小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

極厚鉄板 solo model
極厚鉄板 solo model
極厚鉄板 solo model
極厚鉄板 solo model
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

驚きの板厚6mm!! 極厚鉄板solo modelついにデビュー!!

極厚鉄板 solo model

価格 5,940円(税込)

本誌通販の年間人気ランキングで、毎年上位に君臨する極厚鉄板。その商品のsoloモデルをBE-PALが企画・開発しました! その実力をとくとご覧ください。
 じっくり煙が出るまで温めた鉄板に、厚み2cmもあろうかというステーキを置く。ジューーピチピチピチ! 肉の表面が焼ける音に呼応するかのように、お腹がグ~~。もう、たまりません!
 この鉄板、以前本誌の通販で紹介したことがある極厚鉄板の、ソロモデル! とにかくぶ厚いのが最大の特徴だ。ホームセンターなどで売っているバーベキュー用の鉄板は、厚手のものでも2mm前後だが、この鉄板はなんと板厚が6mmもあるのだ!
「薄い鉄板は肉をのせるとしばらく温度が下がり、その間に肉汁が流れ出してしまいますが、この極厚鉄板は蓄熱性が非常に高いので、一度温まると冷めにくく、肉汁など食材の旨味を閉じ込めた状態で焼き上げることができます」
 とは、極厚鉄板の生みの親、山﨑誠さん。誰もが憧れる、外側パリッと、なかジューシーってやつですね!! 素材には純度の高い圧延鉄板を使用。
「スキレットやダッチオーブンなど厚めの鉄製品は、通常は鋳物で作られます。型に溶かした鉄を流し込んで冷やすので、なかに鬆(す)が入りやすい。でも、極厚鉄板の場合、溶かした鉄を強力なローラーで押し固めて1枚の板にし、それを型抜きするので、非常に密度の高い鉄板に仕上がります」
 そのため、急に冷やしても割れにくく、まさに一生モノ。しかも密度が高い分、内側に水分が浸透しにくい。そのため鋳物のようにデリケートに扱う必要はなく、水とタワシで汚れを落とした後、水分を完全に拭き取って植物油を塗っておくだけでよいのだ。
「極厚だから1.4kgと重さはあるけど、バイクパッキングやモーターサイクルでのバイクツーリングにもおすすめ。それに、小さく見えて意外に食材がのるのもいい。キャンプで3、4人で囲んでも、十分満足できると思うよ」
 と小雀陣二さんも絶賛。
 火器はバーナーでも焚き火でも何でもOK。一度温まれば熱源の火力の影響も受けにくく、誰でも失敗なく焼き上げられる。この美味しさは、一度使ったら病み付きです!!
初回限定450

鉄板は縦21×横15cm、1.4kg。鉄(板厚0.6cm)。スクレーパーは幅3.5×長さ17.5cm、約600g。ステンレス、木。コットン製収納袋が付属。鉄板は日本製(スクレーパーは中国、収納袋はインド)。

※IH調理器には対応しておりますが、穴から食材の油や水分が調理器具に流れ落ちたり、スクレーパーにより調理器具を傷つける可能性がありますので推奨はできません。
※ガスボンベを使用する熱源でご使用の場合、鉄板がガスボンベに被るような使い方は危険です。ガス一体型バーナーでは使用できません。
※収納袋のデザインは変更になる場合があります。
※追加生産を決定した場合はお届けまで1か月ほどかかります。

製品情報

メーカー・ブランド名 M.M.Factory

商品名:極厚鉄板 solo model

色柄 サイズ 在庫 価格

5,940円 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。
△ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。
□ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。

肉がむちゃくちゃ旨く焼ける 極厚鉄板 solo model を徹底解剖!

「大人の逸品」通販の年間人気ランキングで、毎年上位に君臨する極厚鉄板。2008年発売以来のロングセラー商品だが、ついに、soloモデルが誕生した。一見、鉄板にしては小さめなのでは? と首をかしげるが、なぜか途方もなく肉が美味しく焼けるとか!? その秘密を徹底解剖してみた!!

これが極厚鉄板solo modelの全貌だ!

セット内容はこのとおり!
セット内容はこのとおり!

一匹狼=soloがトレードマークになった専用の収納袋、持ち手にもなる金属製のスクレイパーを付属。まとめて収納しておけば、使いたいときにサッと取り出せて便利!
※収納袋のデザインは変更になる場合があります。

極厚鉄板はこんな風に作られた!
生みの親M.M.Factoryに潜入

セット内容はこのとおり!

