小学館の総合通販サイトpalshop

大人の逸品Blog

お金を仕舞うただそれだけのために魂を削る財布イノベーションのエジソン

カテゴリ | 徹底取材!この商品が本当にオススメな理由

2015/3/13

お金を仕舞うただそれだけのために魂を削る財布イノベーションのエジソン

“その使い心地、極上につき” 薄軽財布を生んだ、マニアック魂

  • お金を仕舞うただそれだけのために魂を削る財布イノベーションのエジソン

    人の意見を聞かない!自分の〝欲しい〟を追求

     一度使ったら、その快適さから〝手放せなくなる〟と好評の『薄い財布』と『小さい財布』。パッと見、財布とはわからない〝異常に快適〟なアイテムは、デザイナー・南 和繁さんの〝手ぶらで出かけること〟への執念から生まれた。
    「大きい財布を持っていると、バッグが必要になります。数年前、僕は手ぶらで外出がしたかったので、ポケットに入れても、服のシルエットに響かず、持っていることすら忘れてしまうほど薄くて小さい財布を探したんです。でも日本はこれだけモノにあふれているのに、存在しない。その事実に驚きました」
     それならば、自分自身で作ろうと決意し、起業する。
    「アパレルの経験がないのに、無謀だと言われましたが、僕にとって薄くて小さい財布は、〝心地よく生きる〟ための必須アイテム。技術的にも難しいという意見もありました。しかし、日本の職人技があれば実現できると確信したのです。あとは〝売れない〟と考える人もいたようですが、自分が欲しければそれでいい、と。商品開発でいろんな人の意見を聞くと、結局、〝普通のモノ〟になってしまう。だからあえて意見を聞かず、自分の欲望のままに作ろう、と(笑)」
     目指したのは、ポケットに入っていることすら忘れてしまう〝快適さ〟。たとえば、春の気持ちのいい宵にサンダル履きで散歩する、真夏に短パン&Tシャツで、身軽にショッピングセンターに行く……バッグを持っていては得られない解放感を追求。
    「それだけではなく、〝カッコよさ〟も重視。服が財布の厚みでこんもりと膨らむ事態は避けたかった。特に『薄い財布』はビジネスシーンを想定し、スーツやシャツのポケットに入れても、シルエットに響かないことを目指しました」

  • お金を仕舞うただそれだけのために魂を削る財布イノベーションのエジソン

     この『薄い財布』は厚さ約7mm。普通の二つ折り財布が約2cmなので、半分ほど。小銭入れもついているのに、この薄さは驚異的だ。
    「開発にあたり、さまざまな財布を分解し構造を調べました。その結果、厚くなるのは革が重なっているから、という結論に。革そのものの厚みだけでなく、縫ったときの糸の重なりなどで、財布はどんどん厚くなっていると感じましたね」
     ちなみに、普通の財布はカードケース、フラップ部分と10~20枚の革が重なっている。しかし『薄い財布』は多くとも5枚しか革を重ねていない。
    「革を細かく切り出さず、一枚革を折って縫製しているのです。この絶妙な加減は、日本の革職人ならでは。作る人はもちろん、検品する人も〝この道50年〟というベテランぞろいです」
     南さんは職人たちと、試作品を30個以上作り、商品化に成功。
    「革が重なる部分を0・3mm単位で削ったり、カード入れ部分を3mm単位で広げたり……僕が極限まで心地よさにこだわって注文を出した。職人のみなさんも〝まだやるんですか?〟と驚いたほど。こうして薄さと機能を追求し、ムダをそぎ落とした結果、パッと見、財布とはわからなくなってしまった(笑)。でも抜群に心地いい。それもまた魅力になっていると思います」

  • お金を仕舞うただそれだけのために魂を削る財布イノベーションのエジソン

    財布が変わると、ライフスタイルが変わる!?

    『薄い財布』も『小さい財布』にも、お札に加えてカードが5枚、小銭が15枚(500円・50円・5円硬貨各1枚、100円・10円・1円硬貨各4枚=999円)入る。
    「まさかこんなところに!? という部分が小銭入れになっています。これも各硬貨の直径を計測し、ポロッと出ないように設計しているんですよ」
     これらの開発にあたり、南さんが定点観測した場所は、なんとコンビニ。
    「現代人が頻繁に財布を使う場所といえばコンビニです。定点観測した結論は、多くの人はコンビニで財布を出してから、お札を出して、財布をくるっと回して小銭を探り、さらにひっくり返してカードを出して……とレジ前でくるくると財布を回転させている。このわずらわしさを回避すべく〝財布使用時の動線〟を徹底的に分析しました」
     劇的なイノベーションには、このようなロジカルな思考と、細かなディテールの追求が、必要欠くべからざる要素、と南さんは断言する。
    「財布に斬新なデザイン、革新的な素材や機能を追求している人は多くいます。でも僕らは、仮説を立てて検証し、コツコツと実現化していくことに価値を見出している。具体的には、生活の中での〝ちょっとした違和感〟に対して〝なぜなのか〟という疑問を持つこと。それがギュッと濃縮還元されているのが『薄い財布』と『小さい財布』の〝快適な使い心地〟なんです」
     財布だけでなく、バッグ、手帳、キーケース、本、食器……ありとあらゆる形に南さんは疑問を持つ。
    「つい先日も、コンセントの位置に疑問を持ちました。なぜいちいち屈まなくてはいけない床下近くにあるのか、と。それで、使い勝手がいいように位置を高くしてみた。そしたらコードが人の動線を邪魔するようになってしまった(笑)。このように、位置や形状に意味があるものもあれば、単なる〝思い込み〟というものも多い。そこをイノベーションして、世の中を快適にしていくのが僕の目標」
     南さんの考える快適とは、シンプルであること。
    「シンプルなモノを身につけていると、生活が変わります。特に財布って生き方が表れるとよく言われていますよね。これらの僕たちの財布に入るカードは5枚。だから常に〝自分にとって何が必要か〟をジャッジする習慣が身につくんですよ。これを重ねるうちに、次第に持ち歩く荷物のみならず、心も身軽になって楽しくなってきます」
     つまり、『薄い財布』『小さい財布』を使うだけで、ライフスタイル全般が快適になっていく。
    「まずは手ぶらで散歩する快適さを実感してください。本当に気持ちいいんですよ!」

  • お金を仕舞うただそれだけのために魂を削る財布イノベーションのエジソン
  • お金を仕舞うただそれだけのために魂を削る財布イノベーションのエジソン
  • お金を仕舞うただそれだけのために魂を削る財布イノベーションのエジソン
カードをたくさん入れてもさらに薄い財布

カードをたくさん入れてもさらに薄い財布

価格 13,409円(税込)

ご購入はこちら

あわせて読みたい