小学館の総合通販サイトpalshop

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

一生モノ語り 大人の逸品

森銀器製作所

銀製 夫婦箸

在庫 色柄/サイズ 価格

51,840円 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

ぬくもりがあり衛生的 輝かしい銀製品を生活に

銀の輝きを追い求める東京下町職人の技と粋

 東京の上野から浅草にかけて、かつて下谷区と呼ばれた一帯には、江戸のころから銀師・彫金師・錺職人など金属加工を生業とする職人が多く住んでいた。そんな一画で伝統の銀器製造を営むのが、森銀器製作所である。
 昭和2年創業、昨年90周年を迎えた同社だが「老舗を名乗るにはまだ10年ほど足りません」と笑顔で語る5代目社長の森將さん。その歴史は、父である森善之助氏が銀座の名工・田島勝之氏に弟子入りしたことに始まる。腕を磨き、鍛金師として独立した善之助氏は、生まれ育った下谷の地に工房を創設、以来「銀の爪楊枝から金のお風呂まで」じつに多様な製品を世に送り出してきた。
 同社では材料となる地銀の溶解・圧延から手がけている。「併せて“吹き延べ”と言ってますが、都心部でここからやれるのはウチだけです」と森社長。1階には2台の溶解炉とともに年季の入った大型のローラー圧延機があり、ここで銀塊を適切な厚さの板材に加工する。製品の端材や粉末も、すべて回収し溶かして新たな材料にする。「自社内でリサイクルできるから材料を無駄なく使い切ることができ、また製作上も思い切った挑戦ができるんです」
 延べ板になった銀材は上階の工房で型抜き・加工され、熟練の職人により成形と表面加工が行なわれる。全体を丹念に磨き、銀の素晴らしい輝きを引き出す。
 森社長に銀という素材の魅力を聞くと「色ですね」と言う。「古来日本では、銀は夏のものでした。白みがかった涼やかな輝きがそうさせたのでしょう。涼味がありつつ、柔らかく温かみもある。ひんやりしないので耳かきには適した材です。しかも抗菌効果もあるから箸は衛生的。ぜひ生活の中で、もっと銀製品を使ってよさを実感していただきたいですね」
男箸は長さ約21cm、約40g。女箸は長さ約19.5cm、約33g。ともにシルバー925。桐箱入り(2膳セット)。食洗機使用不可。日本製。

※箸置きは付属しません。

ぬくもりがあり衛生的輝かしい銀製品を生活にぬくもりがあり衛生的輝かしい銀製品を生活に

かつては王侯貴族に愛用された銀の箸は、金属臭さを感じにくく、衛生的で口当たりもよい。適度な重みがあって安定感もある。

材料には純銀に銅などの金属をまぜて硬度を高めたシルバー925を使用。銀の含有率(純度)は92.5%。中空構造で意外なほど軽い。

2膳セットで桐箱入りにてお届けする。銀のよさを堪能できる職人手作りの逸品を、ご夫婦で末長く愛用いただきたい。

銀の輝きを追い求める東京下町職人の技と粋

銀板を折って箸の形をつくり、何本もヤスリを替えながら丹念に磨き上げる。

 東京の上野から浅草にかけて、かつて下谷区と呼ばれた一帯には、江戸のころから銀師・彫金師・錺職人など金属加工を生業とする職人が多く住んでいた。そんな一画で伝統の銀器製造を営むのが、森銀器製作所である。
 昭和2年創業、昨年90周年を迎えた同社だが「老舗を名乗るにはまだ10年ほど足りません」と笑顔で語る5代目社長の森將さん。その歴史は、父である森善之助氏が銀座の名工・田島勝之氏に弟子入りしたことに始まる。腕を磨き、鍛金師として独立した善之助氏は、生まれ育った下谷の地に工房を創設、以来「銀の爪楊枝から金のお風呂まで」じつに多様な製品を世に送り出してきた。
 同社では材料となる地銀の溶解・圧延から手がけている。「併せて〝吹き延べ〟と言ってますが、都心部でここからやれるのはウチだけです」と森社長。1階には2台の溶解炉とともに年季の入った大型のローラー圧延機があり、ここで銀塊を適切な厚さの板材に加工する。製品の端材や粉末も、すべて回収し溶かして新たな材料にする。「自社内でリサイクルできるから材料を無駄なく使い切ることができ、また製作上も思い切った挑戦ができるんです」
 延べ板になった銀材は上階の工房で型抜き・加工され、熟練の職人により成形と表面加工が行なわれる。全体を丹念に磨き、銀の素晴らしい輝きを引き出す。
 森社長に銀という素材の魅力を聞くと「色ですね」と言う。「古来日本では、銀は夏のものでした。白みがかった涼やかな輝きがそうさせたのでしょう。涼味がありつつ、柔らかく温かみもある。ひんやりしないので耳かきには適した材です。しかも抗菌効果もあるから箸は衛生的。ぜひ生活の中で、もっと銀製品を使ってよさを実感していただきたいですね」

 東京の上野から浅草にかけて、かつて下谷区と呼ばれた一帯には、江戸のころから銀師・彫金師・錺職人など金属加工を生業とする職人が多く住んでいた。そんな一画で伝統の銀器製造を営むのが、森銀器製作所である。昭和2年創業、昨年90周年を迎えた同社だが「老舗を名乗るにはまだ10年ほど足りません」と笑顔で語る5代目社長の森將さん。その歴史は、父である森善之助氏が銀座の名工・田島勝之氏に弟子入りしたことに始まる。腕を磨き、鍛金師として独立した善之助氏は、生まれ育った下谷の地に工房を創設、以来「銀の爪楊枝から金のお風呂まで」じつに多様な製品を世に送り出してきた。同社では材料となる地銀の溶解・圧延から手がけている。「併せて〝吹き延べ〟と言ってますが、都心部でここからやれるのはウチだけです」と森社長。1階には2台の溶解炉とともに年季の入った大型のローラー圧延機があり、ここで銀塊を適切な厚さの板材に加工する。製品の端材や粉末も、すべて回収し溶かして新たな材料にする。「自社内でリサイクルできるから材料を無駄なく使い切ることができ、また製作上も思い切った挑戦ができるんです」延べ板になった銀材は上階の工房で型抜き・加工され、熟練の職人により成形と表面加工が行なわれる。全体を丹念に磨き、銀の素晴らしい輝きを引き出す。森社長に銀という素材の魅力を聞くと「色ですね」と言う。「古来日本では、銀は夏のものでした。白みがかった涼やかな輝きがそうさせたのでしょう。涼味がありつつ、柔らかく温かみもある。ひんやりしないので耳かきには適した材です。しかも抗菌効果もあるから箸は衛生的。ぜひ生活の中で、もっと銀製品を使ってよさを実感していただきたいですね」

上下のローラーで約40t
の重さをかけながら銀を徐々に薄く延ばしていく。

さらに機械研磨と超音波洗浄を経て、銀ならではの素晴らしい輝きが生まれる。

銀の盃を手に「銀の温かみがどうしたら伝えられるか提案していきたい」と語る森社長。

上野から地下鉄で1駅。最寄りの稲荷町駅周辺には、仏壇や神輿を商う店も多い。