小学館の総合通販サイトpalshop
【年末年始に関するご案内】
2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)まで休業とさせていただきます。
※12月27日12時以降のメールでのお問合せに対するご返信は1月6日以降となります。予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

【年末年始に関するご案内】
2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)まで休業とさせていただきます。
※12月27日12時以降のメールでのお問合せに対するご返信は1月6日以降となります。予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

一生モノ語り 大人の逸品

サライ

サライ最新号

サライ最新号より新商品をご紹介

  • ハグドライブクッション

    運転姿勢を整える新素材クッション

    ″座る”ことの常識を覆すのは、自社開発で生まれた新素材「エクスジェル」。
    骨盤をしっかり支えることで負担のない快適ドライブを叶かなえる。

    新素材で「座る」際の悩みに挑む

     昭和44年の創業以来、靴の縫製を専門としていた加地は、さまざまな新規事業や素材の開発に挑戦する中で、固体と液体の特性を兼ね備えた新素材「エクスジェル」の開発に成功した。
     エクスジェルの特徴は、体の動きに沿って流動し、負荷を分散させることにある。その効果を活かすため、車椅子や介護用クッションの製造を開始。画期的な商品として瞬く間に話題となり、愛用者は今に至るまで多い。
     そんな中、車椅子用クッションの開発をきっかけに同社が気づいたのが、座る場面で悩みを抱える人の多さだった。以降、″座る”ことへの研究開発に特化し、ほかの分野でもエクスジェルを活かすべく着目したのが、自動車の運転であった。研究開発・商品企画課の井戸辺彰史氏は語る。
    「自動車の運転中は姿勢を変えるのが難しいため、体への負担が大きくなります。そこで、新たに開発したのが自動車のシートに適した『ハグドライブクッション』なのです」

    自動車ならではの薄さや形を追求

     自動車用のクッションを作るうえで最も重視したのは、運転や操作のしやすさだった。もととなる車椅子用クッションは厚み4cmであったが、運転時の目線を変えないように2.5cmに変更。職人の手作業で、クッション性を損なわない絶妙な薄さに仕上げた。
     リボンのような形をしたバッククッションは、腰の痛みの原因である骨盤をサポートする理想的な形状だ。
    「骨盤が後傾すると姿勢が崩れ、負担が蓄積して痛みにつながります。骨盤を左右から持ち上げて支えれば、カーブでも体がずれず、負荷を最小限に抑えることができます」(井戸辺氏)
     しかし、自動車のシートはリクライニングするため、その形は人それぞれ。そこで、クッションを2つのパーツに分けることで、車種や体格にかかわらずフィットするように設計されている。

    生地とデザインも使いやすさ抜群

     素材や見た目にもこだわりがある。生地には吸水速乾の高機能素材「クールマックス®ファブリック」を用い、蒸れにくく快適な座り心地を実現している。シートになじむスタイリッシュなデザインも人の目に格好よく映る。
     長時間座り続けることの多い自動車の運転。快適な座り心地を準備して、心も体も軽く出かけたいものだ。

