小学館の総合通販サイトpalshop
【年末年始に関するご案内】2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)まで休業とさせていただきます。
※12月28日12時以降のメールでのお問合せに対するご返信は1月7日以降となります。

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

【年末年始に関するご案内】2018年12月29日(土)~2019年1月6日(日)まで休業とさせていただきます。※12月28日12時以降のメールでのお問合せに対するご返信は1月7日以降となります。

一生モノ語り 大人の逸品

大橋メリヤス

マルチカラースヌード

在庫 色柄/サイズ 価格

カラシ系

4,212円 お気に入りに追加

グリーン系

4,212円 お気に入りに追加

ピンク系

4,212円 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

サッとかぶるだけで決まる!絶妙なカラーリングの組み合わせ

 こちらのスヌード、一見3色の組み合わせだが、実は12色の糸を試行錯誤のうえ絶妙なバランスで配合し「かすり編み」で丁寧に編んだもの。アクリルとウールの混紡で、軽さと暖かさを実現。すぽっとかぶるだけでコーディネイトが決まる手軽さもグッド。

【作り手を訪ねて 大橋メリヤス 群馬県桐生市】

 大橋少年の枕元にはゴッホの『アルルの跳ね橋』のプリントが貼ってあった。その鮮やかで力強い色彩。こんな油絵の刷毛目を編み物で再現できないか。それが大橋メリヤス代表、大橋弘の色彩豊かなニットづくりの原点となった。
 群馬県桐生市。絹織物の里として名高いこの町で大橋は生まれた。糸商を営んでいた父は一念発起してドイツからメリヤス編み機を取り寄せ、大橋メリヤスを創業。メーカーの下請け生産を手がけ始めた。転機が訪れたのは大橋が高校の頃。父が脳溢血で倒れた。技術継承もままならぬ状態で大橋メリヤスを受け継ぐことになった大橋青年は、苦心の末に独学で技術を習得。やがて糸選びから編み立て、縫製まで、全工程を担える多能工として、たったひとりで工場に立つようになった。

旧式編み機が生む優しいニット

 大橋の武器は、父から継承した70年もののドイツ製横メリヤス編み機「STOLL」。ゆっくり低速で編み立てていくその機械は、1分間に1cmしか編むことができない“生産性の低さ”から、今では使うメーカーはほぼ皆無となった。しかしこの編み機でなければ編めないものがある。低速で編むため糸への負担が少なく、手編みに近い柔らかくふんわりとした編み地に仕上がる。特殊な形状の編み針を使った独特な機構は、斜行のない均一な編み目を実現する。実際に稼働中の「STOLL」は、機械編み機のけたたましさとは無縁の、ゆりかごのようなゆったりとした優しいリズムを刻んでいた。

変幻自在なかすり編みの色彩美

 この編み機を使った大橋の得意技は、単色の糸を自在に組み合わせて色彩を編み出す「かすり編み」だ。それはかつて印象派の画家たちが、パレット上で絵具を混ぜることをやめ、キャンバスに単色の絵具を直接置き始めたことを思わせる。そうして画家は、鮮やかさを保ったままあらゆる色彩を、見る人の「網膜上」に再現することができるようになったのだが、それと同様の効果を、大橋はニットで実現する。そしてフェルメールから北斎まで、古今の名画の微妙な色彩までをも巧みに再現してみせる。そこには大橋の持つ天性の色彩感覚と、経験に裏付けられた糸選びの技術が発揮される。
 アルチザンとしての技とアーティストとしての感覚、そして失われかけている古き良き編み機。日本で、いや世界でも希なる独自のニットを生み出すため、今日も大橋はたったひとりで工場に立つ。
外周65cm、60g。アクリル88%、毛12%。洗濯は手洗い。日本製。

作り手を訪ねて 大橋メリヤス 群馬県桐生市作り手を訪ねて 大橋メリヤス 群馬県桐生市

大橋少年の枕元にはゴッホの『アルルの跳ね橋』のプリントが貼ってあった。その鮮やかで力強い色彩。こんな油絵の刷毛目を編み物で再現できないか。それが大橋メリヤス代表、大橋弘の色彩豊かなニットづくりの原点となった。群馬県桐生市。絹織物の里として名高いこの町で大橋は生まれた。糸商を営んでいた父は一念発起してドイツからメリヤス編み機を取り寄せ、大橋メリヤスを創業。メーカーの下請け生産を手がけ始めた。転機が訪れたのは大橋が高校の頃。父が脳溢血で倒れた。技術継承もままならぬ状態で大橋メリヤスを受け継ぐことになった大橋青年は、苦心の末に独学で技術を習得。やがて糸選びから編み立て、縫製まで、全工程を担える多能工として、たったひとりで工場に立つようになった。

