小学館の総合通販サイトpalshop
サーバー障害によりご迷惑をおかけいたしました。

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

サーバー障害によりご迷惑をおかけいたしました。

一生モノ語り 大人の逸品

サライ

サライ最新号

サライ最新号より新商品をご紹介

  • ダクタイルパン

    軽く、手入れも簡単な鋳物のフライパン

     鉄製のフライパンは熱がしっかり入るので、ステーキを焼くと外はこんがりと焼き目が付き、肉汁を閉じ込めてジューシーに仕上がる。だが、鉄のフライパンは重くなりがち。サライ世代には、少々使いづらいところがあった。
     そこで、鋳物メーカーの岩手製鉄では、培ってきた技術を活かし、片手でも楽に扱える軽い鉄製フライパンを開発した。さらに、錆びを抑え焦げ付きにくくするなど、鋳鉄製品の難点をクリアした。料理が楽しくなるフライパンである。

  • 10号帆布の2WAYバッグ

    素朴で丈夫。街歩きに重宝するほどよい大きさの帆布バッグ

     丈夫な10号帆布で作った、肩掛け&手持ちの2ウェイバッグの新作。ビジネスバッグよりひと回り小さく、街歩きにほどよい大きさで、スマートフォンや文庫本、手帳などがすっきりと収まる。
     シンプルな作りだが、縫い目がアクセントとなり、持ち手やロゴのプレートにあしらわれた天然のヌメ革が質感を高めている。
     付属の紐付き小型ポーチがさりげなく便利。家の鍵や交通ICカードなど大事なものを入れて、持ち手に結んでおけば取り出しやすく、なくす心配もない。
     本体は薄い仕上げで、旅行用キャリーケースに入れておけば、旅先の散策バッグとしても活躍する。男女兼用で日用、旅先と便利に使える2ウェイバッグである。
     帆布のバッグは、使うほどに味わいが深くなり愛着も増してくる。渋い自然な色の帆布バッグを、自分だけの風合いに仕上げていただきたい。

  • 尾戸焼の酒器セット

    酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

     尾戸焼は約350年前、土佐藩の藩窯に創始した。江戸時代には四国・土佐の国焼きとして広く知れ渡ったが、明治に入って藩の力が収束するとともに、その技は民営のいくつかの窯に引き継がれることとなった。今もその伝統を受け継いでいるのが高知市内の能茶山に窯を構える谷製陶所である。
    「家の隣に工房があって、子供のころから焼きものが身近にありました」と話す5代目当主の谷 信一郎氏は、中学時代から陶芸に触れ、今ではこの道35年以上。親子二代で高知県認定「土佐の匠」との称号を得た名工だ。
     白土で作陶する徳利とぐい呑みは、薄鼠色の肌に呉須という青藍色の顔料で絵柄を描く。陶肌に浮き立つ草花の絵柄は、工房のある能茶山の草花を摘み、手本にして描かれる。陶肌に桃色の窯変が現れるのも特徴で、ひとつひとつ表情が変わりおもしろい。
     今回紹介する徳利は底が平らでどっしりとした「舟徳利」で、釣り人が揺れる船の上でもこぼさず酒を飲むために作られたとされる。ちびちび飲むのによい1合サイズだ。
     赤茶の陶肌に白と青が淡く色づく、底が独楽のように尖る「べく杯」は、酒を飲み干すまで卓に置けない。まさに酒を愛する土佐ならではの酒器だ。
     南国・土佐の杯で一献どうぞ。