  • 土佐鍛・豆山遊鉈80

    職人が手打ちで鍛えたミニ剣鉈 アウトドアに必携の一本

     キャンプでの小枝切りや山菜狩りなどに役立つ剣鉈。現在、鉈は機械生産が主流だが、高知県産の土佐刃物は職人の手作業で鍛えられ、薄く丈夫で切れ味の鋭い刃を生み出し続けている。
     中でもトヨクニの刃物は、農山林関係のプロも愛用する優れたものばかり。
    「柄を通常より短い12cmにし、日本人の手になじむ長さに仕立てました。刃渡りもコンパクトで、細かい作業がやりやすいサイズ感です」と、4代目の濱口 誠氏は自信をのぞかせる。
     刃は、日本で屈指の高級鋼「安来鋼青紙2号」と「ダマスカス材」を15層も重ねたもの。優れた刃の基準である硬度62を保ち、研ぎやすいのが特徴である。独特な波紋も美しい。
     柄の格子模様はチェッカー加工といって握りやすく滑りにくいため、ライフルによく用いられる加工だ。じつは、高知県はライフルの製造地でもある。チェッカー加工の剣鉈は県内の職人たちが連携して作り出したもので、全国でも他に類を見ない。
     鞘には、水気を飛ばす朴の木を使用。オイルステイン塗装を施し、鍔には真鍮を採用することで使い古したようなヴィンテージ感と風格が漂う。道具としての美しさと機能性を兼ね備えたこのミニ剣鉈は、アウトドアライフをより充実させてくれる必携の一本である。

  • 鉄道時計90周年限定モデル

    伝説の鉄道時計が90年の時を経て現代に蘇る

     列車の安全運行に欠かせない、正確性と視認性に優れた懐中時計を鉄道時計と呼ぶ。明治5年(1872)に日本初の鉄道が新橋・横浜間で開通後、しばらくはウォルサムなどの外国製が主流だったが、昭和4年に初めて国産品が採用された。それが精工舎(現・セイコー)の機械式19型懐中時計「セイコーシャ」。以来、クォーツ化などの進化を遂げながら、現在もセイコーの鉄道時計は各地を走る列車の運転席などで使われ続けている。
     本品はその誕生90周年を記念して、初代鉄道時計のイメージを再現した特別なモデル。限定1014個の希少な品である。文字盤は初代のデザインを踏襲、白地にマットブラックのアラビア数字を採用し、時刻を読みやすくしている。裏面には“國産鐵道時計90周年”の文字と、シリアルナンバーが入る。さらに、卒寿祝福の色とされるパープルの提げ紐が付属する。
    「当社の鉄道時計は、精度はもちろん、高い視認性と堅牢性が魅力。木製の専用ボックスに収納すれば、置き時計としても使えます」と、セイコーウオッチの大宅宏季氏。時を刻む希少な名品を、日々愛でてほしい。

  • 醍醐の不動明王桜・苗木一本

    京都・醍醐寺が祈願した、育てて愛でる鉢植えの桜

     三宝院表書院など7万点以上の国宝を有し、世界文化遺産に登録されている京都の醍醐寺。かつて豊臣秀吉が催した「醍醐の花見」の舞台とされる桜の名所でもある。今回お届けするのは、醍醐寺の僧侶が平穏無事の祈願を施し、「不動明王桜」と名付けられた桜。
     品種は「来幸桜」という、ほかでは手に入らない貴重な新品種。2月下旬~3月中旬に花をつける早咲きで、害虫がつきにくく、剪定すれば樹高を抑えられる。大きい鉢や庭に植えて大きく育てるもよし、付属の鉢でコンパクトに育てるもよし。
    「桜の花を愛でられる期間は短いので、そこに至るまでの“育てる楽しみ”も味わっていただけたらと思います」と語るのは、東京に社を構える販売元の開発本部部長、荻野真悟氏。自身もこの桜を育てた経験者だという。
     育て方は普通の植木と同様でマニュアルも付くが、専用ダイヤルに連絡すればスタッフから直接アドバイスをもらえる。売り上げの一部は醍醐寺に寄付されるため、世界文化遺産を維持する一助となるのもうれしい。自分用はもちろん、長寿や出産祝い、新築祝いなどにも喜ばれる縁起のよい桜である。

