小学館の総合通販サイトpalshop
『西川貴教 五十而知天命 五十にして天命を知る』 追加注文予約のお知らせ

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

一生モノ語り 大人の逸品

伊田繊維

手つむぎ風遠州織羽織 大人の逸品 最新号掲載

在庫 色柄/サイズ 価格

濃紺

M

11,000 お気に入りに追加

濃紺

L

11,000 お気に入りに追加

濃紺

LL

11,000 お気に入りに追加

ネズ

M

11,000 お気に入りに追加

ネズ

L

11,000 お気に入りに追加

ネズ

LL

11,000 お気に入りに追加

M

11,000 お気に入りに追加

L

11,000 お気に入りに追加

LL

11,000 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

天然素材の風合いが優しい遠州織の羽織

和裁の技が随所に光る純国産の美しい仕立て

 日本有数の絹織物の産地、群馬県桐生市。繊維関連の会社や工場が点在するこの街で、とりわけ上質な作務衣を作り続けているのが伊田繊維である。兵児帯(男性用や子供用の柔らかい帯)を扱う伊田商店として昭和38(1963)年に開業。やがて作務衣や甚平なども手がけるようになった。代表取締役社長の伊田 茂さんは語る。
「着物に機能性を持たせた作務衣は、とにかく着心地が楽。前合わせでさっと着られる手軽さも魅力です。上着の紐を結んでもゆったりしているので、寒い日は下にセーターなどの重ね着もできます」
 同社の作務衣は和服の伝統に則った仕立ての美しさに定評がある。
「最近は、洋服のように前身頃と後ろ身頃を肩部分で縫い合わせた“肩ハギ”の作務衣が増えています。その点、弊社の作務衣は和裁の正統を大切に守っているので、着物同様、前身頃と後ろ身頃を一枚の布で仕立てます。そうすることで、肩がすっと落ちてきれいなシルエットになるのです」
 和装で重要視される襟の縫い付けも、糸目が見えないよう“落としミシン”という高度な技を用いる。また、ズボンのウエストは総ゴム仕様が多い中、同社の製品は前半分を紐、後ろ半分はゴムと使い分け、食べすぎても簡単に調整できる工夫がなされている。
「和服作りの技術を次世代に残したい。そんな思いから3年前、社屋の向かいに自社工場を新設し、毎年若い人を採用して技術の継承にも力を入れています」
 常に使う人の目線に立たねば、本当にいいものは生まれない――。それを信条とする同社は、地場産業の絹織物にこだわらず、綿、麻、絣、縮、デニムなど、それぞれの名産地で織られた生地も積極的に使う。ここに紹介する作務衣と羽織に用いられている綿100%の遠州織も、そのひとつだ。
「静岡県浜松市の機屋さんが織った本場の遠州織は、色落ちしにくく、先染めならではの手で紡いだような素朴な風合いが魅力です」
 厚手の生地ゆえ、秋冬を迎えるこれからの季節に最適。純国産を掲げる同社の自信作である。
手つむぎ風遠州織作務衣はこちら!
手つむぎ風遠州織羽織
made in Japan
約270g(Mサイズ)。表地は綿100%、裏地はポリエステル100%。左右ポケット×各1。洗濯は手洗いまたはドライクリーニング。日本製。
和裁の技が随所に光る純国産の美しい仕立て
400万年まえの”呼吸する土”に刻まれる職人の技術

中央は代表取締役社長の伊田茂さん、左は伊田さんの長男で専務の将晴さん、右は次男で工場長の悟さん。

日本有数の絹織物の産地、群馬県桐生市。繊維関連の会社や工場が点在するこの街で、とりわけ上質な作務衣を作り続けているのが伊田繊維である。兵児帯(男性用や子供用の柔らかい帯)を扱う伊田商店として昭和38(1963)年に開業。やがて作務衣や甚平なども手がけるようになった。代表取締役社長の伊田 茂さんは語る。
「着物に機能性を持たせた作務衣は、とにかく着心地が楽。前合わせでさっと着られる手軽さも魅力です。上着の紐を結んでもゆったりしているので、寒い日は下にセーターなどの重ね着もできます」
同社の作務衣は和服の伝統に則った仕立ての美しさに定評がある。
「最近は、洋服のように前身頃と後ろ身頃を肩部分で縫い合わせた“肩ハギ”の作務衣が増えています。その点、弊社の作務衣は和裁の正統を大切に守っているので、着物同様、前身頃と後ろ身頃を一枚の布で仕立てます。そうすることで、肩がすっと落ちてきれいなシルエットになるのです」
和装で重要視される襟の縫い付けも、糸目が見えないよう“落としミシン”という高度な技を用いる。また、ズボンのウエストは総ゴム仕様が多い中、同社の製品は前半分を紐、後ろ半分はゴムと使い分け、食べすぎても簡単に調整できる工夫がなされている。
「和服作りの技術を次世代に残したい。そんな思いから3年前、社屋の向かいに自社工場を新設し、毎年若い人を採用して技術の継承にも力を入れています」
常に使う人の目線に立たねば、本当にいいものは生まれない――。それを信条とする同社は、地場産業の絹織物にこだわらず、綿、麻、絣、縮、デニムなど、それぞれの名産地で織られた生地も積極的に使う。ここに紹介する作務衣と羽織に用いられている綿100%の遠州織も、そのひとつだ。
「静岡県浜松市の機屋さんが織った本場の遠州織は、色落ちしにくく、先染めならではの手で紡いだような素朴な風合いが魅力です」
厚手の生地ゆえ、秋冬を迎えるこれからの季節に最適。純国産を掲げる同社の自信作である。

  • *

    生産効率を上げるため3年前に導入した高性能裁断機。

  • *

    縫製を担当する若き職人。

*
*

江戸時代を起源とする遠州織。綿100%の天然素材で、手で紡いだような風合いだ。

*

格調高い和装を演出する羽織。作務衣だけでは少し寒いというときに、気軽に羽織れるので便利だ。