小学館の総合通販サイトpalshop
『西川貴教 五十而知天命 五十にして天命を知る』 追加注文予約のお知らせ

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

一生モノ語り 大人の逸品

落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん
落語家・林家彦いちの袖形かばん

『大人の逸品』×フルクリップ

落語家・林家彦いちの袖形かばん 大人の逸品オリジナル

在庫 色柄/サイズ 価格

8,138 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

男のロマンを詰め込んだサコッシュ

落語界きっての鞄好き噺家と熟練の鞄職人が満を持して作り上げた江戸前の粋な鞄

機能性に富んだ鞄作りが信条

 昭和58年に創業し、東京・葛飾区を拠点にバッグやベルト、革小物などを手がけてきた鞄メーカー・アド。そのオリジナルブランドとして、平成23年に立ち上がったのがフルクリップだ。鞄はデザインを先行して作ることが多いのだが、フルクリップでは機能面の考察から製作を始め、使いやすさを肝とした鞄作りを行なっている。
「愛着を持って長く使ってもらうために、目的・用途・機能に合った最適な素材を選び、使い勝手のよい丈夫な鞄を目指しています。デザインは飽きのこないシンプルさを大切にしています」と笑顔で話すのは、フルクリップ代表の平垣 亨氏である。
 今回は無類の鞄好きという落語家の林家彦いち氏とタッグを組み、荷物をコンパクトにまとめる男性好みの鞄を仕立てた。必要なものをちょいと着物の袖に入れておく、そんなイメージで作った袖形の粋な鞄は、素材・サイズ・使いやすさなど、彦いち氏のこだわりが随所にちりばめられている。

イメージを具現化する高い技術力

「話し合いを重ねては、何度もサンプルを作り、イメージを形にしていきました。最終段階では、彦いちさんに工房まで足を運んでもらい、ショルダーやループの長さをミリ単位で調整しながら、最後は鞄をその場で縫い上げました」と、平垣氏。
 そうして仕上がった待望の鞄が、おしゃれなデニム地のサコッシュだ。裏地に樹脂加工を施して強度も抜群。単行本やiPadを入れたいという彦いち氏の願いを叶え、小さすぎず、大きすぎない、絶妙なサイズ感を実現した。
「彦いちさん一番のこだわりは、扇子用ポケットです。どこに付けようかとても悩みましたが、裏面の隠しポケットとして忍ばせることで、遊び心のある作りにしました」(平垣氏)

特許技術と強靭な素材選びが魅力

 フルクリップの技術で忘れてならないのが、特許を持つ「ジェットグライド」だ。鞄を肩にかけたまま、ショルダーベルトの長さを自在に伸縮できる仕組みである。使い方は簡単で、ショルダーベルトに付いているハンドルを下に引っ張るだけ。体型に関係なく体に鞄をフィットさせたり、ファッションや状況に応じて長さ調節が可能だ。
 また、細部にまで行き届いた素材選びにも注目したい。ファスナーとファスナーテープは、世の中にあまり出回っていないベージュカラーを取り寄せ、ファスナーの紐付き取っ手は、アメリカ軍がパラシュートコードとして採用する100kgの重さに耐えられる超頑丈な特殊紐を使用している。お出かけの相棒にふさわしい、男前な鞄である。
made in Japan
縦20×横30×マチ幅3cm、約230g。ショルダーベルトの長さは79~132cm(特許ジェットグライド仕様)。綿(岡山産デニム)、ナイロン、パラシュートコード(ミルスペック)ほか。前面にファスナーポケット(縦14.5×横19.5cm)×1、フラップ式面ファスナーポケット(縦14.5×横9cm)×1。背面にオープンポケット×1、扇子用隠しファスナーポケット×1。内部にオープンポケット(鮫肌小紋柄)×3。日本製。

※扇子は付属しません。

ポケット代わりに使える江戸前の袖形かばん!

落語家 林家彦いち

 落語界きっての鞄好きを自認し、『懐かばん』を発表して好評を博した林家彦いちさん。その勢いに乗って、昨年は日本を代表する鞄メーカー・アドのブランド「フルクリップ」とコンビを組んで、第2幕『袖形かばん』をリリースし、こちらも好評だ。
 今回、彦いちさんが提案したのはデニム製のサコッシュ。もともとは自転車レースにおいて水分や栄養補助食品を走行しながら受け渡すための袋だが、それを自身も愛してやまないデニム素材で作ったというわけだ。
 そのサコッシュに「フルクリップ」の特許技術であるジェットグライドを搭載。これは、ショルダーベルトの長さをワンタッチで調節できるもので、その日のスタイル、中に入れるモノによって、好みの長さで使用できる。
 「鞄は物が入ると重くなりますが、江戸時代の風呂敷のように、ギュッと体に密着させると軽く感じる」とアドの平垣さん。「物が入ることで鞄が完成するんだよね」と彦いちさんも満足顔だ。バッグの裏側には扇子ポケットを備えるなど、遊び心とこだわりにあふれる小さな鞄を楽しんでほしい。

遊び心と実用性を兼ね備えた粋な鞄

  • 落語家・林家彦いちの袖形かばん

    文庫本や手帳はもちろん、iPadの9.7インチモデルまで収納できる。内ポケットの和柄がアクセントだ。

  • 落語家・林家彦いちの袖形かばん

    「なんて奥ゆかしいポケットなんだろう(笑)」と彦いちさんもご満悦の扇子用の隠しポケット。

素材は彦いちさんが大好きなデニムを採用

  • 落語家・林家彦いちの袖形かばん

    デニムの名産地である岡山産の生地を使用。彦いちさんが愛してやまない素材なのだ。

  • 落語家・林家彦いちの袖形かばん

    彦いちさんのオリジナルマーク「でんでんこぶし」を牛革パッチに丁寧に型押しする。

ショルダーとクラッチの2WAYで使える!

  • 落語家・林家彦いちの袖形かばん

    取り出す頻度が高いスマートフォンと財布は、フロントに備えた専用ポケットにそれぞれ収納できる。

  • 落語家・林家彦いちの袖形かばん

    ショルダーベルトを取り外して小脇に抱えれば、流行りのクラッチバッグに早変わり。

特許構造ジェットグライドで
ベルトの長さを簡単調節

  • 落語家・林家彦いちの袖形かばん

    長めにしたショルダーストラップに身体を通したら、ジェットグライドのハンドルをグイッとつかむ。

    落語家・林家彦いちの袖形かばん
  • 落語家・林家彦いちの袖形かばん

    ジェットグライドのハンドルをそのまま下方向へ引っ張ると、ストラップがキュッと締まっていく。

  • 落語家・林家彦いちの袖形かばん

    アメリカ軍が採用する物資の規格であるミルスペックをクリアしたパラシュートコードを使用。

  • 落語家・林家彦いちの袖形かばん

    好みの長さでハンドルを離せば、袖形カバンがぴったり身体に密着。重さを感じず、軽快に歩ける。