  • 箱型純銅本目立ておろし金

    多くのプロも愛用 年季の入った職人が作る究極のおろし金

     商業と文化の街、日本橋に本店を構える刃物の木屋。創業は寛政4年(1792)、江戸から令和へ220年余にわたり暖簾をつなぎ、現当主で9代目を数える。今も経験豊かな職人を多く擁し、包丁や鋏などの打刃物をメインに暮らしに根づいた道具を製造。その品質は高く評価されている。
     今回紹介するのは木屋が誇る人気商品、純銅製のおろし金。江戸時代の百科事典『和漢三才図会』には、すでに銅のおろし金についての記述があり、古くから親しまれていたのがわかる。
     銅は磁器や陶器より丈夫で素材も加工しやすく、おろし金に最適。アルミやプラスチックと比べても、耐久性は格段に優れている。
     作る工程はまず銅板に穴を穿ち、錫でメッキ加工を施す。次からが職人技の見せ所である目立て作業だ。タガネを構え、調子をととのえながら横一線に一気に目を立てていく。さらに上下を返して同じ作業を続ける。間隔や向きをあえてそろえず乱立させるのは、大根の繊維を潰さずに鋭い刃で断ち切るためである。擦った大根はふわりと口当たりよく、実も程よく残る極上の大根おろしとなる。
     プロの料理人や料理研究家も愛用の品、ぜひお試しを!

  • 竹ふみフットヒーター

    足裏のツボを心地よく刺激する、足湯感覚のヒーター

     足裏を気持ちよく刺激しつつ、ほんのりと温もりが伝わってくるフットヒーターである。耐荷重は150kgと堅牢な作りなので、体重をかけても心配ない。立ち上がって踏めば、より効果的なツボ刺激ができる。パソコン作業などで疲れたときに「竹ふみ」をすれば、いい気分転換になる。
     ダイニングテーブルの下やキッチンの床に置き、補助の暖房として使うと心地よい。まるで足湯に浸かっているような、じんわりとした温かさに包まれる。

メイドインニッポン紀行 from サライ

車掌鞄

車掌鞄

個人の方に販売するという発想など、そもそもなかったです。
JR鹿児島中央駅から路面電車に揺られ約30分。終点・谷山電停近くに本誌ロングセラー『車掌鞄』を作る丸山革具店はある。
工房を訪ねると社長の橋口康隆さん自ら車掌鞄の製作中。「これは長崎電気軌道さんに納める鞄です。『大人の逸品』で売っているものより少し大きく、車内精算機にひっかけるためのフックがついています。『大人の逸品』のものは広島電鉄仕様で、伊予鉄道と岡山電気軌道でも、まったく同じものが現役で使われていますよ」と橋口さん。同じように見えるが、大きさや形状、中の仕切りなどは、各電鉄会社の要望で変えている。「あるとき長野の上田電鉄さんに『なぜわざわざ鹿児島のウチに?』と聞いたことがあるんですが『長崎電気軌道さんから聞きました』とのこと。ありがたいことです」プロ同士ですすめる、本物の証だ。
同社は橋口さんの義父が昭和22年に創業。初めは馬具の修理等を手がけていたが、時代の変化で仕事が激減。帆布の鞄製作でしのぐうち、やがて電力会社から電気工事用の革製の工具挿しを受注。その堅牢さが評判となり、電力、通信、金融などの業界から依頼が相次ぎ、以来プロユースの革用品に特化してきた。電鉄会社もそんな業界のひとつだ。
「もともと、個人の方に販売するという発想もありませんでした」という橋口さん。きっかけは広島のデパートでの物産展だった。帆布バッグを売るつもりで出展したが、試しに車掌鞄を置いてみたらすこぶる反応がよく、「だったら」と一般販売を決めた。
2・2mm厚の大きな一枚革を床に広げて裁断し縫製していく。使うのは旧式の足踏みミシンだ。「義父の代から使い続けているものですが、曲線はこれじゃないと上手く縫えないのです」。口金をとりつけ、鋲をハンマーで叩き込んで留めていくと、車掌鞄を特徴づける無骨で頑健な姿が現れる。
ハードな業務に耐えるよう、とにかく丈夫で長持ちするものをつくってきたという橋口さん。今回新しくこげ茶色の車掌鞄の製作を行なった。無骨な業務用鞄がエレガントな雰囲気に。「なかなかいい雰囲気のものになりました」と橋口さんは得意げに微笑む。

