小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

一生モノ語り 大人の逸品

アンジェリカ

ウールジップ カーディー

在庫 色柄/サイズ 価格

×

デザートローズ

M

14,520 SOLD OUT お気に入りに追加

デザートローズ

L

14,520 お気に入りに追加

デザートローズ

LL

14,520 お気に入りに追加
×

パープル

M

14,520 SOLD OUT お気に入りに追加

パープル

L

14,520 お気に入りに追加

パープル

LL

14,520 お気に入りに追加

ブラック

M

14,520 お気に入りに追加

ブラック

L

14,520 お気に入りに追加

ブラック

LL

14,520 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

多機能素材の天然ウールが心地よい

「Junko Tabei®」定番の商品としてご紹介したいのが、天然素材のウールを100%使用したこちら。吸湿性・放湿性・保温性に優れており、冬は暖かく、夏には涼しい。ウールなのに驚くほど薄く、なめらかだ。
 ファスナー付きポケットや丁寧なステッチ、ロゴマークがポイントとして生きている。首まわりはハイネックになっており、寒暖差の激しい時季の羽織りに重宝する。

田部井淳子オリジナルブランド「Junko Tabei®」の世界

 近年、高機能性と着心地のよさで注目が集まるアウトドアウェア。とりわけ、女性向けアウトドアウェアの先駆けともいえる「JunkoTabei®」は、登山家・田部井淳子さんのオリジナルブランドとして平成10年(1998)に創立。「素材のよいアウトドアウェアを山でも街でもおしゃれに着たい」との願いから誕生した。

女性で初のエベレスト登頂

 昭和50年(1975)に世界最高峰のエベレスト登頂に成功した田部井さんは、世界初の女性登頂者としてその名を馳せた。さらに、平成4年(1992)には7大陸最高峰登頂も達成している。晩年は闘病しながらも、東日本大震災の復興応援として東北の高校生との富士登山プロジェクトに力を注いだ。平成28年(2016)、同プロジェクトで富士山の元祖七合目まで登り、頂上へ向かう高校生たちを送り出したのが、人生最後の登山となった。同年、77歳で亡くなるまで、登山の素晴らしさを伝え続けたのである。

渾身のオリジナル素材開発

「Junko Tabei®」を手がけるのは、一貫して日本製の服を作り続けるアンジェリカ。かつて、アウトドア業界では、女性は男性用の小さいサイズを着るのが一般的で、デザインも定番のものばかりだったという。しかし、アンジェリカでは時代に先駆け、タックやギャザーの入った女性向けのアウトドアウェアに着手。それが田部井さんの目に留まり、ともに女性のためのアウトドアウェアを開発することになった。
 こだわったのは、何よりも素材のよさ。山の厳しい環境下でも快適に過ごせるようにと、高性能なオリジナル生地を開発。オールシーズン着用できる天然ウールのシャツなど、さまざまな人気アイテムを生み出した。
 さらに、ものを落としにくいファスナーポケットや小物を出し入れしやすい胸ポケットの採用など、使い勝手のよさも魅力である。
 田部井さんが何度も試着を重ねて完成させた品々は、快適で心地よい、女性のための逸品である。
ウールジップ カーディー
made in Japan
ウール100%(メリノウール)。ファスナー式開閉(全開)。左右ファスナーポケット×各1。紫外線遮蔽率90%以上(一般財団法人ケケン試験認証センター調べ)。洗濯は手洗い。日本製。
多機能素材の 天然ウールが 心地よい

「Junko Tabei®」定番の商品としてご紹介したいのが、天然素材のウールを100%使用したこちら。吸湿性・放湿性・保温性に優れており、冬は暖かく、夏には涼しい。ウールなのに驚くほど薄く、なめらかだ。
ファスナー付きポケットや丁寧なステッチ、ロゴマークがポイントとして生きている。首まわりはハイネックになっており、寒暖差の激しい時季の羽織りに重宝する。

