小学館の総合通販サイトpalshop
【年末年始に関するご案内】
2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)まで休業とさせていただきます。
※12月27日12時以降のメールでのお問合せに対するご返信は1月6日以降となります。予めご了承いただきますようお願い申し上げます。

大人の逸品Blog

極厚鉄板SOLO MODEL 本当に肉が旨く焼けるのか検証しました!

カテゴリ | 極厚鉄板soloレシピ

普通のフライパンでは実現されないジューシーさ!

肉がパリッ! ジュワッ!と焼けると評判の極厚鉄板 solo model。

その評判が果たして本当なのか、普通のフライパンと焼き比べ!
いざ、実食! を行ない、その評判を検証します!

まず、使う肉はコチラ!
とても高級というわけでもない、オーストラリア産肩ロース肉891円(455g)。
高級ではない肉も、旨く美味しく焼けるということで、この肉をチョイスしました!
  • 極厚鉄板SOLO MODEL 本当に肉が旨く焼けるのか検証しました!

    そして、使うフライパンはコチラ!
    極厚鉄板solo modelと、
    ユニフレームのフルクッカーセット「fan5 DX」内のフライパンです!

    極厚鉄板 solo model は板厚6mmで鉄製、
    「fan5 DX」内のフライパンは板厚2mmのアルミニウム製…。
    果たして旨さに違いは出るのか!?

  • 極厚鉄板SOLO MODEL 本当に肉が旨く焼けるのか検証しました!
  • 極厚鉄板SOLO MODEL 本当に肉が旨く焼けるのか検証しました!

    まずは公平を期するため、
    味は塩コショウのみ。
    一枚の肉を横に切って、同じ肉の部位が使われるようにしました!

  • 画像
  • 画像

    あとは、熱したフライパンに同じタイミングで肉を置くだけ。
    これで旨さを判定したいと思います!

  • 画像

    焼け具合の様子を見てみると、
    やはり軍配は極厚鉄板 solo model。
    極厚鉄板は肉を置いた瞬間、「ジュー!」という美味しそうな焼ける音。そのあとも、鉄板が冷えることなく、最後まで肉をジューシーに焼き上げられました!

    対して、通常のフライパンは、肉を置いた瞬間は「ジュー!」とよい音を立てるのですが、その後、「あれ? 大丈夫?」と心配になるぐらい音が静かに。ゆっくりと肉を焼いている感じでした。

    おそらくここが、板厚と素材の違いなのでしょう!

  • 画像

    そして、いざ実食!
    食べ比べ!

  • 画像

    結果は・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

     

     

    やはり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

     

     

     

    極厚鉄板 solo model でした!!!!!!!!!!!!!!!!!
    極厚鉄板 solo model で焼いた肉は、
    噂通り、パリッとジューシーに焼き上げられ、
    「あれ? これ高級肉?」と思うほど。

  • 画像

    一方、一般的なフライパンは、
    下の写真どおり、低温で焼かれるため、表面だけ焼けて、
    中にはうまく火が通らず、硬い触感に・・・・。
    残念・・・・。

  • 画像

    と、いうことで、
    通常のフライパンでも旨く焼けると思いますが、

    極厚鉄板なら、
    「安い肉でも ”簡単に!” ”旨く!” 焼ける」
    ということが分かりました!

    皆さんも
    噂を確かめてください~!

  • 画像
  • 画像
  • 画像
極厚鉄板solo model

極厚鉄板solo model

価格 5,940円(税込)

ご購入はこちら
大人の逸品Blog

あわせて読みたい