小学館の総合通販サイトpalshop
【年末年始に関するご案内】2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)まで休業とさせていただきます。
※12月28日12時以降のメールでのお問合せに対するご返信は1月7日以降となります。

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

【年末年始に関するご案内】2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)まで休業とさせていただきます。※12月28日12時以降のメールでのお問合せに対するご返信は1月7日以降となります。

一生モノ語り 大人の逸品

サライ

サライ最新号

サライ最新号より新商品をご紹介

  • 天然木製リバーシゲーム DX

    北の大地の木工房。ぬくもりあふれる森からの贈り物

     北海道のほぼ中央にある旭川は、多くの河川や鉄道、道路が集中する交通の要衝。各地からの良質な木材が入手しやすく、木工家具を手がける中小の企業が多数存在し、「家具のまち旭川」として全国にその名を響かせている。
     そんな旭川で創業した「ササキ工芸」は木工小物を専門に扱う工房だ。
    「当社のモノ作りの理念は、“片手で持てること”です」と同社取締役部長の三野宮雅敏氏は語る。
     同社のカタログには、ティッシュケースや時計、トレイ、食器、カードケースなどなど、じつに250点以上の天然木製品が並ぶ。驚くべきはこの膨大な商品群を、同社の職人は「誰でも、どれでも、全部作れる」こと。
    「ウチは分業ではなく、最初から最後までひとりに任せます。それは製作だけでなく、原価計算から商品の販売・宣伝までです」と三野宮氏。高い水準の技術を持ちながら、任されるというのは職人冥利につきることだろう。
     そんなモノ作りの姿勢に惹かれ、同社には木工を志す職人志望の若者が全国から集う。この天然木のリバーシゲーム DXも、そんな若き職人の手作業から生まれた製品のひとつだ。

  • 折りたたみ小机

    国産の無垢材を長く愛せる家具に飾り台にも使える美しい小机

     国産の材にこだわり、日本の森と共存しながら長く使える木製品をつくり続けてきた木製家具メーカー「オークヴィレッジ」。1974年に飛騨高山の地で創業以来、「100年かかって育った木は100年使えるものに」「お椀から建物まで」「子供一人、ドングリ一粒」という3つの理念のもと、国産材の調達から加工技術にいたるまで、職人のハンドメイドによる独自性に富んだものづくりを貫いてきた。
     ここに紹介する『折りたたみ小机』は、まさに同社の理念が凝縮された製品。国産天然木の無垢材を活かす伝統工法で組み上げ、木の風合いをそのままに植物性オイルで仕上げたモダンでシンプルな佇まい。
     組み立てには金具を使わず、木だけでつくった特製のストッパーをスライドさせるだけで、簡単に折り畳むことができる。折り畳めば収納時にはもちろん、使いたい部屋まで楽に持ち運べるので設置場所を選ばない。
     自然の木目を素直に味わえる、和にも洋にも合う簡素なデザイン。こだわりの品だけを集めた男の書斎に置きたくなる机である。

  • 多機能らくあきストレッチコーデュロイパンツ

    はきやすさと便利なポケットで人気のパンツにコーデュロイ版が登場

     当店人気の「らくあきパンツ」のコーデュロイタイプをご紹介。深い股上と、ゆったりとしたはき心地はそのままに、暖かなコーデュロイの感触を味わえる。
     ゆったりはきやすいワンタック仕様。パンツ側面に付く深いポケットにはスマートフォンや長財布がすっぽり収まり、そのまま無理なく腰かけられる。ファスナー付きポケットには、パスポートなど大事なものを入れておけば、旅先でも安心だ。
     ゆとりのあるはき心地に加え、すっきりしたシルエットも魅力。冬の休日を彩ってくれる。

  • 長野の木工房のデスクペン

    木のぬくもりにあふれた手作りの卓上小物たち

     長野県茅野市、八ヶ岳を見晴らす標高1200mの高原に小さな木工房がある。ここで独創的な木製小物を作り続けているのが永易真門氏だ。7年前に自宅に小さな工房を設け、ペンダントや食器などの小物を作り始めた。木材についての知識はあったが木工は素人。独学で木工技術を習得した。
    「寸法は取らず測らずが基本です。使う木はみんな野の木ですから、キズがあったり虫に食われていたり。それに寸法をどう合わせるかが大事」と語る。
     もうひとつのペンは、輪切りにしたように横方向に模様が走る。そして軸を回転させると表面に不思議な光沢が現れる。「木というより石みたいでしょ。ふつうやらない方向で木材を使っています。僕は“裏杢”と呼んでいて、これが思いがけない効果を見せるんです」。偶然が生んだ奇跡の光沢をぜひ日常に。

