小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

一生モノ語り 大人の逸品

小学館イマージュ

川合玉堂「溪村春雨」

在庫 色柄/サイズ 価格

額装

132,000 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

玉堂の詩情あふれる筆致で描かれたかけがえのない日本の風景

【墨と色彩の調和――。玉堂芸術の粋がここに極まる。】
 近代日本画史上でも不朽の名作として名高い「彩雨」。その同じ情景をしっとりと春雨に濡れる山里の早春の風景として描いた玉堂画伯のもう一つの原風景『溪村春雨』。
 筧を流れる水を受けて回る水車。そして、春の訪れをつげる山桜と色鮮やかな若葉・・・。玉堂画伯であればこそ到達し得た情緒あふれる詩画一致の世界。誰もがなつかしさを覚える日本の春がそこに広がる。自然の風景をありのままの姿で写し取るように描かれ、まるで、そこに込められた画伯の心情が心にしみわたってくるようだ。また、傘をさし、家路を急ぐ二人の農婦の姿が活写されており、自然の中に暮らす人々の営みが垣間見え、同時に画伯が人々に向ける愛情までもが感じられる。
 日本画壇の巨匠が描いた、かけがえのない風景をお手許でご鑑賞いただきたい。

【著作権者による正式な許可・監修と所蔵館の特別認定のもとに制作された限定美術品。】
 作品の一点一点には、監修者であり玉堂画伯の著作権継承者である川合マサエ氏の許可印と限定番号入りの証書、そして、原画を所蔵する水野美術館の検印が付される(額装は額裏に、軸装は桐箱の蓋裏にそれぞれ貼付)。
 これにより本作品が著作権者の正式な許可・監修と、所蔵館の特別の認定を受けて複製された限定美術品であることを証明する。
 このような厳密な監修と許可のもと、初めて制作された『溪村春雨』は、稀少の限定美術品として、その芸術的価値を末永く将来にわたってお楽しみいただけることだろう。

【重厚感あふれる雰囲気が、玄関やリビングにもふさわしい額装。】
 玄関先やリビング、会社のロビーなど、場所を問わずに、様々な空間を彩る逸品として鑑賞いただける額装。作品との調和を第一に考え、本作品のために新たに制作された特注の和額は、作品のやわらかな色彩とあいまって、画格にふさわしい、この上なく上品な雰囲気を醸し出してくれる。額裏には、日展会友の書家による題字を写した「題簽(だいせん)」を貼付。また作品は、堅牢なタトウ箱に納めてお届けする。

【原本にならった落ち着いた色合いで床の間や和室に調和する軸装。】
 原本の表装の趣に合わせて落ち着いた色合いで制作された軸装。その典雅な雰囲気は、和室や床の間などの格式ある空間にお掛けいただくことで、より一層、作品が引き立つ。また、表装は、最高級の裂地を使用し、一流の表具師により一幅一幅を丹念に仕立て上げたオリジナル品だ。題字をシルクスクリーンで印字した柾目桐箱入りで、作品を傷めることなく保存でき、いつまでも最良の状態で作品を鑑賞いただける。

【川合玉堂・かわいぎょくどう(1873年~1957年)】
 1873年、愛知県に生まれる。わずか17歳にして、第三回内国勧業博覧会に出品した作品が入選を果たし、京都画壇に華々しいデビューを飾った。日本の風景を詩情豊かに描き続けた一方、文展審査員や東京美術学校(現・東京芸大)教授なども歴任。そして1940年、『彩雨』を皇紀二六〇〇年奉祝展に出品し、文化勲章を受章。1942年、本作品「溪村春雨」を制作。1944年、疎開先の奥多摩の御岳(みたけ)に移り、みずから「偶庵(ぐあん)」と称した画室を終の住処とした。その豊かな自然は、玉堂の創作意欲をさらに高め、数々の名作を生み出していった。かつて日本に見られた風景を抒情的に描いた作品は、郷愁をさそい、今もなお、人々の心を捉えて離さない。万人が共感できる日本の自然と生活を描いたことで「国民的画家」とも称される。83歳で逝去。
made in Japan
【額装】約縦69.0×横81.0×厚さ4.0cm、約3.5kg。額縁は濃茶色特製和額(面金仕上げ)、高平面アクリルガラス。布マット(銀モール仕上げ)。吊り金具付き。タトウ箱(黄袋入り)。
【軸装】約縦144.0×横78.0cm。三段表装。上・下は薄利休茶地宝冠牡丹文緞子。中廻しは薄木枯茶色地二重牡丹唐草遠州。風帯・一文字は牙色地小花文金襴。軸先は牙代用頭切。柾目桐箱、タトウ箱付き。
ともに画寸は約縦48.0×横60.0cm(原画の約68%大)。復刻技法はデジタル・プリンティング・アート(超微粒子転写方式)、シルクスクリーン併用。用紙は絹本代用布地。証明は監修者・川合マサエ氏の許可印・限定番号入り証明書、所蔵館・水野美術館検印。限定480部。日本製。

※掲載しております所属や肩書は発刊当時のものになります。
※商品の仕様は予告なく変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。