小学館の総合通販サイトpalshop

大人の逸品Blog

モンゴルの 大自然が 育んだ温もり”無染色カシミヤを求めて”

カテゴリ | 逸品アカデミー~素材編~

2013/11/8

モンゴルの 大自然が 育んだ温もり”無染色カシミヤを求めて”

「繊維の宝石」と呼ばれ、極上の温もりを与えてくれる希少な素材 "カシミヤ"。

大自然が広がり、寒暑が厳しいモンゴル。
この地は世界の70%にも及ぶカシミヤの生産地として名高い。
本誌では自然な風合いを生かした良質なセーターを求め、モンゴルの大自然に行きついた。

「繊維の宝石」と呼ばれ、極上の温もりを与えてくれる希少な素材 "カシミヤ"。



カシミヤの生育地は中国、モン ゴル、イランなど寒暑の厳しい山岳地で、中でも内モンゴル(中華 人民共和国)自治区産が良質とさ れる。



この地は草原や砂漠のみが広がり、夏は40度、冬はマイナス35度前後になるほど自然環境が厳しい。



しかしながら、世界の約 70 %のカシミヤが生産され、原料か ら製造まで一括で管理できる体制 が整っている土地である。



本誌はこの夏、大手百貨店やセレクトショップのカシミヤ商品のOEM製作を多く手がけるフロ29の竹尾氏と出会った。
  • モンゴルの 大自然が 育んだ温もり”無染色カシミヤを求めて”

    フロム 29 代表 竹尾純司さん
    アパレル企画会社を退職後、カシミヤ専門会 社で企画から生産管理に携わり独立。多数の 取引先のカシミヤ製品を手掛けている。

  • モンゴルの 大自然が 育んだ温もり”無染色カシミヤを求めて”

    よって極めて細く、やわらかく、独特の光沢がある。



    1着のセーターを作るには4頭分の産毛が必要。その産毛を刈り取ってからセーターができるまで、なんと半年以上もかかる。

  • モンゴルの 大自然が 育んだ温もり”無染色カシミヤを求めて”

    長く、根気のいる作業が続くのだ。 今回紹介するカウチンセーターはこのカシミヤを無染色で仕上げたもの。



    「化学染料をいっさい使わず、天然の色を生かした人と環境に優しい商品です。着心地や暖 かさも抜群です。着用して素晴ら しさを感じてほしいですね」

  • モンゴルの 大自然が 育んだ温もり”無染色カシミヤを求めて”

    カシミヤ・カウチンセーター

あわせて読みたい