大橋少年の枕元にはゴッホの『アルルの跳ね橋』のプリントが貼ってあった。その鮮やかで力強い色彩。こんな油絵の刷毛目を編み物で再現できないか。それが大橋メリヤス代表、大橋弘の色彩豊かなニットづくりの原点となった。群馬県桐生市。絹織物の里として名高いこの町で大橋は生まれた。糸商を営んでいた父は一念発起してドイツからメリヤス編み機を取り寄せ、大橋メリヤスを創業。メーカーの下請け生産を手がけ始めた。転機が訪れたのは大橋が高校の頃。父が脳溢血で倒れた。技術継承もままならぬ状態で大橋メリヤスを受け継ぐことになった大橋青年は、苦心の末に独学で技術を習得。やがて糸選びから編み立て、縫製まで、全工程を担える多能工として、たったひとりで工場に立つようになった。

旧式編み機が生む優しいニット

大橋の武器は、父から継承した70年もののドイツ製横メリヤス編み機「STOLL」 。ゆっくり低速で編み立てていくその機械は、1分間に1㎝しか編むことができない〝生産性の低さ〟から、今では使うメーカーはほぼ皆無となった。しかしこの編み機でなければ編めないものがある。低速で編むため糸への負担が少なく、手編みに近い柔らかくふんわりとした編み地に仕上がる。特殊な形状の編み針を使った独特な機構は、斜行のない均一な編み目を実現する。実際に稼働中の「STOLL」は、機械編み機のけたたましさとは無縁の、ゆりかごのようなゆったりとした優しいリズムを刻んでいた。

大橋の武器は、父から継承した70年もののドイツ製横メリヤス編み機「STOLL」 。ゆっくり低速で編み立てていくその機械は、1分間に1㎝しか編むことができない〝生産性の低さ〟から、今では使うメーカーはほぼ皆無となった。しかしこの編み機でなければ編めないものがある。低速で編むため糸への負担が少なく、手編みに近い柔らかくふんわりとした編み地に仕上がる。特殊な形状の編み針を使った独特な機構は、斜行のない均一な編み目を実現する。実際に稼働中の「STOLL」は、機械編み機のけたたましさとは無縁の、ゆりかごのようなゆったりとした優しいリズムを刻んでいた。

すでに製造されなくなった古いドイツ製の編み機で、時間をかけてゆっくりと編み立てていく。

変幻自在なかすり編みの色彩美

この編み機を使った大橋の得意技は、単色の糸を自在に組み合わせて色彩を編み出す「かすり編み」だ。それはかつて印象派の画家たちが、パレット上で絵具を混ぜることをやめ、キャンバスに単色の絵具を直接置き始めたことを思わせる。そうして画家は、鮮やかさを保ったままあらゆる色彩を、見る人の「網膜上」に再現することができるようになったのだが、それと同様の効果を、大橋はニットで実現する。そしてフェルメールから北斎まで、古今の名画の微妙な色彩までをも巧みに再現してみせる。そこには大橋の持つ天性の色彩感覚と、経験に裏付けられた糸選びの技術が発揮される。
アルチザンとしての技とアーティストとしての感覚、そして失われかけている古き良き編み機。日本で、いや世界でも希なる独自のニットを生み出すため、今日も大橋はたったひとりで工場に立つ。

この編み機を使った大橋の得意技は、単色の糸を自在に組み合わせて色彩を編み出す「かすり編み」だ。それはかつて印象派の画家たちが、パレット上で絵具を混ぜることをやめ、キャンバスに単色の絵具を直接置き始めたことを思わせる。そうして画家は、鮮やかさを保ったままあらゆる色彩を、見る人の「網膜上」に再現することができるようになったのだが、それと同様の効果を、大橋はニットで実現する。そしてフェルメールから北斎まで、古今の名画の微妙な色彩までをも巧みに再現してみせる。そこには大橋の持つ天性の色彩感覚と、経験に裏付けられた糸選びの技術が発揮される。アルチザンとしての技とアーティストとしての感覚、そして失われかけている古き良き編み機。日本で、いや世界でも希なる独自のニットを生み出すため、今日も大橋はたったひとりで工場に立つ。

単色糸を組み合わせて色彩を編み出す「かすり編み」。糸の組み合わせ次第でニュアンスが千変する。

編み上げたニット生地は蒸気をあてて編み目を落ち着かせてから、大橋自ら1点ずつ縫製していく。