小学館の総合通販サイトpalshop

大人の逸品Blog

ビクトリノックスの歴史

カテゴリ | 逸品アカデミー~ブランド編~

2013/9/10

ビクトリノックスの歴史

自らの商品力で勝ち得た「スイス軍制式採用」

スイスアーミーナイフの代名詞、「ビクトリノックス」。その歴史を知るには、19世紀にまでさかのぼらねばならない。
1860年、のちにビクトリノックスを立ち上げることになる創業者、カール・エルズナーは、スイスのほぼ中央、シュビッツ州イーバッハという小さな村に生まれる。

創業者カール・エルズナー。10代からドイツやフランスで刃物職人の修行をしたのちに独立。

これといった産業のない村で、しかも四男という立場上、家業の帽子工場を継ぐわけにもいかない。
そこで彼がチョイスしたのは、刃物職人として手に職をつけること。
ドイツのツットリンゲンをはじめ、フランスでも修行をしたエルズナーは、1884年に故郷へ戻り自らの工房を開設。この工房こそが、ビクトリノックスの起源となったのである。
  • ビクトリノックスの歴史

    創業当時の社屋

  • ビクトリノックスの歴史

    今日のビクトリノックスの原点ともいえる、「ファースト・ソルジャーナイフ」。ハンドルには黒檀を使用していた。

  • ビクトリノックスの歴史

    スイス国旗と楯がモチーフの「クロスアンドシールド」は、1909年から使われているトレードマークだ。

  • ビクトリノックスの歴史

    「高品質な製品を作り続けること。それがわれわれの使命です」(創業者のひ孫に当たる4代目社長、カール・エルズナー)

  • ビクトリノックスの歴史

    創業125周年を記念した超プレミアムモデル!を『大人の逸品』で限定発売!

Victorinox
ビクトリノックスの商品一覧はこちら

あわせて読みたい