小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

一生モノ語り 大人の逸品

アサヒシューズ

トップドライ

在庫 色柄/サイズ 価格

ブラック

24.5cm

19,800 お気に入りに追加

ブラック

25.0cm

19,800 お気に入りに追加

ブラック

25.5cm

19,800 お気に入りに追加
×

ブラック

26.0cm

19,800 SOLD OUT お気に入りに追加

ブラック

26.5cm

19,800 お気に入りに追加

ブラック

27.0cm

19,800 お気に入りに追加

ダークブラウン

24.5cm

19,800 お気に入りに追加

ダークブラウン

25.0cm

19,800 お気に入りに追加

ダークブラウン

25.5cm

19,800 お気に入りに追加

ダークブラウン

26.0cm

19,800 お気に入りに追加

ダークブラウン

26.5cm

19,800 お気に入りに追加

ダークブラウン

27.0cm

19,800 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

防水防滑の快適な一足で雨雪対策をスマートに

希少な製法で魅せる、国産防水シューズの真髄

 日本を代表する靴やタイヤのメーカーが軒を連ねる「ゴムの街」、福岡県久留米市。この地に明治25(1892)年の創業時から本社を構えるアサヒシューズは、かつて足袋にゴム底を貼り付けた地下足袋を発明し、靴業界の基盤を作った歴史を持つ。今も「アサヒ靴」の愛称で親しまれる同社の靴は、約60万人分の足形データを基に追求した履き心地に加え、健康と快適さに配慮した作りが魅力である。そんなアサヒシューズが手がける雨靴は、やはりひと味違う。
「どんな状態の路面でも滑りにくく、靴の中が濡れないのはもちろん、常にドライな状態に保つのが理想の雨靴と考えました。そこで出会ったのが『ゴアテックス メンブレン』という素材です」と、商品企画部長の塚本栄治さんは語る。
 ゴアテックス メンブレンは、水滴より小さく水蒸気より大きな孔が無数に空いている。その孔が雨の浸入を防ぎつつ、水蒸気を外へ逃がして靴内を快適な環境に保つ。
 靴の成形は「PUインジェクション製法」という、国内で3社ほどしか採用していない高度な製法で行なう。アッパーにソールの金型をセットし、ソールの成形とアッパーへの接着を同時に行なうため、隙間なくしっかりと密着して高い防水性が実現する。
 ソールには2つの特殊素材を採用し、さまざまな路面状態に対応。ガラス繊維を路面に対して垂直に組み込んだ「ミラクルウェーブソール」は、雪道で強力なグリップ力を発揮。「マルチファイバーソールⅡ」は、排水性と耐滑性にも優れている。
 これらの優れた機能が、スエード調でシックな色みのしゃれた靴に備わっているのだから驚きだ。「目指したのは全天候型の靴。雨が急にやんでも堂々と履いていただけるよう、雨靴らしくないデザインを意識しました」(塚本さん)。
 天候の変化が激しいこの国で、防水靴は必需品。本品は身だしなみにも気を配りたいという我儘にも応えてくれる、懐深い靴である。
made in Japan
380g(25.5cm片足)。足幅は4E。アッパーは人工皮革(起毛)。ソールはポリウレタンとラバー。日本製。

※室内での試し履き以外の返品不可。
※GORE-TEX、ゴアテックス、GUARANTEED TO KEEP YOU DRY™、GORE®はW.L.Gore&Associatesの商標です。

トップドライ

普段履きで使える大雨・
大雪対策ブーツ

普段履きで使える大雨・大雪対策ブーツ
 ゲリラ豪雨や突然の大雪など、天気予報は目まぐるしく変わり、朝の情報だけでは天気の崩れに対応できないことも多い。それならば、普段から備えておくのも手だ。
 一見しておしゃれでカジュアルなこのスエード調ブーツは、じつは防水透湿素材「ゴアテックス®」を採用した防水ブーツ。水の浸入を防ぐだけでなく、シューズ内の湿気を外に排出してくれるので、悪天候はもちろん、雨が降らなくたってその履き心地を満喫できる。
 また雨に濡れたアスファルトや雪氷にもグリップ力を発揮する「ミラクルウェーブソール」も、悪路での安全歩行にひと役買ってくれる。
ゴアテックス®ファブリクスとは?
外からの水は遮断し、内側からは水蒸気を外に逃がすという機能素材。アウトドア用品に革命をもたらし、さまざまな分野に応用されている。

カートへGO

POINTS

POINT 1

水が浸入しやすいアッパーとソールの接着部分を一体化させて防水性を確保。縫い目は「ゴアシーム®テープ」で塞ぐ。

POINT 2

グレー部分が高いグリップ力を誇る「ミラクルウェーブソール」。

POINT 3

スエード調アッパーの下に「ゴアテックス メンブレン」素材を配置。冬の冷たい雨や雪の浸入を防ぎ、蒸れを発散する。

POINT 4

外見はクラシカルでスマートなビジカジシューズ。
実は完全防水機能を持ち、悪天候にも対応してくれる。

カートへGO

COLUMN

COLUMN1

筑後川沿いに広がる工場。昭和10年ごろには7000人もの人たちが勤務した。

国内での一貫生産にこだわる理由

 雨や雪の日に履く靴といえば、従来はゴム製のブーツと決まっていた。そんな常識を覆したのが、ゴアテックス内蔵のタウンシューズ『トップドライ』だ。高い防水性を持ち、蒸れによる不快感も少ない。軽快でファッション性も高いことから、雨の日の通勤や街歩き用の靴として、新定番のポジションを独占しつつある人気商品である。
 製造元のアサヒコーポレーションは、足袋の仕立屋として明治25年に創業。足袋の底にゴムを貼った地下足袋を考案したことを足掛かりに、日本有数の靴メーカーへ成長した。お家芸である縫製とソールのゴム技術に加え、それらを完璧に密着する発泡ポリウレタンの射出成型技術でも、他の追随を許さない。
 日本に流通する靴の9割は今や輸入品や海外委託製品だが、同社は頑ななまでに福岡県久留米市にある自社工場での生産にこだわる。
 「技術は財産ですし、手もとにあってこそ磨きを加えることができます。歴史ある企業には、地域の雇用を守る義務もありますから」(廣田知文工場長)

COLUMN
ゴアテックスを挟み込んだアッパー部とゴムのソールを金型に固定し、発泡ポリウレタンを射出して一体化。膨張力で密着性を高め、水の浸入を防ぐ。
どのセクションにも、この道40~50年のベテラン職人がいる。定年後も再雇用され技術継承に貢献。

全製品に適用される防水検査

 こうした企業姿勢と技術力が評価され、アサヒコーポレーションはドイツにてゴア社より記念表彰を受けた。また工程には自社基準だけでなく、日本ゴア社の定める厳しい検査がいくつもある。問題が起こることはまずないが万が一に備え新商品はすべてに水を入れ、防水検査を行なう。
 雨の日には多くの社員がトップドライを履いて通勤する。それは自分たちの技術の確かさをあらためて実感する日でもあるという。

COLUMN
パーツを縫い合わせた後はすべての縫い目にゴアテックスの目止めテープを圧着。圧着用のマシンは日本ゴア社からの貸与品だ。トップドライシリーズは、製品に直接水を入れ防水性を確認する。

COLOR

  • ブラック

    ブラック

  • ダークブラウン

    ダークブラウン

  •  

大人の逸品 人気ランキング