この極厚鉄板シリーズを生み出したのは、滋賀県に工房を構えるM.M.Factoryの山﨑誠さん。極厚鉄板の生まれた経緯や、その魅力について聞いた。

セット内容はこのとおり!
Q1 極厚鉄板はどのようにして誕生したのですか?
「もともとアウトドアが趣味で、よくBBQなどして楽しんでいたんですが、どの鉄板を使ってもペラペラでうまく焼けなくてね、気に入らなかったんですよ。当時は機械加工メーカーに務めてエンジニアをしていたので、取引していた鉄工所に、自分で書いた図面を持ち込んで、こんな鉄板を作ってほしい、と頼んだのがはじまりです」
Q2 それがどうして自分で作ることに?
「物作りが好きだったので、その後転職して、今度は自分が製造側に回ったのがきっかけです。いまでも日中は普通のサラリーマンとして、会社の営業、設計などをしながら、極厚鉄板を作っていますよ」
Q3 どうやって作る時間を捻出しているのですか?
「会社が終わってからの、夜の限られた時間と、土日を利用しています。四六時中休みなし(笑)。そうしないと生産が追いつきませんからね。でも新しい製品を自分で考え出すのは楽しいですよ」
Q4 そんな思いから作り出された、極厚鉄板の魅力を教えてください。
「いちばんは、蓄熱性の高さです。肉を焼く場合、鉄板の温度は150℃が理想だといわれますが、薄い鉄板は肉をのせるとしばらく温度が下がり、その間に肉汁や旨味が流れ出してしまいます。でも、この極厚鉄板は一度温まると冷めにくく、肉を置いたときに鉄板の温度が下がらない。肉汁など食材の旨味を閉じ込めた状態で焼き上げることができるんです」
これこそが、極厚鉄板の旨さの秘密だったのだ! 
実際の製造工程も見学させてもらった。最先端技術と職人技が融合して作り出される鉄板は、愛着もひとしおだ!

極厚鉄板solo modelの製造工程

極厚鉄板solo modelの製造工程
極厚鉄板solo modelの製造工程

その使い勝手と旨さを試してみました!

アウトドアコーディネーター 小雀陣二さん
アウトドアコーディネーター 小雀陣二さん

アウトドア雑誌『BE-PAL』でもおなじみの、アウトドアコーディネーター・小雀陣二さんに、キャンプでの極厚鉄板solo modelの使い心地を、実際に試してもらった。さすがプロ! 予想を上回る料理の数々に一同驚くばかり。見ているだけでお腹が鳴りそう〜〜〜!!

アツアツ極厚ステーキ アクアパッツァ風魚介の蒸し焼き ナスとベーコンのトロトロチーズがけ
アツアツ極厚ステーキ アクアパッツァ風魚介の蒸し焼き ナスとベーコンのトロトロチーズがけ

使い勝手のよさはここにあり!

使い勝手のよさはここにあり!
使い勝手のよさはここにあり!

絶妙なサイズ感で幅広く使える!

絶妙なサイズ感で幅広く使える!
絶妙なサイズ感で幅広く使える!

オリジナルデザインの収納袋も魅力!

オリジナルデザインの収納袋も魅力!
オリジナルデザインの収納袋も魅力!

※収納袋のデザインは変更になる場合があります。

極厚鉄板solo modelのシーズニングとお手入れ方法

シーズニング お手入れ方法 使う際の注意点!
シーズニング お手入れ方法 使う際の注意点!

極厚鉄板solo modelを使ってみた感想は……
その旨さが評判です!!

シーズニング

類似商品と比較

ほぼ同じサイズで販売されている他社製品と、その実力を比べてみた。厚さ、形状でどこまで変わるのか!? とくとご覧あれ。

類似商品と比較 厚さ 形状 温度変化
類似商品と比較 厚さ 形状 温度変化

極厚鉄板solo model PHOTO GALLERY

極厚鉄板solo model PHOTO GALLERY

極厚鉄板シリーズの愛用者の声
極厚鉄板のココがすごい!

長野修平(ネイチャークラフト作家) カーコさん(料理研究家) 村田敬顕さん(『ぶあいそ』店長) インディ藤田(編集者)
長野修平(ネイチャークラフト作家) カーコさん(料理研究家) 村田敬顕さん(『ぶあいそ』店長) インディ藤田(編集者)

極厚鉄板シリーズをご紹介

  • 極厚鉄板極厚鉄板

    極厚鉄板

    税込み価格 5,600円~

    極厚鉄板シリーズの元祖!  厚さが誇る抜群の保温力で肉汁を外に逃がさない! プロのステーキハウスの味をぜひご家庭で! 厚さ9mm。

    詳しくはコチラをチェック

  • 極厚鉄板ビッグと極厚鉄板グリル極厚鉄板ビッグと極厚鉄板グリル

    極厚鉄板ビッグと極厚鉄板グリル

    税込み価格 6,800円~

    コールマンのグリルやスノーピークの焚き火台で使うのにちょうどよいサイズ。スリット入りのグリルタイプでキャンプでのアウトドア料理が楽しめる! 厚さ9mm。

    詳しくはコチラをチェック

  • 極厚鉄板丸鍋極厚鉄板丸鍋

    極厚鉄板丸鍋

    税込み価格 12,960円~

    鍋物に特化した形に仕上げた丸鍋。おうちのすき焼きのクオリティーを何倍にも引き上げる逸品。厚さ6mm。

    詳しくはコチラをチェック

  • 極厚鉄板鍋極厚鉄板鍋

    極厚鉄板鍋

    税込み価格 14,700円

    大阪が発祥といわれる「ちりとり鍋」型。ホルモン鍋がおすすめ。もちろん、鉄板として肉も焼ける。厚さ6mm。

    詳しくはコチラをチェック

  • 極厚鉄板 玉子焼き器極厚鉄板 玉子焼き器

    極厚鉄板 玉子焼き器

    8,537円~

    プロ並みの玉子焼きを再現! 焦げ付きにくく、熱ムラが少ない理想の焼き上がりをご家庭で!

    詳しくはコチラをチェック