  • 真空二重チタンの「タイタネス・タンブラー・マルティプルM」

    国際会議で世界の首脳を驚かせた日本の金属加工技術の結晶

     洋食器製造で名高い新潟県燕市の真空容器メーカー、セブン・セブンが作った金属製のタンブラーが、2010年に横浜で開催されたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)での昼食会の乾杯で使用され、居並ぶ各国首脳の驚きを呼んだ。冷たいワインが注がれてしばらく置かれているにもかかわらず、ほとんど結露しないばかりか、手にすると拍子抜けするほど軽かったのである。金属素材から想像される重みをまったく感じさせなかったのだ。
     それは同社がステンレス製魔法瓶の製造で培ってきた真空技術をもとに実現した、世界初の真空二重チタンのタンブラーだった。
     硬く強固であるため、加工には高度な技術が必要。効率のよい成形方法、安定した真空技術、表面仕上げの調整など、数々の難題を解決できたのは、江戸時代から脈々と受け継がれる燕の職人たちの技と創意工夫の賜だった。
     そんなセブン・セブン社がAPEC後に同製法で作ったのが、このタイタネス・タンブラー・マルティプルMだ。夏はきりっと冷やしたビールやハイボール、冬は温かいお湯割り焼酎で、その抜群の保冷・保温効果を実感できる

  • 手巻き式腕時計「THE SPQR」

    諏訪の職人技が生んだ国産機械式時計の新星

     昭和10年代に長野県の中央部、諏訪湖の周辺で始まった時計作りは、戦後になって大きく花開いた。培われてきた高精度の機械式時計の技術は、やがて昭和42(1967)年に、世界初のクォーツ式腕時計としても結実した。
     そんな諏訪の地に、オリジナルの機械式腕時計を製造する時計企画室コスタンテが誕生したのは2000年のこと。創業者であり代表の清水新六氏は、諏訪精工舎(現セイコーエプソン)で活躍してきた熟練の時計職人である。「手巻き式でパワーリザーブの付いた機種は、スイスでは高級時計の代名詞です。駆動時間の残量表示の小針が付くという特徴を生かして、飽きのこないデザインを念頭に作りました」と語る清水氏ご自慢の逸品が、ここに紹介する本品。文字盤に残りの駆動時間を示す「パワーリザーブ」機能を搭載した、手巻き式の腕時計だ。
     分厚いガラスを削り出して仕上げた高強度のサファイアガラスの風防は、立ち上がりのあるボックス型と呼ばれる古風なもの。風防に合わせて文字盤も曲面形状で、機械式腕時計全盛期を彷彿させる正統派な佇まいがなんとも魅力的である。

