小学館の総合通販サイトpalshop

大人の逸品Blog

「男の十年財布」が完成

カテゴリ | 徹底取材!この商品が本当にオススメな理由

2014/9/10

「男の十年財布」が完成

十年使える仕様を追求し、大人が持つにふさわしい財布を共同製作

自分の人生の一部として、愛着をずっと感じられる存在。それこそ「男の十年財布」のコンセプト。
日々の仕事で財布に携わる3人の思いを結集した、ひとつの財布が完成した。

“長く使えるモノ”への探究心から生まれた財布
  • 「男の十年財布」が完成

    3人の思いが1つの財布に結実!

    五十嵐 きっかけは「長く使い続けられる財布とは何だろう?」という雑談でしたね。

    伊勢路 結論は、単なる耐久性だけではなく、財布が持つ「ストーリー」が大事ということでした。「男の書斎」に来られるお客様は常にそれを求めている。

    山田 この財布は弊社の職人でしか作れないものです。この"コバ"の曲線美は、革をカンナで丸く削り、染料を入れて何度も磨くという手間をかけて、ようやく生み出されています。「どうやって作っているの?」と同業者にも驚かれますが、それは外注をせずに自社で職人を抱え、熟練を重ねた結果、生み出すことができた製法なので、ほかには真似できません。

    五十嵐 革の堅牢さにも自信アリ、ですよね。

    山田 財布は革が命。使用した牛革は、140年の歴史を誇るベルギーのタンナーでなめされた革です。人の命を預かる馬の鞍にも使われるほど、堅牢度が高いんです。

    伊勢路 私は自分でもワイルドスワンズを使っていますが、「それ、いい財布ですね」と言われると、
    まさに山田さんが今話したことを説明できるので嬉しくなります。何か語れる「ストーリー」があるというのは、所有者の満足になり、それは末永い愛着を生み出します。

    五十嵐 サイズについても、1から吟味しましたよね。

    伊勢路 ここ数年は長財布ブームと言われてますが、お店ではコンパクトな財布には確実なファンがいるという印象です。

    山田 小さな財布は流行りすたりがない。それも長く使える理由のひとつです。

    五十嵐 僕のような"尻ポケット派"はいつの時代も不滅です(笑)。

  • 「男の十年財布」が完成
  • 「男の十年財布」が完成

あわせて読みたい