  • ウールとは思えない薄い生地。素材のよさを最大限に活かした。

    ウールとは思えない薄い生地。素材のよさを最大限に活かした。
  • 背面にはワンラインのステッチが施されている。日本製ならではの繊細さが光る。

    背面にはワンラインのステッチが施されている。日本製ならではの繊細さが光る。
  • プルオーバーのように閉じて一枚で着てもインナーの上からさらりと羽織ってもよい。

  • プルオーバーのように閉じて一枚で着てもインナーの上からさらりと羽織ってもよい。

田部井淳子オリジナルブランド「Junko Tabei®」の世界

登山家の田部井淳子さん
(1939~2016)。
生涯76か国の最高峰・最高地点の登頂に成功。女性が登山をする新しい時代を築いた。

近年、高機能性と着心地のよさで注目が集まるアウトドアウェア。とりわけ、女性向けアウトドアウェアの先駆けともいえる「Junko Tabei®」は、登山家・田部井淳子さんのオリジナルブランドとして平成10年(1998)に創立。「素材のよいアウトドアウェアを山でも街でもおしゃれに着たい」との願いから誕生した。

女性で初のエベレスト登頂昭和50年(1975)に世界最高峰のエベレスト登頂に成功した田部井さんは、世界初の女性登頂者としてその名を馳せた。さらに、平成4年(1992)には7大陸最高峰登頂も達成している。晩年は闘病しながらも、東日本大震災の復興応援として東北の高校生との富士登山プロジェクトに力を注いだ。平成28年(2016)、同プロジェクトで富士山の元祖七合目まで登り、頂上へ向かう高校生たちを送り出したのが、人生最後の登山となった。同年、77歳で亡くなるまで、登山の素晴らしさを伝え続けたのである。

  • エベレストの頂上に立つ田部井さん。エベレスト日本女子登山隊 副隊長兼登攀隊長として挑み、見事に女性初の登頂を果たした。

    エベレストの頂上に立つ田部井さん。エベレスト日本女子登山隊 副隊長兼登攀隊長として挑み、見事に女性初の登頂を果たした。
  • 平成4年にオセアニア大陸最高峰のカルステンツ・ピラミッド(4884m)の頂上で笑顔を見せる田部井さん。

    平成4年にオセアニア大陸最高峰のカルステンツ・ピラミッド(4884m)の頂上で笑顔を見せる田部井さん。
  • 東日本大震災の復興応援プロジェクトで東北の高校生と富士登山。「一歩一歩あきらめなければ夢は叶う」と子供たちを励ました。

  • 東日本大震災の復興応援プロジェクトで東北の高校生と富士登山。「一歩一歩あきらめなければ夢は叶う」と子供たちを励ました。

渾身のオリジナル素材開発「Junko Tabei®」を手がけるのは、一貫して日本製の服を作り続けるアンジェリカ。かつて、アウトドア業界では、女性は男性用の小さいサイズを着るのが一般的で、デザインも定番のものばかりだったという。しかし、アンジェリカでは時代に先駆け、タックやギャザーの入った女性向けのアウトドアウェアに着手。それが田部井さんの目に留まり、ともに女性のためのアウトドアウェアを開発することになった。
こだわったのは、何よりも素材のよさ。山の厳しい環境下でも快適に過ごせるようにと、高性能なオリジナル生地を開発。オールシーズン着用できる天然ウールのシャツなど、さまざまな人気アイテムを生み出した。
さらに、ものを落としにくいファスナーポケットや小物を出し入れしやすい胸ポケットの採用など、使い勝手のよさも魅力である。
田部井さんが何度も試着を重ねて完成させた品々は、快適で心地よい、女性のための逸品である。

  • 制作でカラーの決定をする様子。女性の顔が華やぐ、明るいカラーを取り入れている。

    制作でカラーの決定をする様子。女性の顔が華やぐ、明るいカラーを取り入れている。
  • ブランドのロゴマークの女性は田部井さん自身。エプロンを外して山に繰り出す女性の象徴だ。

    ブランドのロゴマークの女性は田部井さん自身。エプロンを外して山に繰り出す女性の象徴だ。