メイドインニッポン紀行 from サライ

秋友義彦鍛造所のレッドオルカ・ダマスカス三徳包丁とペティナイフ

秋友義彦鍛造所のレッドオルカ・ダマスカス三徳包丁とペティナイフ

男子厨房に入るとき相棒にしたい士佐の業物

ダマスカス鋼(15層)に安来鋼青紙2号を割り込み、手間ひまかけ、自由鍛造で作りこんでいる。土佐打刃物独特の品だ。

  • ダマスカス三徳包丁とぺティナイフ

    柄は堅牢性に優れ、水に強く、自然の風合いを生かすことのできるブラックキャンバスマイカルタを使用。

  • ダマスカス三徳包丁とぺティナイフ

    バネ材のような弾力を持ち強靭かつ刃持ちのよいブレード。刃全体に広がる波のような美しいダマスカス模様は、包丁一本一本異なる。

土佐鍛冶の技を未来へ親子2代で挑む伝統と革新の刃物づくり

炉で赤熱させた軟鉄に鋼をハンマーで叩き、割込んでいく。土佐打刃物ならではの鍛造法で切れ味と弾力性を兼備した刃物が生まれる。

 JR高知駅から土讃線で約30分、土佐打刃物発祥の地として知られる土佐山田に鍛冶場を構える「秋友義彦鍛造所」では、父・秋友義彦さんと子の秋友祥造さんの親子二人で、伝統技法に新しい息吹を加えた刃物づくりを行なっている。「うちはもとは鉈鍛冶で、農作業に使う刃物や市場で魚を捌くための刃物を注文に合わせてつくっていました」と語る祥造さん。使い手によって異なる形状が求められる注文刃物をつくり分けるのは、鍛造から仕上げまで一人の職人が一貫して担う「自由鍛造」を特徴とする土佐打刃物ならではの強み。
 しかしそんな土佐打刃物も需要が減り、冬の時代を迎えた。「子供のころには地区で300ほどの鍛冶屋が軒を連ねていましたが、この10年ほどで3軒までに激減しました」と祥造さんは述懐する。事態を憂慮した祥造さんが会社員を辞めて鍛冶屋の道を選んだのが15年前のこと。以来、父に師事して刃物づくりを学びつつ、オリジナルブランド「レッドオルカ」を立ち上げ、カスタムナイフという市場を切り拓いてきた。祥造さんがデザインし、義彦さんが匠の技を凝らして打ち上げた刃を、祥造さんが磨き、握りや鞘を付け完成まで仕上げる。父子の共同作業で作られる美しいカスタムナイフは、ロシアなど海外からも熱い注目を集めている。
 しかし父・義彦さんはすでに74歳。まだまだ元気だが、いつまで現場に立てるかわからない。「土佐の鍛冶屋のほとんどが高齢化し、このままだと技術が失われてしまいます。そうしないために、いま自治体と鍛冶屋連合会が一緒になって“鍛冶屋の学校”をつくろうとしています。まだ教える人がいるうちに、若い世代に技術を伝承して育成することが狙いです。刃だけでなく柄や鞘といった木工部分も職人が足りなくなっているのです。私も後進を育てるために、指導者として貢献していきたい」と、祥造さんは決意を語った。

  • ダマスカス三徳包丁とぺティナイフ

    土佐鍛冶の名工・秋友義彦さん。この道57年のベテランは「まだまだ勉強中や」と笑顔を見せた。

  • ダマスカス三徳包丁とぺティナイフ

    自由鍛造が本領の土佐打刃物。さまざまな形状をつくり分ける技術は鉈などの注文製作で培われた。

  • ダマスカス三徳包丁とぺティナイフ

    自ら仕上げたカスタムナイフを手にする秋友祥造さん。その眼差しは世界と未来を見据えている。

  • ダマスカス三徳包丁とぺティナイフ

    高知きっての名所、桂浜。かの幕末の風雲児・坂本龍馬も土佐打刃物を愛用していたのだろうか。

続きを読む

「ここでしか買えません」 その名のとおり、ここでしか買えないサライオリジナル

  • ここでしか買えないサライオリジナル商品

    「ここでしか買えません」 や、「サライ ORIJINAL」のマークが入った商品は、サライ独自で企画・誕生したオリジナル商品。ここでしか買えない上、ほとんどが在庫限り。気に入った商品があれは即お買い求めください。

  • 脱げにくいストレッチサンダル ラゴンマ
  • 粋なリンクルストール
  • 『サライの贈り物』×リンベルカタログギフト/黒耀
オリジナル商品一覧を見る

サライより、ワンランク上のギフトカタログをお届け

ワンランク上のギフトカタログをお届け

サライから、あなたへオススメ商品

サライからのお知らせ

  • 大人の逸品 メルマガ購読のお知らせ

    メルマガ購読

    大人の逸品、BE-PAL、サライ、DIMEの発行情報、各種クーポンなどのお得情報、さらにWEB限定企画のご案内など、「大人の逸品」に纏わる最新情報を得られるメールマガジン。もちろんご登録は無料、退会も自由です。メルマガ会員様限定企画などもありますのでぜひご登録ください。

  • 本誌公式サイト

    本誌公式サイト

    歳を重ねてもアクティブに行動したい知的な高齢者シニア世代=サライ世代の方々に向けたライフスタイル提案と旅・食・人物・歴史・文化・趣味・健康・モノ情報など上質な情報を発信しています。

  • 過去掲載商品を見る

  • 定期購読のご案内

    サライ定期購読

    シニア世代の「人生」と「暮らし」を究める

    知識も経験も豊かなシニア世代にとって、人生に必要なのはホンモノと正統のみ。旅、美味、芸術、文化、道具など、あらゆる分野でホンモノと正統を取り上げ、人生(LIFE)を豊かに、暮らし(life)を愉しくする月刊誌です。

  • SNS