小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

一生モノ語り 大人の逸品

インテリア浮世絵

昇斎一景の風景画「東京名所四十八景」築地ホテル館

在庫 色柄/サイズ 価格

39,600 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

文明開化の香りたっぷり!明治時代のモダンな浮世絵をインテリアに

 江戸時代、その時々の流行や人々の関心事を描いてきた浮世絵ですが、明治維新とともに急速に変貌を遂げた江戸の町や人も、浮世絵の格好の題材になりました。
 鉄道が敷かれ、馬車や車が走り、西洋式のホテルが開業し、洋装を楽しんだ明治時代。その様子を伝えたのも浮世絵で、東京や横浜、長崎だけでなく、日本中が浮世絵を通して文明開化を体現しました。
 今回販売する“インテリア浮世絵”は、明治時代に活躍した絵師の浮世絵版画を、シンプルな木製の額縁で仕立てた3点。ボタニカル・アートのような雰囲気をもつ今尾景年の「景年画譜」、江戸名物を知らせる豊原国周の鰻屋と美人、日本初のホテルを描いた昇斎一景の「東京名所四十八景」。どれも気軽に飾って楽しんでいただける逸品です。
 明治3年から7年(1870~74)と作画期が短く、歌川広重の門人説もあるが、本名や生没年不詳という謎の絵師・昇斎一景。明治初期の風景や風俗を描き、「東京名所四十八景」は代表作。築地ホテル館は幕末に開業した日本初の本格的な西洋風ホテル。
made in Japan
限定数 1

浮世絵は約36×23.5cm。紙。明治4年(1871)製。版元は蔦屋吉蔵。額:約44×36.4×2.5cm。竿幅1.2cm。総重量1kg。額は木製(アルダー材)、カバーはアクリル(押し出し2mm)、青紙べニヤ。吊り金具、吊り紐付属。日本製。

※浮世絵は明治時代の印刷物現品のため、一部にキズ、虫穴、皺、紙ヤケなどの経年劣化がございます。ご了承のうえお求めください。一点もののため、返品交換は不可。

大人の逸品 人気ランキング