小学館の総合通販サイトpalshop
GW休業のお知らせ
【お知らせ】携帯キャリアの新料金プランをご検討中の方へ

ようこそ ゲスト

一生モノ語り 大人の逸品

アイテムカテゴリ一覧を見る

大人の逸品 サイトカテゴリ一覧

最新号カタログ

GW休業のお知らせ
【お知らせ】携帯キャリアの新料金プランをご検討中の方へ
「樽型スツール」販売中止と商品回収のお知らせ

一生モノ語り 大人の逸品

小学館/小学館イマージュ

伊藤若冲「竹梅双鶴図」「旭日雄鶏図」双幅一対セット

在庫 色柄/サイズ 価格

264,000 お気に入りに追加
◯ 在庫あり 在庫があります。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。 □ お取り寄せ お取り寄せ商品です。通常2週間以内にお届けいたします。2週間以上かかる場合には別途ご連絡いたします。
× 在庫なし 売切れまたは期間終了のため、販売を中止しています。 △ 在庫わずか 在庫わずかです。2営業日以内に出荷いたします。(土日祝・ご注文日を含めず)お取り寄せの商品とともにご注文された場合は、商品が揃い次第の発送になります。

双幅特製桐箱でご愛蔵いただける伊藤若冲「竹梅双鶴図」「旭日雄鶏図」二作品セット

 伊藤若冲は「花鳥画の偉才」とも讃えられ、国内外を問わず高く評価されている。ここにご紹介の二作品は、数多く残された花鳥画の中でも特におめでたさにあふれる吉祥の図として名高い逸品。
 『竹梅双鶴図』(ちくばいそうかくず)の寄り添う番(つがい)の鶴とまるで呼応するように、絡み合う竹と梅の描写は、長寿と夫婦円満といった瑞祥の意が込められていることを表わしている。
『旭日雄鶏図』(きょくじつゆうけいず)に描かれる威風堂々とした雄鶏。深紅の初日の出に向かって高らかに声を発している姿には、まさに前途洋々たる新たな門出を願う若冲の想いが感じられる。

『竹梅双鶴図』と『旭日雄鶏図』を双幅一対でお飾りいただき、また季節や催事に合わせ掛け替えてご愛用いただくために、同じ限定番号の二つの軸を収蔵できる格調高い特製桐箱をご用意。二作品をセットでご愛蔵いただきたい。


【伊藤若冲・いとうじゃくちゅう(1716年~1800年)】
 江戸中期の享保元年、京都錦小路の青物問屋の長男として生まれた伊藤若冲。狩野派の絵師について宋元画を学び、やがて実物を観察して描写するようになる。自宅の庭に数十羽の鶏を放って写生を行なったともいわれ、このようにして、徹底した観察に基づく緻密な描写と想像力による奇抜な画面構成という独自の画風を築きあげていった。
 23歳の時、父が没し、家督を継ぐ。30歳代に、相国寺の禅僧と親交を深め、「若冲」の居士名を授けられる。若冲とは、老子の「大盈(だいえい)は冲(むな)しきが若(ごと)きも、其の用は窮(きわ)まらず」(満ち足りているものは中が空虚に見えるが、それを用いれば尽きることがない)に由来する。
 その後も絵を描くことへの想い断ちがたく、40歳にして弟に家業を譲り、ようやく念願の画業に専念。旺盛な創作意欲は晩年になっても衰えることなく、85歳という長寿を全うするまで制作を続けた。まさにその生涯を絵に捧げた画家であった。
 その作品は、1990年代後半から再評価が進み、2000年、没後200年を記念する展覧会で大きな注目を集めた。「奇想の画家」とも称され、現在、最も人気を博する画家の一人である。
『竹梅双鶴図』と『旭日雄鶏図』は、画力、気力ともに最も充実した時期に描かれた若冲の代表作として知られる。
 個別の商品詳細は下記からご確認ください。
『竹梅双鶴図』⇒https://www.pal-shop.jp/item/A91653049.html
『旭日雄鶏図』⇒https://www.pal-shop.jp/item/A29810009.html
made in Japan
竹梅双鶴図軸装:
約縦190×横59cm、約350g。表装は風帯付三段表装。上・下はしぐれ紬。中廻しは新緞子。風帯・一文字は正絹飛金。軸先は象牙代用軸。柾目桐箱は箱書入り、タトウ箱付。画寸は約縦106×横47cm。
旭日雄鶏図軸装:
約縦190×横59cm、約350g。表装は風帯付三段表装。上・下はしぐれ紬。中廻しは新緞子。風帯・一文字は準金襴小花柄。軸先は象牙代用軸。柾目桐箱は箱書入り、タトウ箱付。画寸は約縦103×横46cm。
ともに復刻技法はデジタル・プリンティングアート。用紙は新絹本(精密復刻用の特製布地)。日本製。

※掲載しております所属や肩書は発刊当時のものになります。