小学館の総合通販サイトpalshop
【お知らせ】携帯キャリアの新料金プランをご検討中の方へ

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

【お知らせ】携帯キャリアの新料金プランをご検討中の方へ
「樽型スツール」販売中止と商品回収のお知らせ

一生モノ語り 大人の逸品

シチズン時計

CITIZEN「Eco-Drive One」

在庫 色柄/サイズ 価格

ピンクゴールド×ブラック

440,000 お気に入りに追加

ピンクゴールド×ホワイト

440,000 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

わずか2.98mmに先進技術を注ぎ込む

時計の本質とは何か。究めた結果たどりついたのは光発電機能を搭載する、美しく研ぎ澄まされた世界最薄(※)の腕時計

時計の国産化を目指して尽力

 確かな品質と高い機能性で世界中にファンを持つシチズン時計。その軌跡は絶え間ない探求と挑戦の連続だった。創業は大正7(1918)年。当時、時計は輸入に頼っていたが、銀座で貴金属商を営んでいた山崎亀吉が「国産の懐中時計を作りたい」と、東京・上戸塚(現在の新宿区高田馬場)に尚工舎時計研究所を設立。苦心して研究を重ね、大正13(1924)年に悲願の懐中時計を完成させた。初の製品は山崎と親交があった当時の東京市長・後藤新平が“永く広く市民に愛されるように”と願いを込めて「CITIZEN」(市民)と名付け、これが6年後、新社名としても採用された。
 同社は戦後も国産初の本格的電子腕時計や耐震装置を備えたモデルを世に送り出すなど、新たな技術の開発に挑み続けた。そうして昭和51年に世界初の太陽光発電時計が誕生し、その技術が進化して今や同社の基幹技術である『エコ・ドライブ』となった。
「エコ・ドライブは、文字板下に内蔵されたソーラーセルで光を電気に変換し、時計を動かす独自技術。『エコロジードライブ』の略で、“人・社会・環境にもずっと優しく、ずっと動き続ける”という意味が込められています。当時、時計は電池で動くクオーツ時計が主流。電池交換が手間で、使用済み電池は廃棄物となっていました。そこで環境に優しい時計を作ろうと、世界初の太陽光発電時計を開発したのです」と、開発営業部の加藤智行氏。
 以来、40年以上にわたる研究と技術開発でエコ・ドライブはより進化。ムーブメントの低消費電力化や正確に時を刻む精度、駆動時間などを追求し、腕時計の未来を切り拓いてきた。

薄さと強さを兼備した渾身の一本
 
 そんなエコ・ドライブの集大成が、今回紹介する『Eco-Drive One』だ。85個の部品を内包した光発電ムーブメントはわずか1mm、時計本体も2.98mmと、ともにアナログ式光発電時計としては世界最薄(※)。過度な機能や華美な装飾を極限まで削ぎ落とし、時計の美しさを限りなくシンプルに表現している。
「当社の時計づくりは部品製造から組み立てまで自社内で一貫製造する“マニュファクチュール”が基本。一つひとつの部品を強度を保ちながら極限まで薄く作り、それを緻密に組み立てる技術があるからこそ、薄さと強さを兼ね備えた時計を作ることができました」と、加藤氏は胸を張る。
 本品は一度のフル充電で約12か月駆動し、装着していることを忘れるほど軽く、腕にまとった際の心地よさも別格。まさに時計の本質を究めた銘品だ。

※2020年11月メーカー調べ
made in Japan
直径3.9×厚さ0.298cm(設計値)、約35g。対応手首回りは15~19cm。ケースはステンレス。ベゼルはサーメット。風防はサファイアガラス(クラリティ・コーティング)。バンドはワニ革。ムーブメントは光発電式クオーツ(フル充電で約12か月駆動。日常生活用防水。平均月差±15秒。過充電防止機能付き。メーカー保証3年(シチズンオーナーズサイト登録の場合)。日本製。

今年も頑張った自分へ捧げる 1年分のご褒美ギフト ちょっとぐらい贅沢してもいいんじゃない!?今年も頑張った自分へ捧げる 1年分のご褒美ギフト ちょっとぐらい贅沢してもいいんじゃない!?

