小学館の総合通販サイトpalshop
天候不良の影響に関して

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

天候不良の影響に関して

一生モノ語り 大人の逸品

ロングパイルウール
ロングパイルウール
ロングパイルウール
ロングパイルウール
ロングパイルウール
ロングパイルウール
ロングパイルウール
ロングパイルウール
ロングパイルウール

西川

ロングパイルウール

在庫 色柄/サイズ 価格

敷きパッド・シングル

22,000 お気に入りに追加

敷きパッド・セミダブル

27,500 お気に入りに追加

敷きパッド・ダブル

33,000 お気に入りに追加

ブランケット(シングル)

27,500 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

なめらかな毛足のロングパイルウールでひと晩中理想の睡眠空間に

 ベッドに入ったときのひんやり感とはもうさよなら。オーストラリア産の良質なメリノウールを使用した、毛足の長い敷きパッドとブランケットがあれば、床に入った瞬間からぬくぬくだ。
 ウールの繊維にはスケールと呼ばれる鱗状の構造がある。それが環境の変化に応じて開いたり閉じたりすることで温度や湿度を調節する。素材自体が生きて呼吸をしているように働くのだ。だから暖かいのはもちろん、蒸れたり暑すぎたりすることもなく、理想的な睡眠環境を作ってくれる。そのウールの特性を存分に活かした、ふかふかのボリューム感があるこちらの寝具は、老舗メーカー・西川による逸品。ウールなのに家庭で洗濯できるのもポイントだ。

 今回ご紹介するロングパイルウールの寝具は、大阪府泉大津市にある毛布専門の工場で作られている。ここでは「カールマイヤー」という特殊な編み機が使われている。つまり、この生地は“織り物”ではなく“編み物”なのである。特徴は、2枚の基布を編みながら同時にその間をパイル糸でつないでいく編み方にある。編み上がった2層の基布をつなぐパイル糸を真ん中でカットすると基布は1枚ずつに分かれ、パイル糸が毛足となって現れる。
 その後、毛足のない基布の裏側にも起毛を施す工程を加えて、両面にパイルがある状態にしている。

【ロングパイルウールの敷きパッドとブランケットができるまで】
 基布の地糸にはあえてポリエステルを使う。強度があり、加熱によって収縮するポリエステルの性質を活かして、ウールのパイル糸を抜けにくくしているのだ。
 工程はまだまだあるが、仕上げの段階で重要なのが「毛捌き」である。繊維をほぐしてふわふわの風合いを出す作業だ。機械で行なうが、その調整には職人の目と技が不可欠となる。さらに製造過程で防縮加工を施し、「ウールなのに家庭で洗える」という大きな特徴を実現した。
 寒い冬の眠りを、至福の時間に変える寝具には、こんなさまざまな技が詰まっているのだ。
made in Japan
【敷きパッド・シングル】
約縦205×横100cm、約1.8kg。

【敷きパッド・セミダブル】
約縦205×横120cm、約2.2kg。

【敷きパッド・ダブル】
約縦205×横140cm、約2.6kg。

敷きパッド・シングル、敷きパッド・セミダブル、敷きパッド・ダブルともに表面パイルはウール100%、地糸はポリエステル100%。裏面はポリエステル65%、綿35%。詰めものはポリエステル100%。洗濯機使用可(ネット使用)。色はベージュ。日本製。

【ブランケット(シングル)】
約縦200×横140cm、約1.8kg(シングルサイズ)。パイル糸(毛羽部分)はウール100%、地糸はポリエステル100%。洗濯機使用可(ネット使用)。色はベージュ。日本製。

※敷きパッド・シングル、敷きパッド・セミダブル、敷きパッド・ダブルは、使用中や洗濯中に毛羽が抜けることがありますが、機能的には問題ありません。
※ブランケット(シングル)は、使用中や洗濯中に毛羽が出たり毛玉ができた場合はブラシをかけていただくことをおすすめします。
なめらかな毛足の ロングパイルウールで ひと晩中理想の睡眠空間に なめらかな毛足の ロングパイルウールで ひと晩中理想の睡眠空間に

ベッドに入ったときのひんやり感とはもうさよなら。オーストラリア産の良質なメリノウールを使用した、毛足の長い敷きパッドとブランケットがあれば、床に入った瞬間からぬくぬくだ。
ウールの繊維にはスケールと呼ばれる鱗状の構造がある。それが環境の変化に応じて開いたり閉じたりすることで温度や湿度を調節する。素材自体が生きて呼吸をしているように働くのだ。だから暖かいのはもちろん、蒸れたり暑すぎたりすることもなく、理想的な睡眠環境を作ってくれる。そのウールの特性を存分に活かした、ふかふかのボリューム感があるこちらの寝具は、老舗メーカー・西川による逸品。ウールなのに家庭で洗濯できるのもポイントだ。

  • 敷きパッド 敷きパッド

    たっぷりした厚みがある贅沢な敷きパッドは3サイズ用意した。肌に当たる毛足の部分は100%ウール。四隅にゴムバンドが付くので寝返りを打ってもずれにくい。
  • 羊の毛皮のようななめらかさとボリューム感がある、しなやかなブランケット。家庭で洗えるので、カバーをかけずにこの柔らかな感触を楽しんでいただきたい。
  • ロングパイルウールの 敷きパッドとブランケットができるまで ロングパイルウールの 敷きパッドとブランケットができるまで

    今回ご紹介するロングパイルウールの寝具は、大阪府泉大津市にある毛布専門の工場で作られている。ここでは「カールマイヤー」という特殊な編み機が使われている。つまり、 この生地は〝織り物〟ではなく〝編み物〟なのである。特徴は、2枚の基布を編みながら同時にその間をパイル糸でつないでいく編み方にある。編み上がった2層の基布をつなぐパイル糸を真ん中でカットすると基布は1枚ずつに分かれ、パイル糸が毛足となって現れる。
  • ヘブンリーヘラクレス ヘブンリーヘラクレス

    製品を編むカールマイヤー機。毛足の長い毛布にはこの編み機が必要になる。毛足の長さも自由に設定できる。
  • その後、毛足のない基布の裏側にも起毛を施す工程を加えて、両面にパイルがある状態にしている。
    基布の地糸にはあえてポリエステルを使う。強度があり、加熱によって収縮するポリエステルの性質を活かして、ウールのパイル糸を抜けにくくしているのだ。
    工程はまだまだあるが、仕上げの段階で重要なのが「毛捌き」である。繊維をほぐしてふわふわの風合いを出す作業だ。機械で行なうが、その調整には職人の目と技が不可欠となる。さらに製造過程で防縮加工を施し、 「ウールなのに家庭で洗える」という大きな特徴を実現した。
    寒い冬の眠りを、至福の時間に変える寝具には、こんなさまざまな技が詰まっているのだ。
  • 2枚の基布の間にパイル糸を交差させる「編み立て」の工程。コンピューターで制御されたセットを職人がチェックする。
    毛布の洗浄・乾燥後、櫛状になったローラーで繊維をほぐして風合いを出す「毛捌き」 。職人の目と技が重要となる。
  • ウールと綿の、吸湿量の推移を比較した実験結果。ウールは綿と比較しても吸湿機能が高く、汗による冷えを防いで、長い時間快適な状態を保ってくれる。