小学館の総合通販サイトpalshop
《重要》 2020/04/13 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の当店への影響に関して

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

《重要》 2020/04/13 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の当店への影響に関して

一生モノ語り 大人の逸品

ナガエ

十二支のお守り本尊 古美金

在庫 色柄/サイズ 価格

勢至菩薩

18,810 お気に入りに追加

阿弥陀如来

18,810 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

高岡銅器の伝統と美が宿る、古色仕上げの仏像

 昭和29年創業、精密金型を用いた鋳造を得意とするメーカー、ナガエ。400年以上の歴史を持つ伝統工芸・高岡銅器の技を受け継ぎ、仏具や銅像などの美術工芸品の製作も手がける同社が「現代のインテリアになじむ仏像を作りたい」という想いを形にしたのが、この重厚感漂う小さな美仏である。
 同社広報の永山泰徳氏は語る。
「もともとは金メッキの仏像を制作していましたが、宗教的印象が強くなるため、お寺にある古い仏像のような、真鍮が古びた色合いを目指しました」
 同社で「古美金」と名付けた古代着色を担うのは、高岡銅器の着色を専門とする工房「色政」4代目の野阪和史氏。薬剤で仏像の表面を洗い、化学変化を起こさせたうえで漆と熱を駆使して自然な経年変化を再現する。そして、仏像の精巧で凛とした表情は、ダイカスト製法によるもの。精密な金型に溶融した金属を圧入し、高精度の製品を成形する製法だ。
 こうして熟練の技術によって細部まで精緻に仕上げられた仏様のお姿や表情は、見る者の心に安らぎをもたらす。眺めていると仏像の奥深い世界に引き込まれていく。
made in Japan
幅5.5~8×奥行3.6~6.5×高さ15~15.5cm。約740g。亜鉛合金。日本製。

※写真の仏壇は付属しません。
重厚で厳かな美しき仏たち自身の守り本尊を持仏に選ぶ 重厚で厳かな美しき仏たち自身の守り本尊を持仏に選ぶ

日本では生まれ年の干支によって、それぞれの「守り本尊」が定められている。この8体からご自身の守り本尊を選び、持仏として生活のなかで慈しんでほしい。

虚空蔵菩薩(丑/寅) 千手観音菩薩(子) 普賢菩薩(辰/巳) 文殊菩薩(卯) 大日如来(未/申) 勢至菩薩(午) 阿弥陀如来(戌/亥) 不動明王(酉) 虚空蔵菩薩(丑/寅) 千手観音菩薩(子) 普賢菩薩(辰/巳) 文殊菩薩(卯) 大日如来(未/申) 勢至菩薩(午) 阿弥陀如来(戌/亥) 不動明王(酉)

高岡銅器400年の伝統を受け継ぐ金属鋳物の技と美 高岡銅器400年の伝統を受け継ぐ金属鋳物の技と美

ナガエのショールームに居並ぶ古代着色の美仏たち。光背や台座は別々に鋳造され組み立てられる。

飛鳥時代、仏教とともに日本に伝来した初期の仏像は金属製の金銅仏が主であったという。われらが遠い先祖たちの心を捉えたその鍍金の神々しき輝きは、数百年という長い時を経るにつれて鈍く渋く変色し、えも言われぬ古色を生じていく。そんな古い金銅仏ならではの風合いを見事に再現したのが、ここで紹介する富山県高岡製の小さな八体仏である。
伝統的工芸品の「高岡銅器」で名高い金属加工の町・高岡で1954年に創業したナガエは、精密金型を用いた鋳造を得意とするメーカー。アルミサッシなどの建材部品製造を主としつつ、高岡の伝統を継ぐ仏具や銅像といった美術工芸品の制作も手がけており、鋳造仏の製造では全国トップのシェアを誇る。工場を訪ねると、炉で熔かされた金属が次々と成形機に流し込まれ、24時間ノンストップで多様な部品が生み出されていた。この製造ノウハウを仏像鋳造に活かすことで、高品質な鋳造仏をリーズナブルに製造できるという。工場の一角には、これまでに製作されたさまざまな仏像の金型が置かれていた。
「もとはこれらの仏像には金メッキを施していましたが、どうしても宗教的な印象になってしまいます。そこでインテリアになじむ美術品として手にとっていただけるよう着色加工のシリーズを始めました」(同社広報・永山氏)。同社で「古美金」と名付けた古代着色を担うのが、高岡伝統の着色技法を受け継ぐ工房「色政」4代目の野阪和史さん。その手法は薬剤で仏像の表面を洗い化学変化を起こさせたうえで、漆と熱を駆使して自然な経年変化を再現していくというもの。「古いお寺から出てきた仏像というのがコンセプトです」と語る若き匠の手の中で、亜鉛合金の白い輝きを放っていた金属仏は、古色を帯びた古仏へと変貌を遂げた。
美観だけでなく、持ったときのズシリとした持ち重りも金属仏の魅力。重厚な雰囲気ただよう小さな仏からは、時を経たものだけが帯びる〝古びの美〞の再現を濃厚に感じることができる。

  • 加賀・前田家の保護により金属製造が盛んになった高岡。古い街並みには今も「金属のまち」の歴史が息づく。 加賀・前田家の保護により金属製造が盛んになった高岡。古い街並みには今も「金属のまち」の歴史が息づく。

    加賀・前田家の保護により金属製造が盛んになった高岡。古い街並みには今も「金属のまち」の歴史が息づく。

  • 薬剤で表面を酸化させてから、漆と真鍮粉と泥を塗り高温の炎で焼き付ける。 薬剤で表面を酸化させてから、漆と真鍮粉と泥を塗り高温の炎で焼き付ける。

    薬剤で表面を酸化させてから、漆と真鍮粉と泥を塗り高温の炎で焼き付ける。

  • さらに漆と真鍮粉を塗って丁寧に拭き取っていくと見事な古色が現れてくる。 さらに漆と真鍮粉を塗って丁寧に拭き取っていくと見事な古色が現れてくる。

    さらに漆と真鍮粉を塗って丁寧に拭き取っていくと見事な古色が現れてくる。

  • 溶けた金属を流し込む。金型による機械成型が主だが、砂型による昔ながらの鋳造も行われている。 溶けた金属を流し込む。金型による機械成型が主だが、砂型による昔ながらの鋳造も行われている。

    溶けた金属を流し込む。金型による機械成型が主だが、砂型による昔ながらの鋳造も行われている。