  • 縫製は旧式の足踏みミシン。「手足のように思ったとおり動いてくれますから」。

    縫製は旧式の足踏みミシン。「手足のように思ったとおり動いてくれますから」。

  • 製作中の車掌鞄は長崎電気軌道仕様。電鉄ごとに細部の仕様が異なるのだという。

    製作中の車掌鞄は長崎電気軌道仕様。電鉄ごとに細部の仕様が異なるのだという。

  • 電気工事用の工具挿し。頑丈さが評判で電力会社から注文が続く。

    電気工事用の工具挿し。頑丈さが評判で電力会社から注文が続く。

  • 鹿児島市内を走る路面電車でもかつては同店の車掌鞄が使われていた。

    鹿児島市内を走る路面電車でもかつては同店の車掌鞄が使われていた。

その道のプロに支持され続ける、堅牢無比なる業務鞄

新色のこげ茶は、植物のタンニンのみでなめし、天然オイルを染み込ませた希少なヌメオイル革をベルトにまで惜しげなく使った特製品。底を二重にすることでより丈夫に、カードポケットの追加でより機能的に進化した。

新色のこげ茶は、植物のタンニンのみでなめし、天然オイルを染み込ませた希少なヌメオイル革をベルトにまで惜しげなく使った特製品。底を二重にすることでより丈夫に、カードポケットの追加でより機能的に進化した。

  • 肩からたすきがけにすれば気分は車掌。レトロな雰囲気を演出するアイテムとして日常的に使える。

    肩からたすきがけにすれば気分は車掌。レトロな雰囲気を演出するアイテムとして日常的に使える。

  • 上部中央にある金属製のボタンを押して開閉。手回り品が十分に入り、茶にはカードポケットもつく。

    上部中央にある金属製のボタンを押して開閉。手回り品が十分に入り、茶にはカードポケットもつく。

続きを読む

「ここでしか買えません」 その名のとおり、ここでしか買えないサライオリジナル

  • ここでしか買えないサライオリジナル商品

    「ここでしか買えません」 や、「サライ ORIJINAL」のマークが入った商品は、サライ独自で企画・誕生したオリジナル商品。ここでしか買えない上、ほとんどが在庫限り。気に入った商品があれは即お買い求めください。

  • 越前漆塗りのアセテートウォッチ
  • SPQRマスターピース 初代復刻モデル
  • 2通りかぶれる撥水ハット
オリジナル商品一覧を見る

サライより、ワンランク上のギフトカタログをお届け

ワンランク上のギフトカタログをお届け

サライから、あなたへオススメ商品

サライからのお知らせ

  • 大人の逸品 メルマガ購読のお知らせ

    メルマガ購読

    大人の逸品、BE-PAL、サライ、DIMEの発行情報、各種クーポンなどのお得情報、さらにWEB限定企画のご案内など、「大人の逸品」に纏わる最新情報を得られるメールマガジン。もちろんご登録は無料、退会も自由です。メルマガ会員様限定企画などもありますのでぜひご登録ください。

  • 本誌公式サイト

    本誌公式サイト

    歳を重ねてもアクティブに行動したい知的な高齢者シニア世代=サライ世代の方々に向けたライフスタイル提案と旅・食・人物・歴史・文化・趣味・健康・モノ情報など上質な情報を発信しています。

  • 過去掲載商品を見る

  • 定期購読のご案内

    サライ定期購読

    シニア世代の「人生」と「暮らし」を究める

    知識も経験も豊かなシニア世代にとって、人生に必要なのはホンモノと正統のみ。旅、美味、芸術、文化、道具など、あらゆる分野でホンモノと正統を取り上げ、人生(LIFE)を豊かに、暮らし(life)を愉しくする月刊誌です。

  • SNS