  • 銀製 夫婦箸

    江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

    叩いて生み出す形と輝き。江戸時代から続く優美な東京銀器は、暮らしに安らぎとゆとりをもたらす。

    創業以来、銀ひと筋の実績と信頼

     江戸時代、全国各地の大名屋敷が軒を連ね、政治・経済・文化の中心地として栄えた江戸。この町では貨幣を鋳造・鑑定する機関「金座・銀座」が設置された背景も手伝い、銀で品物を作る銀師や、櫛・簪や神輿かざりを作る飾り師が登場して独自の職人文化が花開いた。その卓越した技法を受け継ぎ、日本が世界に誇る伝統工芸となったのが「東京銀器」である。
     昭和2(1927)年創業の森銀器製作所は、この「東京銀器」を作り続けてきた会社だ。古くから銀器製造が盛んな東京下谷(台東区)で生まれ育った森 善之助氏が銀座の名工・田島勝之助氏に弟子入りし、鍛金師として独立。同社を創設し、アクセサリーやぐい呑み、仏具、競技メダルなど、幅広い製品を手がける銀の総合メーカーとして発展してきた。「キャッチフレーズは『銀の爪楊枝から、金のお風呂まで』。金のお風呂は比喩ではなく、昭和39年に純金約200kgを使って製作しました」と、5代目社長の森將氏は語る。

    成熟した技術で銀を輝かせる

     多様で美しい銀製品の製造を可能にするのが、同社の充実した設備と職人の技巧だ。1階には2台の溶解炉とともに年季の入った大型のローラー圧延機があり、鉄塊を適切な厚さに加工する。製品の端材や粉末もすべて回収して溶かし、新たな材料にリサイクルする。延べ板になった銀材は上階の工房で型抜き・加工し、熟練の職人が成形と表面加工を施した後、全体を丹念に磨き、銀ならではの温かみある輝きを引き出すのだ。
    「銀は金属の中でも特に柔らかく、抗菌性に優れており、耳かきの素材に最適。繊細な耳内の皮膚に優しい肌触りで極上の掻き心地が楽しめます。箸は手になじみ、適度な重みで扱いやすいです」と森氏は商品に太鼓判を押す。

    銀の持つ温かみを世に伝えたい

     また、森氏はこれらの銀製品がハレの日だけではなく、ふだんの暮らしの中で使われることを願っている。
    「銀は使わずにしまっておくと黒く硫化しますが、黒く変色する暇がなくなるほど、毎日使ってもらいたいです。日常的に本物の銀の輝きを味わうことで暮らしがどれほど豊かになり、心が安らぐか。より多くの方に体感していただきたいと思っています」
     銀製品がある暮らしをどのように提案していくか、多くの人が使いたいと感じる銀製品は何かを追求し、新たな製品の開発に挑み続ける。
    「私は江戸っ子なので、洒落心が大好き。実用性と洒落を兼ね備えた『使って楽しい、見て安らぐ商品づくり』をモットーに、これからも奮闘します」

  • グローブレザーショルダーポーチ

    野球グローブのように、使うほどに馴染む

     さわると、懐かしい野球のグローブのような感触。品名の「グローブレザー」とは、柔軟性と耐久性に優れた牛革を贅沢に使ったことから名付けられた。革にオイルをたっぷり染み込ませ、使えば使うほど、持ち主に馴染んでくるのも野球グローブと同じである。
     薄マチ仕様なので、体にフイットして動きを邪魔しない。小型ながら背面にもポケットを設けるなど、見た目以上の収納力がある。
     財布やパスポートなど、旅の貴重品入れとしても活躍してくれる。

