ
帆布のトートバッグ
帆布のトートバッグ
帆布のトートバッグ
帆布のトートバッグ
帆布のトートバッグ
帆布のトートバッグ
帆布のトートバッグ
帆布のトートバッグ
帆布のトートバッグ
帆布のトートバッグ
帆布のトートバッグ
帆布のトートバッグ
帆布のトートバッグ
帆布のトートバッグ

細野商店

帆布のトートバッグ 佳人手帳オリジナル

在庫 色柄/サイズ 価格

大容量ショッピングトートバッグ/オレンジ

8,800 お気に入りに追加

大容量ショッピングトートバッグ/カーキ

8,800 お気に入りに追加

大容量ショッピングトートバッグ/ネイビー

8,800 お気に入りに追加

外ポケット付きトートバッグ/カーキ×ネイビー

7,150 お気に入りに追加

外ポケット付きトートバッグ/ネイビー×カラシ

7,150 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

お買い物やアウトドアに、ハードに使える帆布のトート

アウトドアの歴史に名を刻む帆布の老舗
その知恵と技を活かした暮らしの道具

 東京都中央区日本橋堀留町。この一帯は江戸時代から続く古い問屋街である。その通りから、活気あるミシンの音が聞こえてくる。帆布製品の製造・加工で国内外から高い評価を得る細野商店の工房からだ。カラフルな帆布のバッグが目を引く店内をのぞくと、その奥には工房があり、訪れた客が、帆布製品の製造過程を見学できるようになっている。

防水帆布で世界の山へ

 細野商店が誕生したのは、大正元年(1912)。東京の神田で「細野防水布店」として創業した。当初は、人力車の幌や車夫の雨合羽などの帆布製品を製造販売する店だった。
 やがてその帆布をもとに、昭和11年(1936)に日本最初の海外登山隊、ヒマラヤのナンダ・コート遠征隊の装備品を作ることになった。それがきっかけとなり、「テントの細野」「帆布の細野」としての歴史が始まった。そしてエベレスト、マナスル、アラスカ、南極など世界の名だたる名峰や極地でその足跡を残してきたのだ。
 過酷な条件の中で使用される帆布製品の製造から培った技術は、現在、一般のユーザーがデイリーに使うバッグやリュックサックなどの製作に活かされている。
 特に近年は、天然素材独特の質感や色合いが、ナチュラル志向の女性たちからも支持され、帆布のよさが改めて見直されている。

天然素材の強みを活かす

 細野商店のバッグの多くは、船やトラックの幌などに使われる「9号」という厚手の帆布を採用している。最近は機能性に優れた化学素材もたくさん出ているが、天然素材の強みは、長く使い込んでも基本的な特性がほとんど変化しないということだ。多少の傷や汚れがついても、それがむしろ「味わい」という魅力にもなる。それゆえ、細野商店には長年使い込んだ愛着のある製品の修理を依頼する人が絶えないという。
 今回は、細野商店の人気アイテムであるトートバッグから『佳人手帳』の読者のために特別に2アイテムをオーダーした。

 今回オーダーしたのは、大小2種の使いやすいトートバッグ。
 大容量ショッピングトートは、まとめ買いに重宝する。ほかではなかなか見つからないビッグサイズで、外側には本体と同色のポケットを付けてもらった。
 小さいトートは、本体とポケットのおしゃれなバイカラーが特徴。手提げでもショルダーでも使え、ハンドバッグ代わりに気軽に愛用していただける。こちらは表側のポケットにマチが付き、内側にも便利なポケットを備えている。
※お届けまでに3週間ほどかかる場合があります。
made in Japan
【帆布の大容量ショッピングトートバッグ】
約縦37×横59×マチ幅18cm、450g。本体は綿100%(9号帆布、パラフィン撥水加工済み)。持ち手高さ約24.5cm。全開式。外側オープンポケット×1、内側オープンポケット×1。汚れたら部分洗いしてください。底板なし。日本製。

