小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

サライ最新号

サライ最新号ピックアップ商品サライ最新号商品一覧を見る

純銅おろし器
繊維を潰さず、瑞々しい大根おろしが素早くできる
純銅おろし器
 鍋物の季節が到来。好みのタレに薬味とたっぷりの大根おろしを入れ、水炊きの煮えるのを待つのは至福のときだ。とはいえ、大根おろしの準備はそれなりの力作業で、おろし器の穴や溝に詰まった大根の始末もしなくてはならない。
 そんな悩みを解決するのが職人の技。おろし金も器も純銅製のおろし器が登場した。手仕事による目立ては鋭く、円を描くように回すだけでさほど力を入れなくても大根おろしがたまっていく。繊維も潰れにくく、うま味も増す。おろし金と美しい手打ちの器を隙なく合体させた、日用の逸品である。
縞柄綿フラノシャツ
優しい温もりが伝わる大人の休日シャツ
縞柄綿フラノシャツ
 袖に腕を通すと優しい肌ざわり、すぐにほんのりと温もりが伝わってくる。国産の上質な綿フランネル生地を使い、国内の工場で丁寧に縫製されたシャツである。
 生地は起毛されていて保温性に優れる。濃淡の青が配されたストライプ柄がなんとも渋い趣を醸し、冬のおしゃれを引き立ててくれる。ジーンズやチノパンとの相性がよく、外出時には、ジャケットや帽子と合わせる楽しみもある。
 ゆったりと着こなして、休日をのんびりお過ごしいただきたい。
鸛帆布 ミニ縦型ショルダーバッグ
必要なものだけ持って軽快な街歩きをしよう
鸛帆布 ミニ縦型ショルダーバッグ
 鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10号帆布がしっかりと縫い合わされた本体は、丈夫で長持ち、使うほどに馴染む。
 街歩きにいい。この鞄に財布やスマートフォン、文庫本、筆記具など、外出に必要な最低限のものを入れれば、ひとまずは困らない。旅行時にチケットなどを入れて、機内持ち込みバッグなどとして使うのにも、ちょうどいい大きさだ。
本柿渋染頭陀袋
金具も化学染料も不使用。柿渋染めの“和サコッシュ”
本柿渋染頭陀袋
 修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから、何でも入る袋を頭陀袋と呼ぶようになった。近年、「サコッシュ」という薄型のショルダーバッグが人気だが、さしずめ頭陀袋は、日本のサコッシュといえる。
 金属を一切使っていないこの頭陀袋は、『サライ』が余裕で入る大きさで、街歩きバッグとしても収納力は充分だ。丈夫な綿生地に柿渋染めを施すことで、撥水性や耐久性を高めてある。
ウォッシュコットンハンチング
風合いの変化が楽しめる
ウォッシュコットンハンチング
 自然な素材感のコットン生地を使った、落ち着いた色合いのハンチングだ。帽子職人は、この道40年の井上滉さん(東京都豊島区)である。生地の裁断から縫製、仕上げまですべてひとりでこなす井上帽子の2代目だ。
 折りたたみができるのも魅力。つばの部分まで折り曲げても復元するので、リュックのサイドポケットや手持ちのバッグに収納することができる。汚れたら手洗いができ、洗濯を繰り返すうちに風合いが変わってくるのも楽しみだ。
ベストから袖が出る ソデール中綿ベスト
袖を出せばジャンパーになる“2ウェイ防寒ベスト”
ベストから袖が出る ソデール中綿ベスト
 当品を「ベスト」といってよいものかどうか悩ましい。袖なしの姿は紛うことなくベストなのであるが、肩に仕込まれた袖を引き出すと、「ジャンパー」になるからだ。
 ベストは中綿が入った暖かい仕様だ。前ポケットも使いやすく、冬の外出着としての役割は充分に果たしている。そして、外出先で寒さを感じたら、袖を出して防寒対策がとれるのである。
 基本はベスト、いざとなったらジャンパーと、ふたつの機能で冬に備えたい。

サライ最新号商品一覧を見る

サライ編集部がセレクトした、今が旬のイチオシグッズ

掲載号から商品を探す