  • 黒柿の念珠ブレスレット

    人の目を惹きつける文様は、唯一無二の自然の芸術

     柿の木は樹齢100年を超えると、稀に内部に美しい黒の紋様が現れる。これを黒柿と呼ぶ。現れる紋様はどれひとつとして同じものはない。長い年月を経て偶然に生まれる自然の賜物だ。
     その存在は古来、珍重されてきた。正倉院御物に黒柿を用いた厨子や文庫などがあることからも、いかに古くから貴ばれてきたかがうかがえる。
     そんな貴重な黒柿を念珠ブレスレットに仕立てるのは、島根県出雲市に店を構える創業60年以上の老舗工房「おかや木芸」。全国から希少な黒柿の原木を仕入れ、木が寝ている冬の間に製材し、5年程度寝かせて乾燥させた後、ようやく加工へと入る。紋様は切るまでわからない。乾燥中に割れることもあり、とにかく時間も手間もかかる作業を続けて仕上げる。
     おかや木芸の岡 順子氏は語る。
    「高齢化もあって山を守る人が少なくなり、黒柿の入手は年々難しくなっています。それでも黒柿の魅力は素晴らしく、工房と木工職人の仕事を伝えたい、という思いから、私どもは黒柿を使い続けています」
     邪気を払う力があるといわれる念珠。幻の銘木に想いを馳せつつ、手もとを飾るお守りアクセサリーとして、身につけてはいかがだろうか。

メイドインニッポン紀行 from サライ

高級折り畳みビニール傘「アメマチ58」

高級折り畳みビニール傘「アメマチ58」

世紀の大発明!ビニール傘誕生の知られざる物語 世紀の大発明!ビニール傘誕生の知られざる物語

東京・浅草の本社工房でビニール傘を披露する須藤宰社長。「透明傘は視界が広くて安心です」

いまや全国どこででも数百円で手に入るビニール傘が、日本で誕生した経緯を知る人は少ない。戦後まもない昭和20年代、洋傘の主流は綿だった。しかし防水性も悪く色落ちの苦情も絶えなかった。そんなとき、進駐軍が持ち込んだ新素材ビニールでカバーを作ったのが、江戸期以来の老舗雨傘商「武田長五郎商店」である。この新商品は飛ぶように売れ、朝早くから店先に行列ができた。
しかし防水性が高く色落ちしない新素材ナイロンの傘が登場し一気に市場を占有すると、ビニール製カバーの出る幕はなくなった。そこで同社が起死回生の策として市場に投入したのが、総ビニール張りのまったく新しい傘だった。
不可能とされた縫製を当時最先端の接着加工で実現。夏冬の温度変化に耐えるビニール素材をメーカーと開発。組み立て工程も試行錯誤を重ね、じつに5年の歳月をかけ完全防水の画期的な傘ができあがった。ところが……。
「こんなもん傘じゃねえ!」旧来の傘職人を必要としない革新的すぎる傘は、既存の傘業界からの大反発を招き、販路も失った。それでも、知っていただければお客様には支持される、だからどんな条件でも店に置いてもらおうと地道な販促活動を重ねた末に、運命のターニングポイントが訪れた。
昭和39年秋、東京オリンピック観戦のため来日した米国大手洋傘流通会社のバイヤーが、ビニールフィルムの張られた見たこともない傘を見て叫んだのだ。「おもしろい!ぜひニューヨークで売ってみたい」日本生まれのビニール傘が、世界へ飛躍する瞬間だった。
その後「ホワイトローズ」と社名変更した同社の創意工夫は続き、ついに世界初の完全透明なビニール傘を開発。視界を遮らず安全性が高くどんな服装にもなじむ透明な傘は、ワイドショーでも取り上げられ瞬く間に全国に知れ渡った。
しかしその一方、模倣するメーカーも現れ、海外での大量生産による安価な類似品が世に出まわるようになってしまった。同社を率いてきた須藤社長は「利点の多いビニール傘が、壊れやすい使い捨ての安物となってしまったことは残念でなりません。だからこそ当社では国内生産にこだわり、世界に誇れる高品質なビニール傘を作り続けています」と語る。
ベテラン議員も皇后美智子さまも愛用する、透明でとことん丈夫なオンリーワンの国産本格ビニール傘。価格に見合う機能美を突き詰めた、まさに究極の雨傘だ。

