小学館の総合通販サイトpalshop
【お知らせ】携帯キャリアの新料金プランをご検討中の方へ

大人の逸品Blog

福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器

カテゴリ | 逸品バイヤーのイチオシ!BUYER'S RECOMMEND

2020/12/23

福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器
竿田

細川忠興をルーツに持つ美しき国指定伝統的工芸品

福岡県田川郡福智町にある「庚申窯」(こうしんがま)を訪ねました。
  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    庚申窯は国の伝統的工芸品の指定を受ける上野焼の窯元。1971年に築窯され、初代・髙鶴智山さん、2代目・髙鶴享一さん、3代目・髙鶴裕太さんと、3代にわたって上野焼を焼き続けています。

  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    ↑右が享一さん、左が裕太さん。

    国の伝統的工芸品の指定を受ける上野焼の特徴は、他の陶器に比べて極めて軽く、薄づくりであること。しかしその中に、しっかりと芯が通った力強さを感じます。

  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    ↑庚申窯の店内では色とりどりの作品がずらりと並ぶ。

  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    ↑上野焼は緑青流しという、青緑色が出る銅釉薬を使用するのが特徴。

    早速、上野焼が出来上がるまでを見学させていただきました。

  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    ↑薪窯の裏山にある土を掘り起こします。力がいる作業です。

  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    ↑掘り起こした土は、乾燥させたのち、粉砕機で細かく砕きます。

  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    ↑水を加え、濾し作業を繰り返し返していき、滑らかな土のみを取り出していきます。

  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    ↑布を敷いた枠に滑らかな土を流し込み、数日かけて余分な水分を取り出していきます。

  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器
  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    ↑土を専用の機械に入れ、元となる粘土の完成です。

  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    ↑最初の粘土は固いため、腰を入れてこねます。そしてろくろにセット。

  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    ↑繊細な手つきで成形していきます。

  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    ↑数日間乾燥させたのち、素焼きに入ります。

  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    ↑庚申窯の敷地内には、たくさんの釉薬の桶が置かれている。その中からイメージした釉薬をかけていきます。

  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    ↑庚申窯の工房に貼られた、釉薬の色見本帳タイル。釉薬の組み合わせで様々な色の変化を生み出します。

  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    ↑最後に本焼き。落ち着きがあり、なおかつ鮮やかな作品が完成しました。

  • 福岡県伝統的工芸品・上野焼「庚申窯」の色鮮やかな陶器


    「いちばん大事なのは道具としてのフォルム。それがカップなら、飲みやすい口の作り方に最も気を使う」という2代目・享一さん。「お店や個人など、使う人が欲しがっているものを聞き、それを実現することが楽しい」と語るのは3代目・裕太さん。
     歴史ある焼き物は美術品、鑑賞物であると考えがち。しかし庚申窯は、美しさだけでなく、あくまで道具として人に使われることに喜びを感じる作品づくりを目指しています。

    「自分が楽しんで作って、お客様に使ってもらいたいという気持ちで作ったものは、不思議とすぐにお客様が手に取ってくれるんです」という享一さん。

    400年の伝統に、彼らの個性とこだわりが結実した焼き物で、ぜひ優雅な毎日を過ごしてください。


上野焼・掛け分けカップアンドソーサー・ペアセット

上野焼・掛け分けカップアンドソーサー・ペアセット

価格 12,100円(税込)

ご購入はこちら
上野焼・豆皿4色セット

上野焼・豆皿4色セット

価格 6,600円(税込)

ご購入はこちら

あわせて読みたい