【帆布の外ポケット付きトートバッグ】
約縦32×横37×マチ幅10cm、300g。本体は綿100%(9号帆布、パラフィン撥水加工済み)。持ち手高さ約22.5cm。金具は鉄。外側マチ付きポケット(ホックボタン式開閉)×1、内側ファスナーポケット×1。汚れたら部分洗いしてください。底板なし。日本製。
佳人のサステナブル生活

アウトドアの歴史に名を刻む帆布の老舗
その知恵と技を活かした暮らしの道具

*

東京都中央区日本橋堀留町。この一帯は江戸時代から続く古い問屋街である。その通りから、活気あるミシンの音が聞こえてくる。帆布製品の製造・加工で国内外から高い評価を得る細野商店の工房からだ。カラフルな帆布のバッグが目を引く店内をのぞくと、その奥には工房があり、訪れた客が、帆布製品の製造過程を見学できるようになっている。

防水帆布で世界の山へ

細野商店が誕生したのは、大正元年(1912)。東京の神田で「細野防水布店」として創業した。当初は、人力車の幌や車夫の雨合羽などの帆布製品を製造販売する店だった。
やがてその帆布をもとに、昭和11年(1936)に日本最初の海外登山隊、ヒマラヤのナンダ・コート遠征隊の装備品を作ることになった。それがきっかけとなり、「テントの細野」「帆布の細野」としての歴史が始まった。そしてエベレスト、マナスル、アラスカ、南極など世界の名だたる名峰や極地でその足跡を残してきたのだ。
過酷な条件の中で使用される帆布製品の製造から培った技術は、現在、一般のユーザーがデイリーに使うバッグやリュックサックなどの製作に活かされている。
特に近年は、天然素材独特の質感や色合いが、ナチュラル志向の女性たちからも支持され、帆布のよさが改めて見直されている。

  • *

    細野商店は昭和31年11月出発の第一次南極観測隊から、装備の製造・納入を開始していた。

  • *

    南極観測隊のテントや衣類は、日本隊だけでなくアメリカ隊やニュージーランド隊にも納入。

天然素材の強みを活かす

細野商店のバッグの多くは、船やトラックの幌などに使われる「9号」という厚手の帆布を採用している。最近は機能性に優れた化学素材もたくさん出ているが、天然素材の強みは、長く使い込んでも基本的な特性がほとんど変化しないということだ。多少の傷や汚れがついても、それがむしろ「味わい」という魅力にもなる。それゆえ、細野商店には長年使い込んだ愛着のある製品の修理を依頼する人が絶えないという。
今回は、細野商店の人気アイテムであるトートバッグから『佳人手帳』の読者のために特別に2アイテムをオーダーした。

  • *

    細野商店の外観。問屋街の中で、白い壁とガラス張りの入り口がひときわ目を引く。

  • *

    色とりどりの質実剛健な帆布製品がディスプレイされた店内。奥に工房がある。

  • *

    細野商店3代目・細野昌昭さん。4代目の息子・慎治さんとともに、今もミシンに向かう。

  • *

    タグにある山は日本が世界初登頂を果たしたマナスル。その装備を製造したのも細野商店だ。

お買い物やアウトドアに、
ハードに使える帆布のトート

今回オーダーしたのは、大小2種の使いやすいトートバッグ。
大容量ショッピングトートは、まとめ買いに重宝する。ほかではなかなか見つからないビッグサイズで、外側には本体と同色のポケットを付けてもらった。
小さいトートは、本体とポケットのおしゃれなバイカラーが特徴。手提げでもショルダーでも使え、ハンドバッグ代わりに気軽に愛用していただける。こちらは表側のポケットにマチが付き、内側にも便利なポケットを備えている。

*

帆布にパラフィンを浸み込ませ、さらに表面に撥水コーティングを施した。自立するので、ものの出し入れがしやすく、ちょっと床置きするときも安心。

*

大きなほうは3色展開。2ℓのペットボトルを4本入れてもまだ余裕。大きさの割に軽い仕上がりになっている。

*

小トートは2色展開。内側にファスナーポケットが付き、ちょっとしたお出かけにも便利。収納力もたっぷりある。