  • 熟練の傘職人が1本ずつ組み立て、丁寧に仕上げていく。 熟練の傘職人が1本ずつ組み立て、丁寧に仕上げていく。

    熟練の傘職人が1本ずつ組み立て、丁寧に仕上げていく。

  • ルーツは徳川幕府御用も許された由緒ある老舗雨具商だ。 ルーツは徳川幕府御用も許された由緒ある老舗雨具商だ。

    ルーツは徳川幕府御用も許された由緒ある老舗雨具商だ。

強風でもひっくり返りにくい丈夫で美しい透明傘 強風でもひっくり返りにくい丈夫で美しい透明傘

ありそうでない透明ビニールの折り畳み傘。美しさと丈夫さを兼ね備える2段式を採用。3色から選べる。使い捨てではないよい傘を使うことは、時代のエコ意識にも適う。 ありそうでない透明ビニールの折り畳み傘。美しさと丈夫さを兼ね備える2段式を採用。3色から選べる。使い捨てではないよい傘を使うことは、時代のエコ意識にも適う。

ありそうでない透明ビニールの折り畳み傘。美しさと丈夫さを兼ね備える2段式を採用。3色から選べる。使い捨てではないよい傘を使うことは、時代のエコ意識にも適う。

伸ばしたままでも畳んだ状態でも収納できる、完全防水の便利なオリジナル2WAY傘袋が付く。 伸ばしたままでも畳んだ状態でも収納できる、完全防水の便利なオリジナル2WAY傘袋が付く。

  • そもそも折り目がつかない透明ビニール。きれいに折り畳めるのは同社独自の工夫の成果だ。 そもそも折り目がつかない透明ビニール。きれいに折り畳めるのは同社独自の工夫の成果だ。

    そもそも折り目がつかない透明ビニール。きれいに折り畳めるのは同社独自の工夫の成果だ。

  • 独自機構「逆支弁」が風の抜け道となるため、強風時でも煽られずに軽い力で持てる。 独自機構「逆支弁」が風の抜け道となるため、強風時でも煽られずに軽い力で持てる。

    独自機構「逆支弁」が風の抜け道となるため、強風時でも煽られずに軽い力で持てる。

続きを読む

「ここでしか買えません」 その名のとおり、ここでしか買えないサライオリジナル

  • ここでしか買えないサライオリジナル商品

    「ここでしか買えません」 や、「サライ ORIJINAL」のマークが入った商品は、サライ独自で企画・誕生したオリジナル商品。ここでしか買えない上、ほとんどが在庫限り。気に入った商品があれは即お買い求めください。

  • 牛革ショルダーバッグ
  • キルティングヌメ・キーウォレット
  • 備前焼面取ピッチャー&マルチカップ
オリジナル商品一覧を見る

サライより、ワンランク上のギフトカタログをお届け

ワンランク上のギフトカタログをお届け

サライから、あなたへオススメ商品

サライからのお知らせ

  • 大人の逸品 メルマガ購読のお知らせ

    メルマガ購読

    大人の逸品、BE-PAL、サライ、DIMEの発行情報、各種クーポンなどのお得情報、さらにWEB限定企画のご案内など、「大人の逸品」に纏わる最新情報を得られるメールマガジン。もちろんご登録は無料、退会も自由です。メルマガ会員様限定企画などもありますのでぜひご登録ください。

  • 本誌公式サイト

    本誌公式サイト

    歳を重ねてもアクティブに行動したい知的な高齢者シニア世代=サライ世代の方々に向けたライフスタイル提案と旅・食・人物・歴史・文化・趣味・健康・モノ情報など上質な情報を発信しています。

  • 過去掲載商品を見る

  • 定期購読のご案内

    サライ定期購読

    シニア世代の「人生」と「暮らし」を究める

    知識も経験も豊かなシニア世代にとって、人生に必要なのはホンモノと正統のみ。旅、美味、芸術、文化、道具など、あらゆる分野でホンモノと正統を取り上げ、人生(LIFE)を豊かに、暮らし(life)を愉しくする月刊誌です。

  • SNS