3ミリ足らずの薄さに光発電機能を搭載する世界最薄の腕時計

その機能を説明するとすれば、「正確に時を刻み続けること」という短い文章で終わってしまう。引き算の美を追求し、時計本来の機能以外を削ぎ落とした姿は、何か腕時計とは別の存在に進化したように感じる。それがこのシチズンによる、世界で最も薄い腕時計「エコ・ドライブ ワン」である。
85個もの部品を1㎜の厚さに内包したムーブメントを持ち、ケースと合わせても時計本体の厚みは2.98㎜※という薄さ。重力とストレスからの解放である。まるで人と時計がひとつになったような感覚は、シャツの袖口に引っかかるものがないという、未知の装着感から実感できる。

その機能を説明するとすれば、「正確に時を刻み続けること」という短い文章で終わってしまう。引き算の美を追求し、時計本来の機能以外を削ぎ落とした姿は、何か腕時計とは別の存在に進化したように感じる。それがこのシチズンによる、世界で最も薄い腕時計「エコ・ドライブ ワン」である。85個もの部品を1㎜の厚さに内包したムーブメントを持ち、ケースと合わせても時計本体の厚みは2.98㎜※という薄さ。重力とストレスからの解放である。まるで人と時計がひとつになったような感覚は、シャツの袖口に引っかかるものがないという、未知の装着感から実感できる。

薄さと軽さ、そして正確に時を刻むという機能を身にまとう喜びをめざした「エコ・ドライブ ワン」。 ※アナログ式光発電腕時計として。2018年6月メーカー調べ。薄さと軽さ、そして正確に時を刻むという機能を身にまとう喜びをめざした「エコ・ドライブ ワン」。 ※アナログ式光発電腕時計として。2018年6月メーカー調べ。

1976年にシチズンが開発したエコ・ドライブは、太陽光だけでなく蛍光灯やデスクライトのわずかな光でも充電が可能となり、1度のフル充電で約12か月もの期間駆動するまでに進化。たとえ半年間、暗闇に置いておいても時を刻むのを止めない本品は、腕時計に必要だった電池交換という作業を消滅させた。すべての工程を自社内で一貫製造する「マニュファクチュール」で実現した、フラッグシップ機である。

1976年にシチズンが開発したエコ・ドライブは、太陽光だけでなく蛍光灯やデスクライトのわずかな光でも充電が可能となり、1度のフル充電で約12か月もの期間駆動するまでに進化。たとえ半年間、暗闇に置いておいても時を刻むのを止めない本品は、腕時計に必要だった電池交換という作業を消滅させた。すべての工程を自社内で一貫製造する「マニュファクチュール」で実現した、フラッグシップ機である。

極限まで薄さを追求することで未知の軽さと着用感を実現

85個もの部品を1㎜の厚さに内包した光発電ムーブメントは、アナログ式光発電時計としては世界最薄。一つひとつの部品を強度を保ちながら極限まで薄く作り、さらにそれを緻密に組み立てる工程は、それをすべて自社製造で行なう「マニュファクチュール」だからこそ実現した。

部屋に置いておくだけで充電される
電池交換不要なエコ・ドライブを搭載

1976年に世界で初めてシチズンが実装した、腕時計の光発電機能。光を受けることで内蔵されたソーラーセルが発電し、時計を駆動させる。腕時計にとっては当たり前だった電池交換は、自分で行なうのが難しい作業。これをなくすことに成功したのは、腕時計にとって事件と言える。太陽光だけでなく、蛍光灯などの人工的な光でも発電が可能だ。

極限までの薄さが感じさせる美しさと軽快な着用感

ケースを含めても2.98㎜※という薄さを実現。装着感は驚くほど軽く、シャツの袖口もすんなり通る異物感のなさ。まるで手首に時計がプリントされているような感覚すら覚える。多機能を追求するよりも、機能はシンプルに、腕時計としての着用感を見つめ直した一本である。

シチズンの光発電技術誕生から40年を経て開発されたフラッグシップモデル「エコ・ドライブ ワン」。過度な機能や華美な装飾とは無縁な、機能美だけが存在するデザインを貫く。