小学館の総合通販サイトpalshop

大人の逸品Blog

那須野浩 米沢織ストール

カテゴリ | メイドインニッポン紀行

2015/3/13

那須野浩 米沢織ストール

東北で発見した「ハイブランドも認める」世界一のシルクストール

 マフラーを巻くほどでもないけれど、朝夕はまだ首周りが少し寒い。そんな春先のファッションアイテムとして、薄く軽やかなシルクのストールが年齢や性別を超えて人気である。
 その代表的な産地が山形県米沢市だ。米沢といえば、大胆な行財政改革と殖産振興で破綻寸前の藩を立て直し、稀代の名君と呼ばれた上杉鷹山の領地。絹織物も鷹山公の起こした産業だ。明治以降は洋服地、スカーフ生地と多様化していくが、変わらないことがひとつだけあった。
 それは旧城下に紡糸、染色、織りなどの職人が居住し、地域一丸で製品を作り上げるという仕事の流儀だ。その協働の象徴が先染めである。原糸の段階で染色し、織りで色柄を表現する技法で、底艶のある色が魅力だが、職人どうしの気脈が通じていないとねらった色は出せない。
 ある織物問屋はこう語る。
「異なる領域の職人が顔を合わせて膝詰めで議論する。鷹山公時代のモノづくりの気風と環境は、今も生きています」
 米沢でストールが生産され始めたのは四半世紀前。当初はまったく売れなかったそうだが、やがて社会の風が変わり始めた。表面的な美しさから、本質を見据える時代に入ったのだ。頑固という言葉そのままの職人魂が生み出す織りの美には、今や海外の有名ブランドも一目置く。
  • 那須野浩 米沢織ストール

    緯糸の張りと動きを調整中。「絹糸は湿度次第で伸びたり縮んだりするので、糸と機械の両方の機嫌をみて毎日微調整しないとだめ」

  • 那須野浩 米沢織ストール

    緯糸を通すシャトルの内側に貼られているブレーキパッドはリスの毛皮。絶妙なテンションで生地の織り上がりを均一化する。

  • 那須野浩 米沢織ストール

    頑固な職人の多い米沢でも、研究熱心さで一、二を争う。新しい糸を開発した大手メーカーからもたびたび試し織りを依頼された。

  • 那須野浩 米沢織ストール

    昭和35年に導入したアナログ織機は現役。「時代遅れだけど、緯糸を暖かくくるむような、味のある織りが表現できるんだ」

  • 那須野浩 米沢織ストール

    手がけた織りのサンプルは、膨大なファイルに記録。「常に新しいことに挑戦したい。その点、ストールは面白い。まだ表現の幅があるよ」

  • 那須野浩 米沢織ストール

    兄弟で切り盛りしてきた工房だが、高齢化のため事業分割。現在は奥さんの桂子さんと二人三脚でストールを中心に手がける。

あわせて読みたい